メインメニュー
動物愛護

平成27年度熊本県動物愛護推進協議会

平成27年度熊本県動物愛護推進協議会

日時:2015年9月14日  14時〜16時 熊本県庁新館

協議会委員


学識経験者 (2名)

一般社団法人 熊本県獣医師会(1名)

動物愛護団体(2名)

動物取扱業(1名)

教育関係(熊本県小学校校長会1名)(熊本県PTA連合会1名)

行政関係(熊本県市長会1名)(熊本県町村会1名)

事務局健康危機管理課(政策審議監 課長 課長補佐 主幹 主事 5名)

 
議題

‖萋鷦〃本県動物愛護管理推進計画の進捗状況について

∧神27年度の事業計画について

6幻ど騨祝彬〇業について

ぐ娶交換






熊本県動物愛護管理ホームページ

増子が気になった点

平成26年度 

犬に関する苦情受付  1507件

猫に関する苦情受付  671件


■飼い主の適正飼養 野良猫への関わり方 周知が必要

犬引き取り数     284頭

猫引き取り数     1966頭

■保健所へ持ち込む前に相談する場所が必要

犬捕獲数       1623頭

■迷子にさせない 遺棄させない 周知が必要

犬返還数       329頭 

■迷子の犬の見つけ方を周知必要

犬譲渡数       840頭 

猫譲渡数       142頭

■譲渡が受けれることをもっと周知必要

犬殺処分数      731頭

猫殺処分数      1822頭   
      

■飼い主さん 野良猫に餌を与える人々 は 犬猫殺処分にならない知識が必要

■熊本県民すべての人々 は 無責任飼い主さんや無責任な餌やりさんが「ゼロ」になり

熊本県民の財源が適正に使われるように地域の問題として関心を持ってもらう事



熊本県健康危機管理課

熊本県10か所の保健所

10か所の保健所管轄市町村

地域動物愛護推進協議会&動物愛護推進員

動物愛護団体

熊本県民

動物と人  命にやさしい時間 笑顔 共に生きる

熊本県が目指せたらいいな〜と思います。

Posted at 2015年09月15日 18時45分53秒  /  コメント( 0 )

熊本県動物管理センターで「動物愛護活動実施中」

私が動物愛護を始めたのは

2006年設立 熊本の動物愛護を考える会ACT



【目   標】

熊本県の殺処分数を減らすことを目標に活動を行っています。そのために

「県民の方々への啓発活動」「動物愛護センターのモデルづくり」

の2本柱を確立させ「行政のお手伝い」をさせていただける団体を目指して活動しています。


熊本県動物管理センターは

10か所の保健所から収容された犬猫を集め 殺処分する場所でした。




今は 各10か所の保健所では ボランティアの皆々さん 

地域動物愛護推進協議会などの活躍

保護犬猫の返還  譲渡される 数も増えてきました。

熊本県動物愛護管理ホームページも活用され

迷子の返還 譲渡犬猫への情報も少しずつ県民の皆々さまへ周知されていると思います。





これからの問題は

〇瑤ぜ腓気鵑陵由で急に飼養できなくなった。

(病気 入院 高齢者施設入所 死亡 などなど)

犬や猫の飼養が出来なくなった。

(在宅介護がうまくできない しつけができない などなど)

C楼茲了瑤ぜ腓里い覆で問題

(飼い主のいない猫による苦情 繁殖 いたずら 糞尿などなど)


そこで

/靴靴せ瑤ぜ腓気鹵気掘^貉預かりさん探し 支援シート

∈濛隹雜逎吋∋抉腑掘璽函幣欧困貘从  夜泣き対策)

C楼茲稜問題支援シート(野良猫の苦情を減らすための対策)

現在まで沢山の相談を受けてきました。

私が日々 相談に対して どのように 支援するか??

流れをまとめたものをシートとして作成して必要な人に配布し

まずは 解決への一歩を踏み出してもらう。。

動物病院は病気を治す場所

行政は狂犬病予防法と動物愛護法 に基づく場所



飼い主さん探し

介護ケアの相談

野良猫と地域の問題

これらを解決する場所ではありません。


だから

「動物愛護推進協議会」で  日々検討します。(私の場合は熊本県と熊本市)

これから起こりうる 県民の悩みや問題や苦情を

地元の地域で 自分たちの手で 解決できるように支援があったら

きっと

飼い主さんの理由 

犬猫の介護やしつけが理由

異常繁殖で生まれた子猫たち  を殺処分にする事は減ると思います。

動物と暮らす人はもちろんの事

地域の動物を排除するのではなく 共に暮らす方法を手に入れて欲しいと思います。

その為に

「相談室」が必要

「問題解決シート」があれば 地域にて解決へ導けると確信します。

動物を飼養する人は 最期の日まで・・・

動物を飼養してない人々 や きちんと飼養している人々の税金で

あなた達の犬猫を処分させてはいけないと思います。

保健所に持ち込む前に

犬猫を飼養する前に

動物の命の事

動物と暮らす事  しっかり考えて欲しいと願います。


熊本県動物管理センター

熊本県10か所の保健所

この9年間で 素晴らしい結果を出してきています。

そうしてこれからも

熊本県民として

動物看護師として

協議会委員として

「動物と人 命にやさしい時間 笑顔 共に生きる」

当たり前の社会にしたい。。。

しっかりと頑張りたいです。




  

Posted at 2015年08月23日 14時38分30秒  /  コメント( 0 )

熊本市動物愛護推進協議会 2部会会議に参加

本日は  19時半から

熊本市動物愛護センターにて

熊本市動物愛護推進協議会 推進員と共に

アニマルハートフル部会
ニャンニャンフォーラム部会  行われました。

■動物愛護フェスティバル(2015.9.23)の出し物について

ペット相談コーナー (介護 しつけ) 

〜介護犬猫と介護者支援フローチャート作成〜 

■わんこ迷子 低返還地域への啓発方法について



■「子猫を見つけたら・・猫の苦情が起きたら・・・」
 
〜子猫保護支援フローチャート+猫苦情対策フローチャート作成

随時開催 部会では

推進員の想いや考え → 施策提案 → 検討+意見交換 →検討会へ 

毎月1回 検討会では

部会案プレゼン → 検討+意見交換 → 実施の有無決定 


今回は・・・

子猫保護支援

猫苦情対策支援

床づれ対策支援

夜泣き対策支援

4部門を提案しました。

これが協議会をクリアできたら

熊本市動物愛護推進協議会の推進員の皆々さんと共に

熊本市地域に発信できることになります。


動物看護師が一人では、これらを伝えられるのには限られる。

だから 犬猫の悩み 問題 苦情解決支援の方法を伝えたい。。

熊本市動物愛護推進協議会から

熊本県動物愛護推進協議会から





わんにゃんと家族

命にやさしい時間

笑顔 共に生きる

そんな熊本市に

そんな熊本県に  変わりたいです。。

熊本市動物愛護推進員として

熊本県動物愛護推進委員として

日々前進します。。

Posted at 2015年08月07日 00時14分06秒  /  コメント( 0 )

緊急 命をつなぐ譲渡会 熊本市愛護センター

熊本市愛護センターHP
7/25(土) 緊急譲渡会のお知らせ



犬と猫の緊急譲渡会を開催します!
当センターでは現在たくさんの犬・猫たちを保護しています。現在、収容頭数が限界に達し、
殺処分せざるを得ない状況となっております。
そこで、1頭でも多くの命を救えるよう、今回 緊急の休日譲渡会を開催することになりした。

◆会場:熊本市動物愛護センター(東区小山2-11-1)
◆日程:平成27年7月25日(土)
◆譲渡前講習会:午前10時〜11時
 ※犬の譲渡希望者は受講必須(時間厳守)
◆譲渡会:(犬)午前11時〜11時30分
     (猫)午前10時〜11時30分





熊本市愛護センター
平成27年6月の収容・処分状況

        犬      猫

捕獲保護    15

拾得             19

不要      2      13

負傷             37


返還      11       0

譲渡      1       26

死亡      0       12

処分      0       1

保護中     5       30



飼養できないとの持ち込みが減っているとはいえ

飼養できない 犬猫は 安楽死されるケースもある。

なんとか

様々な訳で飼養できない理由が起こったとしても

安易に安楽死につながらないために

里親探しや一時預かりさん探しのお手伝いの支援できないだろうか?



熊本市愛護センター

熊本県管理センター

熊本県10か所の保健所

管轄で暮らす わんにゃん  が

飼い主さんの事情で 殺処分にならないために

新しい飼い主さんへ出会うために

安全確保できる居場所を手に入れるために

相談できる場所  動物介護福祉支援センターを作りたい。

Posted at 2015年07月25日 21時30分51秒  /  コメント( 0 )

熊本県動物管理センターの第一回譲渡会開催

熊本県動物愛護管理ホームページ→http://www.kumamoto-doubutuaigo.jp/event.php?id=114

熊本県  10か所の保健所の犬猫が 動物管理センターで殺処分になります。

しかし 21日は 動物管理センターにて 譲渡前講習会&譲渡会が開催されました。


【動物管理センター】譲渡前講習会・譲渡会開催:2015/06/21

場所:動物管理センター(熊本市東区戸島町2591)

主催:動物管理センター

次回は7月19日に開催予定です。



私は

2006年から下記の動物愛護活動に参加しています。

熊本の動物愛護を考える会

熊本市動物愛護推進員 

熊本動物愛護推進協議会

熊本県動物愛護推進協議会委員

特に熊本の動物愛護を考える会発足時

殺処分だけではなく

動物愛護活動譲渡へ

「熊本県動物愛護センター」へが目標でした。


2015年6月  9年後目標が一つ形になりました。

素晴らしいです。。

熊本県動物管理センター  所長 スタッフ皆々様

10か所の保健所の担当の皆々様

10か所の保健所のボランティアや推進員の皆々様

熊本県健康危機管理課  感謝です。



熊本県の動物愛護事業 譲渡会開催。。素晴らしい。。

ACTの願いがひとつ叶いました。

遺棄や持ち込みのわんにゃんが増えない為の対策としての

動物介護支援&動物福祉支援の相談室が設立できたら

いいな〜と思います。

Posted at 2015年06月22日 20時13分47秒  /  コメント( 0 )

高知県からのレスキュー犬  保護から譲渡へ

リコちゃんの初回カウンセリング  2015.4.8

高知県からのレスキュー犬  保護から譲渡へ

心配してい外耳炎 耳血腫 角化

保護され治療と栄養で改善中

小さな犬や猫への反応と興奮も改善中



リコちゃんはお散歩大好きですが・・かなり嗅覚を使い・・

動くものに対しても反応します。

リコちゃんは保健所に収容されたわんこ

高知で、どのように過ごしていたか??生活も性格も健康状態も全くわからない。

しかし  現在は 性格も健康状態も習性も見えてきました。

高知から熊本へ保護されたIさん

諦めないで毎日のケアをコツコツされてます。

日々変化 日々発見を見つけ譲渡への準備をされています。

リコちゃんの個性や体質 犬としての習性を理解して貰える

ご家族を 心から募集中です。




殺処分されない自治体もありますが

まだまだ・・処分対象の命があります。

飼い主さんが放棄したり遺棄したり迷子にしたりの

わんにゃんが繰り返されず わんにゃんの命にやさしい時間になりますように

熊本県からも  高知県からも  日本からも・・・

Posted at 2015年06月10日 19時41分54秒  /  コメント( 0 )

飼い主の居ない子猫を見つけたら

熊本市内

熊本県内

母猫からはぐれたり
遺棄された
沢山の子猫が 住民の方々や愛護団体の方々によって保護されます。

可哀想だから保護する場合
子猫の命と譲渡探しに対し
覚悟と準備が出来てないケースが多いです。

子猫の健康状態と医療
子猫の授乳 排泄管理
里親募集の準備

何処まで関わるか?負担すること出来るか?
時間
手間
金銭

子猫を救う為に仲間が必要になります。
同時に
子猫が保護された場所付近での子猫遺棄や子猫育児放棄
再発を防がなきゃなりません。

可哀想な犬猫を防ぐ為には
この様な事例に対してアドバイス出来る相談室必要

地域で解決出来るようになれば
早期解決 再発防止に繋がる事を伝えたいです。

人間の優しさから
安易に猫が増え続けないように
地域に迷惑
猫の苦情が増えないように

地域に密着した対策方法を伝えたいです。

Posted at 2015年05月25日 21時10分58秒  /  コメント( 0 )

飼い主さんが高齢になった時?愛犬愛猫はどうする?

日本の各地で起こる  動物に関する問題

これからの社会問題

熊本からどのように組み立てていけばいいか??

きちんと学びに行ってきます。

大事に大切に家族として暮らしていても

飼い主さんが突然病気になった時

飼い主さんがどうしても暮らせなくなる時

あるかもしれない。。

そんな時  どんなケアプランを組みたてて差し上げるかが・・・

動物福祉支援  動物福祉ケアマネの仕事と思います。

フリーの動物看護師としての CompanionAnimalPARTYの事業

動物介護 福祉支援センターでのアドバイスの事業

どちらも地域密着の貢献事業として自分は活かされたい。。

そこで さまざまな学びを積み重ねばなりません。。

その大切な学びです。。

   ↓  ↓


高齢者とペット

高齢者のペット飼育支援を考える

日時:2015年 5月30日(土)14時から17時

場所:東京大学農学部 弥生講堂一条ホール

コーディネーター : 

林 良博 先生

パネリスト :

新島典子先生(社会学者)

親跡 昌博先生(NPO 高齢者ペット飼育支援獣医師ネットワーク副理事)

倉田 美幸さん(ケアマネージャーと動物愛護推進員の有資格者)

主催:特定日営利活動法人 動物愛護社会化推進協会

Posted at 2015年05月12日 12時06分57秒  /  コメント( 0 )

猫の相談  天草牛深のケース

私の所属している団体

熊本の動物愛護を考える会の携帯電話には

動物愛護や福祉の相談が入ります。

地域の10箇所の保健所が管轄でありますが

地域の保健所では対応出来ない所を担っています。。

例えば

愛犬愛猫が迷子になったけど・・探し方がわからない


子犬子猫を保護したけれど・・どうしたらいいのかわからない


外にでる猫が捕獲器に捕まっていた・・・これは動物愛護法にひっかからないのか?

今回の相談のケースは

12頭の餌やりしている猫が  2頭行方不明になった事で

怒りと焦りがあられました。

今回のケースの場合は  適正飼養が出来ていないためご近所に苦情がある。

そこで

対策としては

ご近所とのコミュニケーションがとれていない点を改善

法律遵守できていない点を改善してもらうようにお伝えしました。

猫も犬も全ての動物は人と共に笑顔で暮らせたらいいな〜と思います。

しかし

地域社会には

犬猫の鳴き声や糞尿や悪臭などの被害が起きると

飼い主さんへは行政から指導が入ります。

「可哀想な子犬子猫の保護」

優しい気持ちから始まっても

地域からの苦情になると・・・動物と飼い主さんは生活しにくくなります。

社会の一員として 認められるようにどうしたらいいのか??

しっかりアドバイスします。

「動物愛護活動が要らない地域」になる為には

飼い主さんは終生飼養 適正飼養 愛情と責任で

ただし

悩んだり困ったら相談したり支援が必要と思います。

そんな  役目の場所「相談室」が必要だと思います。









熊本県動物愛護管理ホームページ  http://www.kumamoto-doubutuaigo.jp/

Posted at 2015年04月14日 14時13分38秒  /  コメント( 0 )

高知県からのレスキュー犬  保護から譲渡へ



熊本市動植物園のキリン舎&象舎の見える所を散歩しました。

人には・・興奮したりしませんが

わんこには・・・

「挨拶したい!!」みたいな表情や行動になります。。

キリンにもなぜか・・興味は大きかったです。

保護生活 始めてからわかることが沢山有ります。。

レスキューされた方の悩みは大きいです。が

リコちゃんが・・沢山幸せになれる譲渡先が見つかるまで

レスキューされた方の忙しい時の代行を受けています。。

家族とは??

絆がつながるとは??

愛情と行動により結ばれます。

様々な事が手探りだから・・大変と思います。

しかしこの社会に貢献する行動は成功させたい。。

そんな

今 未来を見据えたプラン

そんな貴重な時間を共有出来て嬉しいです。。

Posted at 2015年04月09日 22時37分41秒  /  コメント( 0 )

前へ |  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  | 次へ