メインメニュー
シニアライフ

余命宣告から半年  愛犬KOU おやつ購入の時間 

前回はこちら→ 余命宣告から半年  愛犬KOU吠える時間  



今日は 熊本市愛護センターの休日譲渡会の日

初めての方々は・・見落としがちになられるので

マックスバリューさんの入り口の所で道案内

ボランティア  1時間 してきました。

今日は 寒いので KOUは車で お留守番してもらいました。

 



その後 わんにゃんぴっ塾生である

わんわんランド アグリ オーナートリマー

村上 和美さんのお店に  

2月のわんにゃんぴっ塾日程決め

4月の勉強会(アグリお客様向け)打ち合わせ

バイオアロマの配達

KOUのおやつ購入(写真に写っている2種類)





わんわんランド アグリ

着物の試着をしてみました。。

「女の子の様に見える 13歳♂KOU」

美味しく パクパク

楽しく  テクテク

倖せな  スヤスヤ

13歳半  クールな1日でした。



犬猫問題解決NOTES

プロジェクト
  ↓ ↓
https://readyfor.jp/projects/wanp1122p


支援者 104人

残り日数 41 日

目標達成 86%

支援ポチッと3000円 お待ちしています。

Posted at 2016年01月10日 17時56分06秒  /  コメント( 0 )

14歳!震えが!食欲不振 メイちゃんシニアライフ 12

前回はこちら ⇒14歳!鼻水が!メイちゃんシニアライフ11

12月の暮れ

食欲不振 元気低下 体調不良で 動物病院へ 受診 検査

肝臓 胆嚢(薬 処方食 ベジタブルサポート)スタート

数日後 今度は 嘔吐1回 震えあり 食欲不振 ということで

緊急病院へ 検査では腎臓の値が高い → 静脈点滴3日間

その後無事お正月を迎え 本日8日

又 震え 食欲不振 元気低下との電話相談

とにかく メイちゃんママさんの心配が大きくなる前に

動物病院で診察し皮下点滴をしてもらい

今度は 在宅でのケアをご説明に生きました。




肝臓も心配

胆嚢も心配

腎臓も心配

「処方食」 食べてても再発した症状

不安に負けず

肝臓にも胆嚢にも腎臓にもなんとか

バランスを摂れた物に変えながら  再発の原因が決まらない間は

腎臓や肝臓に負担がかかる「おやつ」は 

ストップしてもらいました。

我が家のKOUの肝臓ケアごはんを 見本に持って行き

メイちゃんは 鼻クンクン食べてくれました。

14歳

シニアわんLIFE

焦らず 諦めず 明るく  

大切なカラダとココロに栄養と元気を

大切な時間を過ごしてもらえるように

増子元美の介護看護 サポートは続きます。

Posted at 2016年01月08日 20時15分59秒  /  コメント( 0 )

土食べる〜11歳リュウ君〜 シニアわんこケアつきお散歩  

前回はこちら  
 ↓   ↓
下痢になってる〜11歳リュウ君〜 シニアわんこケアつきお散歩16

2016年1月初リュウ君 わんケアの日

暮れからお正月 リュウ君も美味しいものをもらう事あり

そんな時は すぐ 下痢や軟便になります。。

しかし 今日は いつもの お気に入りの場所へ お散歩

楽しそうに 耳はパタパタして 尻尾ふっています。

わんケアしている 私が 幸せな気持ちになります。





リュウ君のお気に入りの場所

ここでは・・・土をほりほりして・・丁寧に選び 土を食べます。

土の成分がわからないけれど・・・森の木々草花の

栄養を含んでるんだろうな〜と思います。

週2回のシニアわんケア

出来る限り 土や芝生などや坂道を選んでお散歩

私も元気な足腰が必要です。。

Posted at 2016年01月04日 19時53分21秒  /  コメント( 0 )

9歳 ルルちゃん♂ デーケア

飼い主さんのご家族のお出かけ

そこで デーケア お預かりTIME

ルルちゃん  実は とても神経こまやかなわんこ

場所が変わってもドキドキ

知らない人もドキドキ

でも・・賢いので

安全な場所とわかれば

優しい人とわかれば

おやつは食べれ

不安で流涎したり吠えたりしなくなるのです。

一番大好きな家と家族がいいけれど

しかし 災害時 緊急時はお留守番が必要な時があるかもしれないので

どうしたら ストレスかからないかを準備します。



大好きなキャリーバック

大好きなおやつ

大好きなお散歩

大好きな家族がいなくても・・待てるわんこに

なってもらえたらいいな〜と思います。



ルルちゃんシニアケアプラン


これからは シニアライフとして体調管理がとても重要になります。

アレルギーの体質なので 食事&おやつ&シャンプーも厳選!!

小さな変化に気を付けてもらい  湿疹は再発予防。。

去勢していないので 前立腺 肛門腺のチエックとして

便の回数 便の太さ 尿の出方 などなど観察も重要です。

動物看護師の「デーケア」には

わんにゃんの健康チエックから獣医師さんにつなげる専門知識があります。

どうか

わんにゃんの丸ごと 健康管理には 動物看護師に相談してください。

わんにゃん相談CompanionAnimalPARTY

Posted at 2015年08月21日 13時14分32秒  /  コメント( 0 )

2001年8月生まれ ファット君♂シニアライフ

13歳 ファット君♂シニアライフ





定期訪問  今日のファット君

スヤスヤ  リラックスしていましたが

気付いてくれたら 排尿して 私に対して 挨拶をしてくれました。

8月が10日で14歳

雷や花火が怖かったファットくんですが。。

シニアになって  耳が遠くなって  

不安になることが少なくなりました。

現在は・・・ファット君のしこりに栄養にならないように

栄耀素でケア中

シニアわんライフのサポートとして

サポートを頑張ろうと思います。

Posted at 2015年06月01日 20時27分44秒  /  コメント( 0 )

15歳  ミルク君 健康相談



2000年3月17日生まれ

最初の相談は 

3歳の時 重度の皮膚炎 ⇒ 栄養療法で改善

食事やおやつの  添加物をゼロ

食材は出来る限り農薬のないものへ細かく選んでもらいました。

途中からは  なま食を取り入れた酵素いりへ

体に合わせて微調節。。

定期的に栄養や皮膚のケアを担当していました。

それでも・・・

なんと 疥癬感染

自己免疫性貧血

脾臓血管腫

などなどを発症したりオペしたり

しっかり 乗り越え現在に至ります。

ミルク君は 性格は甘えん坊さん。

ミッくんのご家族は 

病気と治療と栄養の事をしっかり勉強されているので

主治医の先生とも より細かく相談し最善を選択されてきました。

15歳とは思えない毛艶です。。

足腰は少し衰えてきましたが・・家族の愛に包まれ

優しい時間が流れていました。。

同居わん  モカちゃんは12歳

快食 快便尿 これから起きうる事を予測して守られていました。


Posted at 2015年04月19日 14時33分33秒  /  コメント( 0 )

9歳ルル君 デーケア


わんにゃんホテル

動物病院

ペットシッター

預ける場所はいろいろありますが・・

慣れた家が必要

慣れた人が必要

そんな場合はどうするか??

本日のルル君の場合は 知らない場所知らない人だと

出してくれ!!とずっと吠えます。

そこで

昨年に引き続き ルル君と知り合いの増子が担当となりました。

食事

排泄

運動  

メンタルケア

身体の健康チェック

肛門腺 耳の炎症 目やに

2日間のデーケア

しっかり  家族の愛情の代わりにサポートします。

ルル君の快適な時間になるように・・・

Posted at 2015年04月18日 14時23分59秒  /  コメント( 0 )

みかんさん にこにこライフ日記

みかんさん ママからのメール

2004年4月22日 最初の出会いは

産婆としてお産に立会いました。

それから  栄養相談  白内障の相談 などなど

今回は 心臓が心配ということでしたので 

しぅかり ドックドックで詳しい検査をされました。




一般身体検査

血液検査

尿検査

レントゲン

心電図

エコー


心配な点は  尿比重 コレステロール

飲水の量のみ指導で1ヶ月後再検査になりました。


不整脈が心配だったそうだのでその心配も減りました。

快適シニアライフをにこにこ送れるように

サポートしたいです。。

Posted at 2014年05月30日 17時41分49秒  /  コメント( 0 )

チェリーちゃん14歳ルンルンシニアライフ

「胃捻転」「胃拡張」「鼓腸症」になりませんように!

最初相談から早速 テルミー を在宅でやっていただきました。

イトオテルミーとは??

テルミーはギリシャ語の“温熱”を意味する言葉。

イトオは、開発者の伊藤金逸博士の 「いとお」からだそうです。

高齢になったり

寒くなると  どうしても筋肉や関節や腱を動かさないで

じっとしてしまう。。その間違った姿勢で・・体が歪みが出てくる。

高齢にわんにゃんの歩き方を見て欲しい。

トボトボの歩きや段差などで転びやすくないですか?

首や尻尾が上がらなくなってませんか?

背骨が曲がり丸くなっていませんか??


こんな時は・・・静かに・・家族の優しい手で手当をお願いします。



チェリーちゃんの写真送っていただきました。


気持ちよさそう



びわの葉と棒灸

この温熱ができないときは  

板こんにゃくを温めて使います。

ポイントは・・

わんにゃんが気持ちいい

顔の表情や体のリラックスをキャッチしてもらいます。

チエリーちゃんの場合は  腰だけでなく 消化器系にも癒しが必要なので

食事管理と温熱とを 家族の皆々さんが無理せず続けれるように

シニアワンライフをケアマネ−ジメントします。
 

Posted at 2014年01月11日 13時26分44秒  /  コメント( 0 )

続 2001年生まれ 真黒(マック)君悩み解決へ

前回の様子2001年生まれ 真黒(マック)君悩み解決へ



今回は 左後ろ足を痛がるとの事が心配

動物病院では 老化によるもの  

消炎剤の処方後 

動くようになるけれど 痛みないため はしゃいで動きすぎはないか?

そこでカウンセリングでした。

サポーターは 嫌がるということでしたが

お散歩のアスファルト歩行の時は必ず付けていただくようにお伝えしました。



立ち上がる負担 (滑らない工夫 立つ前にストレッチ)

上半身の負担 (後ろ足をかばい体重がかかるので筋肉の乳酸が取れるようにマッサージ)

左足の痛み (お散歩にはサポーターや介助用品で落ちた筋肉を助け関節を保護)

温灸や鍼灸 レーザー 在宅で出来る指圧 びわの葉こんにゃく

痛みが強くなる前に

立てなくなる前に

歩けなくなる前に  介護の方法を考えてもらうようにお伝えしました。

とにかく毛艶も元気も表情もよいです。

日頃の管理が出来ているのだと思います。

右目の結膜が刺激で敏感になっているので・・

感染症にならないように 洗浄と栄養で守ってもらいます。

Posted at 2013年12月02日 20時56分17秒  /  コメント( 0 )

前へ |  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  | 次へ