メインメニュー
動物福祉 ネットワーク

飼い主不在!!犬猫の生活と動物福祉ケアマネージャーとは??

飼い主さんの緊急入院

飼い主さんの施設入所

飼い主さんの海外転勤

飼い主さんの緊急災害

飼い主さんの死亡

飼い主さんは当然  愛情を持って終生飼養する予定。。

しかし・・

思いがけないアクシデントが起きた時

家族である

犬や猫は・・・どうなるのか??


飼い主さんが  わんにゃんを愛したくとも護りたくともできない時

飼い主さんが案じているわんにゃんの生活はどうするのか??

飼い主さんの代理人の方と細かな福祉ケアプランを打ち合わせをするのが

動物福祉ケアマネージャー
です。

環境変化や飼い主さん不在がすでにストレスになっているわんにゃんの気持ち。。

出来る限り そこを配慮し考えてプランを提案します。


たとえ生涯暮らせない時が来たとしても

飼い主さんの愛情と責任を全うしてもらうためにも

動物福祉ケアマネによる「動物福祉ケアプラン」

が必要と思います。



わんにゃんと最期まで一緒 心得3箇条


〇瑤ぜ腓気鵑慮でへの想いや願いを決定(どんな生涯を送らせたいか)

∋瑤ぜ腓気鵑梁緲人の選定(動物福祉ケアプランの時の窓口)

8でにとっての生活選定 (よりベストな一時預かり家族 譲渡先家族探し)




万が一のアクシデントの時のために すべての飼い主さんである

愛犬猫家は  「わんにゃんと最期まで一緒 心得3箇条」を

準備しておけば・・犬猫の笑顔 優しい時間が手に入ると思います。


増子KOUの場合

/邑知り 場所見知りするKOUなので 元気な老後でも治療中であっても

出来る限り大好きな場所大好きな人の元で暮らさせたい。
       
第一代理人 (長女) 第二代理人(長男)

KOUの一時預かりさん KOUの安全確保と生活を代行してくださる方 (準備中)

増子に万が一の事があったら 飼い主代理人と

「預かっていいよ!!」と言ってくださる方とでKOUの生活を護りたいです。

そんな方をしっかり見つけておきたいです。

Posted at 2015年10月06日 12時19分16秒  /  コメント( 0 )

続4 飼い主さんが緊急入院!!パパのタオルとお留守番太郎ちゃん

前回はこちら→  続3   飼い主さんが緊急入院!!怖がりお留守番太郎ちゃん

9月24日 ご家族との打ち合わせ

9月30日に パパさんが転院されるという事になりました。

そこで これからの太郎ちゃんの福祉ケアプランも

一時預かりと譲渡も考えなきゃいけなくなりました。

パパさんは体調がよくない中

「太郎は?どうしている?」と心配されているとの事でしたので

本日 ご挨拶に伺いました。


「初めまして 太郎ちゃんのお世話をしている 増子元美です。

太郎ちゃんは最初は怖がりましたが 元気にお利口にしていますよ

排泄もちゃんと我慢して待っています。動画を見てください。。」


パパさんは 動画を見られて 涙を流しながら

手を合わせて・・・「ありがとう」 と言われました。

(パパさんは今 言葉が話せないのですがはっきり声聞こえました)

「太郎ちゃんに パパさんの匂いを届けたいのでタオル持っていきますね」


タオルを持って 太郎ちゃんのわんケア

パパさんのタオルとパパと握手した私の手を嗅いで

太郎ちゃんは・・「なんで!!どうした?」みたいに

落ち着かない様子でした。

 ↓ その様子はこちら

2015.9.29パパのタオルとお留守番太郎ちゃん

9月27日パクパク

 ↓  いつもの様子はこちら

おやつパクパクお留守番太郎ちゃん




そこで 

「パパさんは 太郎ちゃんの事心配していたから 太郎ちゃんは元気ですよ」  

と伝えてきたと太郎ちゃんに報告しました。



一緒にいたくても居れない パパさんと太郎ちゃん

太郎ちゃんのお世話が今は出来ない ご家族と太郎ちゃん

太郎ちゃん パパさん ご家族  

なんとか 皆が笑顔で暮らせるように 動物看護師 

増子元美は 動物福祉ケアプランをサポートしていきたいです。

Posted at 2015年09月29日 18時27分37秒  /  コメント( 0 )

続3   飼い主さんが緊急入院!!怖がりお留守番太郎ちゃん

前回はこちらから→ 
続2 飼い主さんが緊急入院!!怖がりお留守番太郎ちゃん


今日の太郎ちゃんは



2日間出なかった排便が 私が見てる前で 堂々と出来ました。

相変わらず よく吠えますが

おやつ食べたい時などは しっぽを振り振り

名前を呼んでも

アイコンタクトしても ただ吠えるだけでしたが

今は違います。

「太郎ちゃん」と呼ぶと目を合わせる事出来るし吠えない。

「アイコンタクト」しても吠えたり唸ったりしない。。

大好きなパパが居ない現実

知らない人が ご飯くれたり寝床を綺麗にする現実 

ちゃんと受けとめ頑張る太郎ちゃんです。

しかし 太郎ちゃんのパパのように

緊急で入院や共に暮らせないケースが 熊本県内ではたくさんあると思う。

きちんと 

里親さん 一時預かりさん 老犬施設を探してもらえたらいいのですが

安易に保健所へ持ち込みしたり

無責任に遺棄して行政で処分されたり

これも悲しい現実です。

「太郎ちゃん」の福祉ケアプランを立てていて思うのですが

愛犬愛猫を最期まで暮らすためには

知恵と行動と仲間が必要と思います。

熊本中の犬猫

人間の都合で簡単に保健所へ持ち込みや遺棄され殺処分にならないように

動物福祉ケアを導く相談室が必要と思います。


熊本県の現状について

熊本県動物愛護推進協議会では・・

熊本県10か所の保健所犬猫データー

Posted at 2015年09月22日 15時11分13秒  /  コメント( 0 )

続1 飼い主さんが緊急入院!!怖がりお留守番太郎ちゃん

飼い主さんが緊急入院!!そこで家族は・・・


一日一回  わんケア

緊張 戦闘態勢 から 最近は 伏せして外を眺める時もあり。

太郎ちゃんがすごいのは 私が来るまで排泄は我慢しています。

(パパの帰りを待っているのだと思います)
(パパじゃないから・・我慢を介助してるかな?)けなげです。

尿は2〜3回 便は1〜2回

食欲もあるので 助かります。手からもパクパク食べてくれるようになりました。

少しずつ私に慣れてくれたので今日は模様替えとお掃除



なんとその時 太郎ちゃんは背中を向けおしりを触らせてくれました。

パパが退院するまで 怖がりで不安で寂しい太郎ちゃん

動物看護師が出来る事とは??

パパのお洋服や帽子や手袋を見えるように

椅子に座っているように模様替えしました。

太郎ちゃん もうしばらく頑張ろうね。。


動画はこちら→お留守番太郎ちゃん2015.9.13

Posted at 2015年09月13日 17時55分22秒  /  コメント( 0 )

飼い主さんが緊急入院!!そこで家族は・・・



飼い主さんとわんこと暮らしていた8年間

飼い主さんが緊急入院されました。

飼い主さんは治療へ

「わんこは?だれが?」

県外で暮らされているご家族が悩まれて

主治医の動物病院の先生から増子へ繋いでもらいました。

早速 次回 熊本入りされるまでの わんこのケアプランを作成しました。

わんこの性格が 

飼い主さん一筋かつ繊細なので 

飼い主さんが退院されるまでは わんこも寂しく不安と思うとの事で

まずは 環境を変えず 様子を見ながら

わんこの負担が大きくならないように 毎日のわんこを様子みながら

ご家族と増子とで飼い主さんの不在の間を埋める事になりました。

「父にとっては大切な家族=わんこなので ケアしたいです」

ご家族のお父様とわんこへの愛情が沢山でした。



明日からは

ご家族とは遠隔ですが・・LINEのグループで細かく打ち合わせする事に

なりました。


お父様とわんこと家族と今は離れ離れですが

「気持ちはちゃんとつながっていること」に感動しました。


日本中のわんにゃんが・・

最期まで・・・大好きな人と大好きな場所で・・・

共に笑顔で一緒に暮らせますように・・・

もし離れ離れでも「愛情」 がつながってますように・・・ 

Posted at 2015年09月03日 16時55分38秒  /  コメント( 0 )

江津湖ワンワン見守り隊 の活動の目指すところとは??  

毎日の散歩するわんにゃんが

地域で迷惑にならず 嫌われず

社会に受け入れてお貰えるように・・


愛犬が大好きな場所をのびのびとお散歩できるように

動物看護師  増子元美 と  愛犬KOU は

江津湖が大好き=大好きな江津湖をずっと散歩したい。。

えづワン隊員として参加しています。

えづワンの活動とは??

  ↓

愛犬家の方おススメ♪「江津湖ワンワン見守り隊」参加者募集!


江津湖公園は、犬と飼い主さん、

そして誰もが気持ち良く過ごせる公園となるためのマナーアップ活動を応援しています♪

そこで、「動物看護師」と一緒にクリーン活動を楽しむ仲間

「江津湖ワンワン見守り隊(愛称:えづワン隊)」を募集します!

ぜひ活動に参加しながら、ワンちゃんの日常生活に役立つ会話と交流を楽しんでみませんか?



7月15日 30度を超える中

ヤングわんこ

シニアわんこ

にゃんこのゆず君  参加

夏の注意点

体温測定

気温測定

湿度測定

水(氷)の飲みすぎで 消化液を薄めないいように→スープに

身体を冷やす→保冷剤や冷たいタオルの方法

眼の洗浄とクールダウンの方法 

お伝えする事出来ました。

隊員の皆々様お疲れ様でした。



ニコ隊員

サミュ隊員 みんと隊員 バジル隊員 セナ隊員

湧水  気持ちいい






集合写真→ 


次回は8月19日です。。

えづワン隊の活動が広がり わんこと人間が笑顔で過ごす

熊本になりますように・・・



 

Posted at 2015年07月15日 21時59分32秒  /  コメント( 0 )

豪雨被災わんこ  熊本阿蘇一の宮 〜ベルママさん〜報告


昨日二階より北側大観望方面を撮影。普段は田んぼや畑ですが…湖の様になりました

阿蘇市一の宮からです。昨日未明より雷を伴い大雨。

7時頃より一気に用水路が増水。

家族3人と10匹の犬は二階に避難。

一階は壊滅的。愛車は…水没〓

半日を二階で過ごし、水が引き、午後から片付け。

集落の方の差し入れや知人が娘を預かってくれ、皆さんに感謝です。

13(金) 朝から降ったり止んだり…片付け、はかどらず〓

そんな中、午後4時頃、裏の用水路からシュナウザーの♀子が這い上がり保護。

しばらく様子を見ましたが、市役所は災害のためパンク〓

増子さんに連絡をとり、地元の犬仲間にも連絡。

シュナさんは泥まみれ。震えが止まず。ガタガタ。

そうこうしている中、ご家族らしき方がいるとの情報で迎えに来て無事再会。

災害は何時起きるかわかりません。早目の避難。

大切な家族には必ず、迷子札を付けてください。

はぐれても、必ずや情報が入ると思います。ベルママ


ベルママさんが 被災され(胸のあたりまで浸水)

犬の保護→連絡発信→返還    

までしていただきました。

浸水後のお手伝いが必要と思いました。

Posted at 2012年07月13日 22時37分53秒  /  コメント( 2 )

前へ |  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12