メインメニュー
動物福祉 ネットワーク

熊本地震 家倒壊から4か月 野宿生活から新しい家へ日記

野宿3にゃんず⇒熊本地震 家倒壊の3猫ちゃん 里親探し 日記

飼い主さんが毎日2回 食事を与えお掃除へ

しかし いつまでも野宿ではいけない。。ご近所の皆々様も心配されてました。

13歳 10歳 10歳 この3にゃんずは と飼い主さんのきずなは深く

飼い主さんがどこへ行くのか・・・確かめるために・・

後を追いかけ 避難所を見届けていつもの場所へ戻って暮らしていました。(感動)(涙)

なんとか・・・

飼い主さんご夫婦と 親子の3にゃんずが 共に暮らせるといいな〜と

願っていましたが。。。家も決まらず

譲渡先も決まらず 時が流れ

暑さや台風や豪雨を考えたら 施設入所(10月末)の段取りが出来たころ

なんと お隣さんが不動産屋さんを見つけてくださり

無事新しいお家がきまりました。

外で入り自由の3にゃんずだったので 

トイレの砂での排泄や

爪とぎの対策

外へ出たいという問題行動が心配でしたが

日々 マンション暮らしにも慣れてきています。

一安心です。

今回は 被災からの避難所生活4か月から ペット可(3頭)への住まいが

見つかる事が出来ました。

ご近所の皆々様の共助が大きな助けになった事例でした。

高齢の3にゃんずも飼い主さんも 頑張った4か月でした。





里親探しから熊本地震救護本部へ準備


これからも 脱走や問題行動が起きないように サポートを続けれたらいいな〜と思います。

Posted at 2016年08月21日 15時04分02秒  /  コメント( 0 )

熊本地震から学ぶ事とは??

わんにゃん緊急災害ネットワーク熊本

熊本県在住のボランティアメンバーと支援メンバー

被災地の声を聞きながら情報発信


熊本県動物愛護推進協議会

熊本市動物愛護推進協議会

熊本県獣医師会

熊本県内市町村

動物と暮らす飼い主さんが被災し生活が一転してしまう。。


食べる物がない

水がでない

トイレやお風呂が使えない

暮らす家がない

仕事がない

家族と離ればなれ

避難所生活から仮設住宅へ

修理しながら車中やテント泊

被災地では

熊本在住のボランティアメンバーも知らない出来事が沢山あります。

だからこそ

ボランティアメンバーも自分たちの生活(仕事や家庭)を立て直し整え

困っているわんにゃん家族がおられたら 共に助けれる存在として

これからも コツコツ続けたいのです。

今回の地震で学んだこと


災害に向けての「自助」や「心構え」の必要性

「共助」の仲間の存在  本当に感謝です。



救援物資(益城保健福祉センター避難所)

救援物資すべて撤収




Posted at 2016年08月19日 14時09分52秒  /  コメント( 0 )

熊本地震から4か月 ご報告




わんにゃん緊急災害ネットワーク熊本


https://www.facebook.com/groups/1258296587521643/




第2回会議をH28 8/10 19時より行いましたこと、ここに報告させて頂きます。

会議内容と致しましては、

|録未ら4ヶ月間を迎えるにあたってのこれからの活動内容の確認

(仮設にはいられたり、避難所閉鎖、解体などからのわんにゃんのケアー)
(犬猫のメンタル問題行動ケア 犬猫介護ケア 相談室) 


∋抉膓發粒萢冓法 (被災地犬猫に関わる問題解決へ専門家の謝礼等々)

支援物資のメンバー保持在庫確認  等々

以上について、会議を行いました

今後も私達メンバーは、

引き続き被災者の方々の貴重なお声を聞きながら

熊本現地メンバーとして 共に助ける

熊本県外からの応援メンバーの支え応援


被災地の動物とご家族の生活再建 動物福祉へ、

共に助けられるネットワークとして支援者の皆々様と繋がらせて頂けたらと思っております。

わんにゃん緊急災害ネットワーク熊本 一同


代表 増子元美

Posted at 2016年08月15日 12時55分06秒  /  コメント( 0 )

熊本地震発生からのわんにゃん緊急災害ネットワーク熊本の活動

4月17日救援物資要請

4月19日救援SOSサイト

4月26日支援者申し込み&発送受付サイト

わんにゃん緊急災害ネットワーク熊本 活動記録

熊本県在住のメンバーと支援者の皆々様と共に

被災地の犬猫(動物)とご家族への支援活動をしてまいりました。

遅くなりましたが 

ご報告いたします。

平成28年熊本地震に際しまして、全国の皆様から心温まるご支援金、ご支援物資を頂戴致しましたこと厚く御礼申し上げます。

本震のあった4/16以降、しばらくは水を始め物資を入手することは厳しい状況にありましたが、皆様のお陰で避難所などに必要とされる物資をお届けすることが出来ましたことに、心より感謝いたしております。

本来であれば、個々に直接御礼を申し上げるべきところではございますが、この場をお借りして御礼の挨拶とさせていただきます。

収支報告 7/27現在
会計監査 有吉ひとみ

20名の企業 団体 個人様より
支援金 :911659円
支出額 :353326円
残高 :558333円

支出内訳
交通費:202554円
メンバーのガソリン代
駐車場代等
通信費:30000円
災害ネットワーク携帯代
ハガキ 切手
物資購入:40334円
クールマット 蚊取り線香 フ ー
ド 冷却剤等
管理センターへの物資購入:
80438円
ケージ 扇風機 手袋 ポリバケ
ツ ハエトリ等

支援物資 140名の企業 団体 個人様より
フード、おやつ、ミルク、ペットシート、ペットオムツ、猫砂、ブルーシート、バリケン、ケージ、サークル、キャリーバック、リード 首輪、冷却 保冷剤、消臭剤、安定型二酸化塩素、フラワーレメディ、遮光ネット、シャンプー、ブラシ、うんち袋、フードストッカー、タオル、蚊取り線香、テント タープ、事務用品、うちわ、チャリティーTシャツ、腕章 ネームカード ホルダー等


たくさんの方々のご厚情により被災地動物にお届けすることが出来ましたこと、深く御礼申し上げます。

熊本県内 被災地では当たり前だっ大切な生活を失い、沢山の悲しみや不安を持たれています。

これから起きる様々な問題

犬猫との暮らしの悩み
健康や不安症状の悩み
居場所のない猫と地域の悩み

被災地の声に寄り添い
熊本の被災地の犬猫とご家族の生活再建支援と動物福祉に向け ご賛同の皆々様と共に助け励まされ一歩一歩前に進みたいと思ってます。

残高支援金に関しましては、再度メンバーと会議を開き使途を決めていく所存でございます。
今後も随時、ご報告させていただきます。
https://www.facebook.com/groups/1258296587521643/
わんにゃん緊急災害ネットワーク熊本
リーダー 増子元美


避難所から仮設住宅へお引越しが始まりました。
家族と離れ離れの生活の犬猫もまだまだたくさんです。
被災地での困ったや不安にも寄り添えるように
担当行政と協働出来たらいいな〜と思います。


熊本県仮設住宅犬猫入居状況   
H28.7.21現在  熊本県健康危機管理課

熊本市─ 2か所 76頭
宇土市  2か所 11頭
宇城市
美里町
大津町◆ 1か所 2頭
菊陽町  1か所 8頭
阿蘇市ぁ 
南阿蘇村А2か所 22頭
西原村ぁ 
産山村◆
御船町
嘉島町  6か所 16頭
益城町  3か所 29頭
甲佐町ァ 1か所 35頭
山都町   
氷川町

合計       199頭(犬131   猫65  その他3)

            

Posted at 2016年07月27日 17時55分28秒  /  コメント( 0 )

被災柴犬らんちゃん 食欲不振 膵臓癌発覚

最初はこちらSOS=====柴犬らんちゃん 食欲不振 元気ない!

わんにゃん緊急災害ネットワーク熊本で支援してきました。

食べない 立つのがきつい 下痢 心配していましたが

昨日7月23日飼い主さんから電話が入りました。


震災から体調崩したランちゃん

https://www.facebook.com/groups/1258296587521643/permalink/1337566479594653/
膵臓癌とリンパ腫がわかってから
食欲がなくなってましたが
意識はしっかりとしていて

今朝は、お水を飲んで顔あげて
12時49分
ご家族に見守られ旅立ったと
ご連絡がきました。


尻尾ふりふりだったランちゃん

家族に見守られ天国へ

今日は避難先(菊陽町)からランちゃんを連れてきて頂きました。

益城町のランちゃんのお家で

お花と電解質飲料をお供えし

ランちゃんの遺骨に手を合わせる事ができました。



震災で全壊したため 飼い主さんは車中泊

ランちゃんは 自宅の農機具の倉庫での生活

最期まで お利口にちゃんとお留守番してくれました。

天国でも可愛いから人気者だと思います。

尻尾ふりふり永遠の命にて楽しく過ごして欲しいです。

ご家族の生活再建と健康を見守ってくれると思います。

ランちゃん ご冥福をお祈りします。。

ランちゃん また会える日までさようなら ありがとう。。

Posted at 2016年07月24日 15時52分41秒  /  コメント( 0 )

多頭飼育わんず苦情 支援日記  仔犬全員譲渡へ

前回はこちら→
多頭飼育わんず苦情 支援 熊本 5/25




多頭飼育わんず苦情 支援日記◆^貉預かりさんへ 5/30 
2か月目で 

ようやく 仔犬7頭全部 10カ月犬1頭 譲渡が決まりました。

遠隔への譲渡となるので 健康診断とワクチンをしてもらいました。

三か月だった仔犬も5カ月に 犬歯も生え変わりの時期でした。



5月25日から

飼い主さんと娘さん(ポスター制作)

SNSで発信してくださった皆々様

里親さん希望者の情報をくださった皆々様

仔犬の暑さ対策一時預かりさん

そうして 里親さんになってくださった皆々様

本当にありがとうございました。


飼い主さんの元には

タープが壊れ 車の下しか日陰が無い 

暑い外で暮らす7頭が暮らしています。

どうか・・引き続き 里親探し発信をお願いします。

3歳の犬


1歳の犬




犬猫問題解決 NOTES2016

SPECIAL THANKS


★つねさん 様 ★ひかるこ 様 ★天草レストハウス結乃里様 ★岩崎光美様

★ 株式会社 ジェネシス21様 ★村上和美・わんわんランドアグリ様

★小林元郎・成城こばやし動物病院 ★下堂薗賢二(伝えるデザインスタジオ)様

Posted at 2016年07月23日 14時43分53秒  /  コメント( 0 )

被災地(益城町)母親猫行方不明残された子猫

7月16日(12日頃にも鳴き声が聞こえていた?)

お隣の軒下に1匹

反対隣りの敷地に1匹

雨でびしょ濡れの子猫を保護された方からご連絡が入り

電話相談に乗りました。

知人のトリマーさんや猫に詳しい方の支援を借りながら

保護された方が里親探しと一時預かりをされるとの事でした。

救援物資と情報発信のサポート

哺乳瓶 ミルク 温湿度計 体重表(排便尿チエック)

犬猫問題解決NOTES(ポスターの書き方と発信の方法)




震災後 5月半ばに妊娠した母猫が産んだこの子猫達

母親不在での放置は命に関わるなかで 救出された命

保護された方は 震災で怪我されていて治療中

半壊のお家で暮らされていますが

子猫に対して 

保健所ではなく 一時預かり(哺乳育猫付)里親探しをします。

と決断してくださいました。

なんとか

このにゃんずには 幸せな家庭にバトンタッチしてもらいたい。。

子猫の一時預かり出来る方

子猫の里親希望の方

どしどし ご連絡をお待ちしています。

Posted at 2016年07月17日 16時26分00秒  /  コメント( 0 )

被災地 益城町 島田地区 レオ君日記

相談内容 

.譽君 ご家族を噛んだ(5月⇒フラワーレメディー)

⊇襪蟻从(冷え冷えマット 遮光ネット) 

頸と耳の所にかさぶた出来た(動物病院受診後 皮膚被毛ケアアドバイス) 



★ 改造されたレオ君の部屋

■この写真での表情は和らいでいますが・・最初は目が鋭く神経がピリピリしていました。

おやつを手から食べてくれてからは安心顔になりました。


★いつもの犬小屋雨漏り対策

★お家は全壊

★車庫が飼い主さんの居場所

★救援物資冷え冷えマット活躍中

★お庭全部が縄張りでしたが今は危ないので繋留

★ウオーターレスシャンプーで被毛皮膚清潔に


仮設住宅が出来たら 飼い主さんはお引越しされ

レオちゃんは 改造の居場所と大好きなお庭と犬小屋で生活予定だそうです。

新しい住まいが出来たら仮設から引っ越ししてレオ君と暮らしたいとの事でした。

これからは、しばらく 仮設住宅とレオ君のお世話の行き来になるそうです。


この地区は120世帯 ほぼ全壊のお家が多いそうです。

倒壊してご愛犬が行方不明になっていたそうですが 

レスキューの方に探してもらい 震災から1か月ぶりに亡骸のご愛犬と再会され

涙が止まらない弔いをされたと聞きました。

大切な命

大切なお家  失う悲しみや苦しみの中でも

島田地区の皆々様は前を向いて行こうと

今年も「七夕祭り」を開催されるそうです。

これからも大変(暑さ 雨 台風 虫)がいっぱい 

島田地区の皆々様が笑顔になれるように・・

わんにゃんとご家族の支え応援し

被災地の自立へのお手伝いが出来るといいな〜と思いました。
 

Posted at 2016年07月01日 19時38分23秒  /  コメント( 0 )

熊本地震  共に助け合い  わんにゃんの笑顔へ

#熊本地震 

沢山の支援を頂いています。

救援物資支援 

里親探しなど情報発信支援

現地支援



★今日のご報告★

前回は 現地支援  5月4日日帰りコース

わんにゃん緊急災害ネットワーク熊本活動報告 5月4日

2回目は6月29日 日帰りコース

小牧獣医 (愛知県)

獣医師の和田先生 和田沙英子さん(VT トリマー トレーナー)

来て頂き共に行動しました。

10時〜 

熊本県管理センターにて保護犬のお散歩 犬舎掃除

*雷と土砂降りの為にお散歩は6頭しかできませんでしたが
その後犬舎は綺麗にするお手伝いができました。

*熊本県動物管理センター 所長とのお話しして頂きました。



12時〜 

被災犬 ビビアンちゃん むね君 健康チエック
     
むね君のお散歩 お願いしました。



13時〜 

被災犬 らんちゃん 健康チエックお願いしました。

13時半〜

益城町総合運動公園内 ワンニャンハウス見学

     
*環境省からの同伴避難時の現状聞き取りアンケートが行われていました。
     
どんな報告書が出来るか楽しみです。。  

14時〜 

熊本空港へご出発 (忙しい中 来熊感謝です)



★ご当地ランチパックは増子へ 

猫の首輪10個 救急箱の備品 支援物資を頂きました。

愛知県小牧市でも災害時の同伴避難にむけての行政との話し合いも

されているそうです。

日頃からの「犬猫同伴避難時の官民体勢」「緊急災害時と動物ボランティア団体連携」

どのようにするか??

動物に関わる職業である動物看護師は

緊急時  72時間=公助が届くまでは 

まずは 飼い主さんが 自助 と 共助 で頑張れるように情報発信し支え

他県からのボランティア団体の皆さんに救い支えてもらいながら自立へ



余震や雷雨や豪雨も

大好きな家族と離れ 大好きな家と離れ いつもと違う日々だった

この2か月 沢山の恐怖や不安があったと思うのです。

そんな犬猫さんが・・・ご家族の

当たり前の毎日 日常へ近づいて欲しいと心から願います。

被災者と犬猫さんが 安心できる環境に落ち着くまでは(仮設住宅 引っ越し)

まだまだ 時間がかかります。

飼い主さんの相談相手として 支援が必要だと思います。

これからも4月13日まで

わんにゃん緊急災害ネットワーク熊本では

そんな被災地のわんにゃんとご家族へ 共に助け合う精神で

活動をします。

■遠隔からの応援メッセージを被災地へお届けします。

■飼い主さん(わんにゃん)のSOSに寄り添います。

Posted at 2016年06月29日 18時06分19秒  /  コメント( 0 )

熊本県動物管理センター 震災後収容子猫がいっぱい 

本日は

わんにゃん緊急災害ネットワーク熊本

ボランティアメンバー

福岡 DogSalon犬とお散歩 店長中川さん(トリマー)

佐賀 ペットスタジオ101 店長小部さん(トリマー)

沖縄 動物看護師 大澤さん

熊本 動物看護師 増子



グランメッセ避難所

熊本市愛護センター 

熊本県管理センター(緊急子猫ウオーターレスシャンプーお手伝い)

益城町保健福祉センター(わんにゃん保健室 要望の救援物資配達)

熊本市愛護センターにも沢山の子猫が収容されていました。

http://doubutsuaigo.hinokuni-net.jp/

このにゃんずが皆幸せになりますように・・・

熊本県管理センターは県内10か所の保健所から犬猫が保護されています。

今日はその管理センターで


獣医師である平山先生の健康チエックの前に排泄の汚れの子猫さんたちとケージを 



4人で手分けして2時間で 綺麗にするお手伝いが出来ました。

さすが 現役トリマーさん&動物看護師さんの技のお蔭です。

#熊本地震 #被災犬猫 

これからは 保護から譲渡へ移行していくと思います。

熊本県管理センターのわんにゃんの新しい家族が

これから見つかり 幸せになりますように・・・・

http://www.kumamoto-doubutuaigo.jp/


熊本地震 被災わんにゃんの支援活動

ありがとうございました。。







犬猫問題解決 NOTES2016

SPECIAL THANKS


★つねさん 様 ★ひかるこ 様 ★天草レストハウス結乃里様 ★岩崎光美様

★ 株式会社 ジェネシス21様 ★村上和美・わんわんランドアグリ様

★小林元郎・成城こばやし動物病院 ★下堂薗賢二(伝えるデザインスタジオ)様

Posted at 2016年06月25日 14時47分51秒  /  コメント( 0 )

前へ |  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  | 次へ