メインメニュー
シニアライフ

あれから1年〜15歳わんこの腎臓病と貧血

かっちゃん。。16歳になりました。

新年のご挨拶から

通院することもなく元気との事でした。

シニアライフ 油断はできないけれど

早期発見 早期治療 そうして

毎日の家族の観察〜再発予防 栄養と健康管理〜


前回・・15歳わんこの腎臓病と貧血

元気で

ご飯食べて

歩けて(立てて)

喜んで

スヤスヤ眠れる

そんな毎日が送れるように

在宅介護の方法をサポート頑張りたいです。

Posted at 2013年01月10日 19時55分48秒  /  コメント( 0 )

大牟田と熊本 ベルさんの 遠隔カウンセリング

大牟田と熊本

定期的に訪問させて頂いています。

嘔吐の事

足麻痺の事

介護の事

食事選びの事

マッサージや温灸の事

2時間のなかで・・

心拍数 呼吸数 表情 栄養状態 行動 から

在宅介護での

アドバイスをしました。


前回ベルさんの様子


 お水は自分で飲めます。

偶然見つけた楽な姿勢。。

手でのマッサージの代わり練習中



抱っこが嫌いなのは・・わかっているけど・・・

亡き母様の大切に育てておられたベルさん。。今は

娘さんへバトンタッチ・・本当に。。

優しい時間が流れています。


キキさんとククさんは元気いっぱいでした。

3わんこの健康の事

介護の不安の事  寄り添えたと思います。。

又できた不安にこたえられるように・・頑張りたいです。

Posted at 2012年11月10日 22時09分52秒  /  コメント( 0 )

シニアライフ まつぞう と しつけ2

実家のまつぞう 12月で 16歳♂

今までの病歴と介護サポートの様子は

   ↓  こちらから

http://cplus.if-n.biz/5002546/article/0340090.html

お腹もマッサージします。

わんにゃんぴん予約受付中。。

食欲 元気 排泄 問題なし

筋肉が少し落ち 脂肪が付腰への負担がある 

後ろ足の震え  →  指圧に続き竹ピンでのツボへのマッサージ

(写真は・・「わんにゃんぴん♪」商品名です)

手でおすのは難しいので竹ピンを使ってもらいます。

足腰のケアーすることで・・まつぞうを寝たきりにさせない様に

足が滑らない工夫

足腰の疲労物質排除

血流や神経伝達UP


毎日のケアーをしっかり伝えたいと思います。

Posted at 2012年10月15日 17時54分32秒  /  コメント( 0 )

心臓病2わんこ 在宅介護ケアー



1995年生まれ♂ 

飼い主さんの心配は・・足のふらつきの事

→物理的に滑らない工夫とマッサージ(血行良くする)と栄養




1997年生まれ♀

飼い主さんの心配は・・・偏食 心臓肥大の事

→心臓については動物病院へ定期健診+治療

→偏食については体の調子を整えるための情報で心臓と肝臓のための食材変更




飼い主さんの心配は・・環境の変化によるストレス・精神面について

→わんこの表情 行動から 体調から 具体的対処方法をお伝えしました。



3わんこは・・とてものんびりと幸せに過ごしていることがわかりました。

しかし・・心臓の薬使い方やストレスの大きさなどから体調変化がみられる前に

在宅での対処方法を準備してもらう事になりました。

家族の情況の変化に・・ご家族が胸を痛めるのではなく

状況の変化に慣れるように・・今は少し頑張ってもらえるといいな〜と思います。

これからの快適 心臓病わんこシニアライフ

をサポート頑張ります。

Posted at 2012年09月28日 18時02分12秒  /  コメント( 0 )

チロちゃん 1996年3月生まれ カウンセリングの巻

明日 ご自宅でのカウンセリングの予定でしたが

咳が強く眠れないとうことで急遽1日早くの相談になりました。

動物病院へ一緒に向かい説明も一緒に受けました。

心臓の薬 利尿剤 咳の事 腎臓の事

チロちゃんのカラダ丸ごとを診察後

今日と明日からの一手が決まりました。

湿った咳ではないこと。。。

食欲があり嘔吐と下痢が無いこと。。

血液検査ではBUNが高めなので投薬は慎重にとの説明が

とてもわかりやすかったです。

主治医の先生

わんこ&家族

在宅介護の増子

チームを組んで

不安や悩みを取り除いて大切な毎日を送れるように

サポートしたいと思いました。

これからの栄養の入れ方

これからの呼吸や感染守り方

打ち合わせが必要と思いました。



前回の様子はこちらから
↓   ↓
http://cplus.if-n.biz/5002546/article/0349793.html


16歳シニアライフ♪

在宅介護のアドバイス 

しっかり頑張ろうと思います。

Posted at 2012年09月26日 19時19分41秒  /  コメント( 0 )

こなつちゃんのカウンセリング

こなつちゃん。。



定期的に  栄養と健康管理カウンセリングします。

愛護センターからの譲渡わんこ

体質は弱いけれど

毎日の食事と管理で維持されています。

今回は・・

なかなか治らない外耳炎のケアー

どうしても滑りやすいため足と腰のケアー

投薬による身体の酸化を抑えるために・・

脱臼やねんざにならないために・・

腰痛にならないために・・

〜食器を高く固定出来る台利用〜

生活スタイルのなかで・・対策を家族の皆さんと考えます。

痛みや苦しみを伴わないように・・

守れるように  情報をお伝えしたいです。


介護シッターの時の様子はこちら

http://cplus.if-n.biz/5002546/article/0309194.html

Posted at 2012年07月23日 15時28分22秒  /  コメント( 0 )

19歳のけんいちくんとママと健康について

18歳のけんいちくんと...

19歳見事な足取り


痒くてひっかいてかさぶたに


19歳のケンちゃんは元気でした。

身体の湿疹とかさぶたが心配なので

栄養対策とスキンケアー対策をお伝えしました。

昨年9月 足を痛めたママさんは・・

日常の生活は現在送れますが・・

今一つの不安があるとの相談でした。。

ストレッチや整体と同時に

毎日の5大栄養素と神経や腱や痛みへの

栄養強化のお話をしました。

ケンちゃんもママも笑顔がたくさんなので

安心しました。

Posted at 2012年07月20日 21時25分50秒  /  コメント( 0 )

シニアライフ まつぞう と しつけ

春になり シャンプー&カット

体温の保持や部分的冷えにも気を付けてもらいます。

筋肉が細くなり
歩行や起立に負担がかかってきます。

マッサージの必要と思います。

聴覚 嗅覚 味覚 嗅覚が弱くなり
生活のメリハリが減り 不安も起こります。

無駄に吠える事・・
理由があり吠える事・・

接し方を少し変えてもらいます。

今までのまつぞうのこと

日々 老化は進みますが・・

少しでもなだらかな機能低下と介護の為に出来る事を

伝えたいです。

そうして

吠える事に関してのしつけも諦めないで出来る事を

伝えたいです。

病気について 治療について オペについて 

情報を 知らない事は家族の方々の後悔に 結びつくことも多いです。

だからこそ

動物看護師のサポートが必要と思います。

Posted at 2012年05月03日 23時55分54秒  /  コメント( 0 )

定期カウンセリングの必要性とは??



ベランダは 風と緑と花と 気持ちよさそうでした。

午前中のスヤスヤタイム。。



肥満細胞腫のわんこイキイキ日記♪



定期的に 栄養素を配達と同時に

カラダまるごとを見せてもらいます。


白内障 緑内障 のこと

体重減ること

肥満細胞腫の経過のこと


ご家族の心配は 今 ありませんが

治療のための投薬

副作用が出たとき・すぐ 主治医の先生へ受診してもらう事

副作用に伴う症状が出たら 食事なども見直す事

5月〜夏に向けて 体を整え

夏を乗り越える準備をサポートが必要です。

毎日食べる事

毎日眠れる事

毎日排泄出来る事

毎日大切な人の側に入れる事

そのための健康。。

毎日の食べたもので体は作られますから。
動物看護師の役割は大きいです。

Posted at 2012年04月16日 16時16分21秒  /  コメント( 0 )

ハッピーバースデイ  愛美ちゃん♪ 15さいです。。

おはようございます。ご無沙汰しております。

今日は愛美の15歳の誕生日です。驚きでしょ〓

毎晩一緒に寝ています。老老介護〓 夜中に何度も起こされます。

右手枕に愛美、左手枕に瀬菜と猫の次郎、幸せを感じる瞬間です。

毎日、愛美はどの子よりきちんと食事をとっています。

時間をかけて一生懸命に食べています。

いろいろあったけど、

まさか15歳の誕生日を迎えられるなんて…嬉しくてですね〓

今日は『おめでとう〓』と顔を近づけたら、

カブッと鼻を甘噛みされました。

しあわせ〓

今朝の愛美、ぴんぼけですが、添付します。

増子先生、ありがとう〓


前回の愛美ちゃんのお話し




愛美ちゃん。。お誕生おめでとうございます。

嬉しい 嬉しい 便りです。。

今まで

いろんないろんな事がありましたが・・

諦めないで大事に毎日を過ごしてもらえる事

そのご家族のサポート出来る  動物看護師は幸せです。

食べる事

眠る事

ワクワクな事

健康でないとできなくなるから

困ったり悩んだ時から動物看護師の出番と思います。

明日も明後日も頑張りたいです。

Posted at 2012年02月29日 22時34分49秒  /  コメント( 0 )

前へ |  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  | 次へ