メインメニュー
動物福祉 ネットワーク

犬保護しました・・・どうしたらいいですか??



迷子犬です。

*(MIX、中型犬)

*熊本市国府白山通り

*2015.12.28 夕方6時頃

*狂犬病済票あり

*現在、北署に保護されています。


■飼い主様、お心当たりの方は北署まで連絡をお願いします。

対応 → 通常は 愛護センター

     業務 終了時間だったので

     警察へ拾得物届

     保護した場所に(保護しましたチラシ)

     広報(SNS ご近所 最寄動物病院・ペットサロンなどなど)

今回は 保護した方々 担当警察官 のおかげで

地域にも犬にも負担がかからず事が流れましたが

明日までにお迎えがなければ・・犬は愛護センターへ移動。



もし首輪に狂犬病済票ではなく 飼い主さんの住所か?電話番号があれば

もっと早く 飼い主さんと再会できた事例です。

このように・・・

犬猫を保護した時の流れを

犬猫問題NOTES にまとめてあれば・・

私に連絡せずとも解決できると思います。

 

Posted at 2015年12月28日 19時18分10秒  /  コメント( 0 )

緊急飼い主さん施設へ・・猫をどうする??

飼い主さん緊急入院・・愛犬はどうなる??

この太郎ちゃんの時

ご縁を頂いた 地域包括支援センター


今日の事例  は地域包括支援センターからでした。


■動物福祉相談内容


 飼い主さんが緊急施設入所 猫が連れていけない

 ご家族は 一切 面倒はみない!

 現在 保健所は 簡単には引き取りはしない

 飼い主  代理人として

 地域包括支援センターの方からの

「里親探しはどのようにしたらいいでしょうか?」


■動物福祉ケアプラン

電話にて対応30分 

★チラシ作成の方法(手放す理由のエピソード付)

★今の猫の状態 情報(ケージで飼養)

★チラシ広報方法(飼い主さんの人脈 動物関係 新聞 SNS・・・)

★いきなり里親ではなく 一時預かりをして 猫も新たな家族にも準備期間が必要


本来だったら 直接飼い主さんとお話ししたいのですが

複雑な理由があるそうなので・・代理人からの相談でした。

「終生飼養」が出来なくなったら・・

次の家族へバトンタッチまで 少し頑張ってもらいます。

離れ離れになる 猫だって・・寂しいはずですから・・・

とにかく・・里親探し=福祉ケアプラン

これでダメだったら再度ご連絡を頂くことになりました。



「犬猫問題解決NOTES」があれば・・・

チラシの書き方 広報の仕方は 掲載されているので

代理人さんにとっても にとっても

飼養できなくなり悩む飼い主さん にとっても


この時間は短縮されるでしょう。。 

そうして

飼い主さんも猫ちゃんも「笑顔」へ導かれると思います。
 
⇒  犬猫問題解決NOTES〜クラウドファンディング〜

Posted at 2015年12月25日 19時28分17秒  /  コメント( 0 )

続9  飼い主さんとの絆から 新しい家族と太郎ちゃんの絆

飼い主さんが静かに天国へ旅立たれました。

続8  飼い主さんが緊急入院!!新しい家族と太郎ちゃん

案じていた「太郎ちゃんの事」

今 新しい家族の元で元気との様子が届きました。

きっと

太郎ちゃんのパパも天国から

見守ってくれていると思います。

ご親戚 ご家族 ご近所 太郎ちゃんを知っている皆さんは

「吠える」「大型犬」「7歳」ということで

譲渡は無理と思われていましたが・・・

ご親戚 ご家族に

里親探しするまでの時間を待ってもらえるように

お願いして譲渡出来ました。
  
なんと 今は

新しい環境にも慣れノビノビと暮らしているとの事。



わんにゃんと出会い 名前を決め 共に暮らすと決めた時

最期の日まで一緒を誓っても 太郎ちゃんのパパのように

病気になられたり 飼養できなくなる事もあるかもしれない。

家族と別れる事の寂しさや孤独を乗り越え

新しい家族との絆が出来るまでも簡単ではない。

だからこそ 「可愛そうだから・・」だけではなく

譲渡を決めるご家族の並々ならぬ覚悟が必要になります。

家族を失ったわんにゃんにも

わんにゃんの譲渡家族にも

沢山幸せになってもらいたい。と考えます。

そんなご家族とのご縁を繫げられる 

「わんにゃん福祉ネットワーク」でありたいと思います。

Posted at 2015年12月13日 14時00分46秒  /  コメント( 0 )

緊急譲渡 高知県の保健所から運命の出会い 楚靴靴げ搬欧般樵亜舛隆

高知県の保健所  11月に保護された♂「わんこ」

SNS掲示板で 処分の決定の日(12月1日)が公開された。

愛犬ななちゃんの命日の日と重なり 考え考え 緊急1日で

♂「わんこ」を家族に迎え入れる事を決められたそうです。

12月2日夜 伊丹〜熊本に到着するとの事でしたので

12月3日朝 カウンセリングへ伺いました。

昨夜はクレートにお利口さんに入って ご飯とお水もこぼさず飲めてました。

簡易首輪(ロープ)を付けて お散歩してみました。

元気あり 好奇心あり ジャンプ力あり 運動神経あり

引っ張る力は強いですので これからの「散歩の時」と「自由遊びの時」

とのメリハリをつける練習が必要

我慢していた 排尿 排便も出来ました。一安心。

名前は、蜜 くんです。

はちみつのように優しく甘〜く、みんなを癒してくれる存在になりますように^ ^



同居2にゃんずともいい感じ



わんこの「命」が関わったり

飼い主さんの「病気」関わったり

緊急な譲渡や一時預かりの時は 

「わんにゃん福祉ネットワーク」 ご協力の力は素晴らしいです。

ファットちゃん宅からの赤い首輪とリードとゲージと食器が寄贈ありがとうございました。


軽トラックでクレート搬入 ボランティアしてくれた

犬猫介護ケアホーム「きずなの丘」の カズさん ありがとうございました。


高知県から熊本県

今度こそは 家族と離れ離れにならず 最期まで暮らせるように 

大切な名前 で沢山幸せになって欲しいです。 

新たな環境での生活 新しい人々との出会い 

「蜜」みつ 君 ハッピーわんライフをサポートしたいです。 

Posted at 2015年12月03日 15時51分34秒  /  コメント( 0 )

続8  飼い主さんが緊急入院!!新しい家族と太郎ちゃん

新しい家族の玉名牧場へ引っ越し 
続7  飼い主さんが緊急入院!!引っ越し完了 太郎ちゃん


本日は わんにゃん福祉ネットワークのメンバーと太郎ちゃんに面会に行きました。

最初は 震えていましたが

匂いや声を確認して 私達3名を思い出してくれました。(嬉しい)

私たちも沢山 撫で撫でする事ができました。

なんと お散歩も出来ました。


緊急入院のパパを待つ太郎ちゃんにとって2か月は

パパを待ち家を守る時間でした。

今 太郎ちゃんパパが大変なのも太郎ちゃんは わかっていると思います。

しかし 今は 犬仲間 猫 鶏 牛 優しい家族に囲まれる寂しくはない生活です。

まだまだ 新しい太郎ハウスには 用心深いので入らないけれど

雨が降る時 寒い時 心細い時 きっと入ると思います。







太郎ちゃんと玉名牧場 動画



 お見送りする太郎ちゃん


万が一 愛犬愛猫と暮らせなくなったら・・

どうか 愛犬愛猫が安心して暮らせる環境を

太郎ちゃんパパとご親戚は 終生飼養の責任を胸に

諦めないで 太郎ちゃんの居場所を探してくださいました。

太郎ちゃんパパとご親戚のように

探す方法や仲間がいない時は 「わんにゃん福祉ネットワーク」へ

ご相談出来る事を知って貰いたいと思います。

日本中の

熊本中の

動物達が笑顔で過ごせる社会になりますように・・・(願)

Posted at 2015年11月23日 17時20分41秒  /  コメント( 0 )

続7  飼い主さんが緊急入院!!引っ越し完了 太郎ちゃん

前回はこちら→ 
続6 飼い主さんが緊急入院!!お留守番から引っ越しへ太郎ちゃん


11月6日 10時〜12時 担当ボランティア3名

太郎ちゃん引っ越し片付け



太郎ちゃんパパの入院する病院へ

太郎ちゃん と 太郎ちゃんパパは2か月ぶりの再会

ご病気で言葉は話せませんが まなざしと撫でる手で

気持ちは通じていたと思います。

緊張で涎が出た太郎ちゃんを優しく拭かれるパパの姿

太郎ちゃんとの時間の後

太郎ちゃんの乗る車に 手を振り見送ってもらいました。





玉名牧場


緊張する太郎ちゃん

青空 動物 自然に囲まれて

 太郎ちゃんの新しい家族へバトンタッチ



9月3日 太郎ちゃんパパの緊急入院から

ご家族 わんにゃん福祉ネットワークの仲間にて

太郎ちゃんの新しい家族へ繫げる事が出来ました。



太郎ちゃんにとっても 

太郎ちゃんパパにとっても 

新しいご家族にとっても

皆が「笑顔」になる最善の道になったと思います。



太郎ちゃんパパの飼い主さんとしての「愛情と責任」は

立派だと思いました。

新しいご家族の迎え入れには、家族会議を重ねて頂き

「愛情と責任」を決断して頂きました。



日本中の飼い主さんと離れ離れになるわんにゃんが

太郎ちゃんのようになる 熊本にしたいと強く 思いました。

Posted at 2015年11月06日 17時51分02秒  /  コメント( 0 )

続6 飼い主さんが緊急入院!!お留守番から引っ越しへ太郎ちゃん

前回はこちら→続5 飼い主さんが緊急入院!!ブラッシング出来たよお留守番太郎ちゃん

9月3日 太郎ちゃんパパ 緊急入院

4日〜10月15日 お留守番わんケア(CompanionAnimalPARTY)


10月16日〜 わんにゃん福祉ネットワークのメンバ(ボランティア) わんケアスタート

パパの退院も難しくなり 新しい家族探しへ変更 チラシ作成 告知活動スタート

(インターネットSNS チラシ配布 熊日タウンパケット 口コミ)

沢山の皆々様の支援を頂き

(募金 ペットフード おやつ ペットシーツ 新聞紙 消毒剤 暖かなコトバ) 




近い未来の引っ越しの為に ケージを怖がらない練習開始

 差し入れ人参スープ



初めてのケージは怖がる 全身は入れない=太郎ちゃん


役場に行き 太郎ちゃんの畜犬登録と狂犬病済票確認

6日の引っ越し転出準備完了。。

お世話になった皆々様に

「わんにゃん福祉ネットワーク」から嬉しいご報告をしました。

       ↓         ↓

   

10月30日 太郎ちゃん 新しい家族決定!!!



シェア希望

嬉しご報告

お留守番太郎ちゃん
新しい家族が見つかりました。

今日はMARSくんパパからの
人参スープ差し入れ
パクパクです。

新しい家族の矢野さん
ボランティア参加の皆々様
心配からの
シェア
物資募金して下さった皆々様
6日
太郎ちゃんパパ病院に寄って
新しい家族のお家にお引越し

太郎ちゃんパパの涙の種
皆々様のご協力によって
新しい生活に繋がり
花が咲かせん事となりました。

皆々様本当にありがとうございました。



太郎ちゃんと暮らせない 入院中のパパの涙によって

きちんと ご家族 ご親戚の理解を得て

沢山の支援を得て 

大好きなお家で 新しい家族が決まるまで待つ事が出来ました。


日本中の犬猫が 終生飼養されていれば

保健所に連れてこられたり 処分されたりは無くなる。

しかし

「万が一飼い主さんに飼養できない理由が起きた時は?」

今回の 太郎ちゃんと太郎ちゃんパパとご親戚さんの選択を

「簡単にあきらめないで」

見本にして貰えたらいいな〜と思いました。

Posted at 2015年11月02日 13時50分13秒  /  コメント( 0 )

続5 飼い主さんが緊急入院!!ブラッシング出来たよお留守番太郎ちゃん

前回はこちら  → 
続4 飼い主さんが緊急入院!!パパのタオルとお留守番太郎ちゃん



太郎ちゃんパパの退院は 「難しい」状況になりました。

お留守番の太郎ちゃんは 大好きなパパとの居場所で

5週間  パパを健気に待っています。

この5週間の間に パパ以外の人間との接触が積み重ねられます。


窓を開けて換気する事

食事と飲水とおやつをもらう事 

排泄の片付けの姿を見る事

手からおやつ食べる事

頭や体を撫でさせる事

 


ずーっと吠えていた=アイコンタクトできなかった=怖がりだった太郎ちゃん

今では・・・自分から甘えすり寄ったり 伏せて外を眺めたり

アイコンタクトしてしっぽを振ったり

パパ以外の人とのコミュニケーションが取れるようになりました。

そうです。。太郎ちゃんのメンタルケアの準備は出来ました。

これから 「パパ」から「新しい家族へ」バトンタッチできるように

「新しい家族」「一時預かりさん」を緊急に探さねばなりません。。


「パパさんの太郎ちゃんへの想いと涙」をきちんとお伝えし

パパさんに代わって太郎ちゃんと暮らしてくださる方と出会えますように

太郎ちゃんパパさんの

家族の皆様 親戚の皆様 ご近所の皆様

動物福祉ネットワークボランティアの皆々様

報発信の力が必要です。


太郎ちゃんパパとご家族

安心できるように

太郎ちゃんが幸せに暮らせるように・・・

今こそ 力を合わせて乗り越えれるように私も頑張りたいです。

Posted at 2015年10月09日 17時24分15秒  /  コメント( 0 )

飼い主不在!!犬猫の生活と動物福祉ケアマネージャーとは??

飼い主さんの緊急入院

飼い主さんの施設入所

飼い主さんの海外転勤

飼い主さんの緊急災害

飼い主さんの死亡

飼い主さんは当然  愛情を持って終生飼養する予定。。

しかし・・

思いがけないアクシデントが起きた時

家族である

犬や猫は・・・どうなるのか??


飼い主さんが  わんにゃんを愛したくとも護りたくともできない時

飼い主さんが案じているわんにゃんの生活はどうするのか??

飼い主さんの代理人の方と細かな福祉ケアプランを打ち合わせをするのが

動物福祉ケアマネージャー
です。

環境変化や飼い主さん不在がすでにストレスになっているわんにゃんの気持ち。。

出来る限り そこを配慮し考えてプランを提案します。


たとえ生涯暮らせない時が来たとしても

飼い主さんの愛情と責任を全うしてもらうためにも

動物福祉ケアマネによる「動物福祉ケアプラン」

が必要と思います。



わんにゃんと最期まで一緒 心得3箇条


〇瑤ぜ腓気鵑慮でへの想いや願いを決定(どんな生涯を送らせたいか)

∋瑤ぜ腓気鵑梁緲人の選定(動物福祉ケアプランの時の窓口)

8でにとっての生活選定 (よりベストな一時預かり家族 譲渡先家族探し)




万が一のアクシデントの時のために すべての飼い主さんである

愛犬猫家は  「わんにゃんと最期まで一緒 心得3箇条」を

準備しておけば・・犬猫の笑顔 優しい時間が手に入ると思います。


増子KOUの場合

/邑知り 場所見知りするKOUなので 元気な老後でも治療中であっても

出来る限り大好きな場所大好きな人の元で暮らさせたい。
       
第一代理人 (長女) 第二代理人(長男)

KOUの一時預かりさん KOUの安全確保と生活を代行してくださる方 (準備中)

増子に万が一の事があったら 飼い主代理人と

「預かっていいよ!!」と言ってくださる方とでKOUの生活を護りたいです。

そんな方をしっかり見つけておきたいです。

Posted at 2015年10月06日 12時19分16秒  /  コメント( 0 )

続4 飼い主さんが緊急入院!!パパのタオルとお留守番太郎ちゃん

前回はこちら→  続3   飼い主さんが緊急入院!!怖がりお留守番太郎ちゃん

9月24日 ご家族との打ち合わせ

9月30日に パパさんが転院されるという事になりました。

そこで これからの太郎ちゃんの福祉ケアプランも

一時預かりと譲渡も考えなきゃいけなくなりました。

パパさんは体調がよくない中

「太郎は?どうしている?」と心配されているとの事でしたので

本日 ご挨拶に伺いました。


「初めまして 太郎ちゃんのお世話をしている 増子元美です。

太郎ちゃんは最初は怖がりましたが 元気にお利口にしていますよ

排泄もちゃんと我慢して待っています。動画を見てください。。」


パパさんは 動画を見られて 涙を流しながら

手を合わせて・・・「ありがとう」 と言われました。

(パパさんは今 言葉が話せないのですがはっきり声聞こえました)

「太郎ちゃんに パパさんの匂いを届けたいのでタオル持っていきますね」


タオルを持って 太郎ちゃんのわんケア

パパさんのタオルとパパと握手した私の手を嗅いで

太郎ちゃんは・・「なんで!!どうした?」みたいに

落ち着かない様子でした。

 ↓ その様子はこちら

2015.9.29パパのタオルとお留守番太郎ちゃん

9月27日パクパク

 ↓  いつもの様子はこちら

おやつパクパクお留守番太郎ちゃん




そこで 

「パパさんは 太郎ちゃんの事心配していたから 太郎ちゃんは元気ですよ」  

と伝えてきたと太郎ちゃんに報告しました。



一緒にいたくても居れない パパさんと太郎ちゃん

太郎ちゃんのお世話が今は出来ない ご家族と太郎ちゃん

太郎ちゃん パパさん ご家族  

なんとか 皆が笑顔で暮らせるように 動物看護師 

増子元美は 動物福祉ケアプランをサポートしていきたいです。

Posted at 2015年09月29日 18時27分37秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2  3  4  5  6  7  8  9  | 次へ