メインメニュー
シニアライフ

ママいないと遠吠え??  16歳 リュウくん シニア日記 

前回はこちら→可愛いおむつデビュー  16歳 リュウくん シニア日記 

1月15日からパクパク テクテク スヤスヤ 排尿量 飲水量 も安定していたそうですが

この数日 ご家族がお留守の時に

「吠え?」ワンワン!!「遠吠え?」わおーーーーん!!

が聞こえるとのご近所さんから言われ ご近所迷惑では?リュウちゃんは寂しいのか? 

真面目な飼い主さんは どうしても気になり心配されての相談でした。

腎臓機能低下も 治療薬と処方食で安定しているし夜泣きは無いとの事

生活のリズム 朝 散歩 食事  夜 散歩 食事 マッサージ



今までは何でもできた事

起立する時⇒(時間がかかる) 歩く時⇒(滑る) 

どうしても リュウちゃん自身 「不安」があると思います。 

やはり ご家族が居たら「安心」なのは間違いないです。

しかし 今まで出来たお留守番が少し出来なくなっても

「安全」な場所である 「体調万全」である 時は 

お留守番には挑戦してもらいます。しかし

これからの シニア後期になると

「吠えすぎて負担がかかる」

「排泄の管理が必要になる」

「投薬や食事が必要になる」など ご家族の手当が必要になったり

動物看護師の訪問介護や看護ケアが必要になったりするかもしれません。

その時までは リュウちゃんの毎日をよくよく観察して対応策を

考えていきましょうとお伝えしました。 続く



 

Posted at 2017年01月26日 13時37分48秒  /  コメント( 0 )

時々嘔吐あり 15歳!メイちゃんシニアライフ

今日のメイちゃん

前回はこちら→
肝臓も腎臓も順調 14歳!メイちゃんシニアライフ


■ドックフードドライ(腎臓ケア)嘔吐あり

対策 /乙きすぐに与えない △佞笋して与える

自律神経が整い 胃腸の動き(筋肉)が正常になるまで

少し時間や形状を変えてみる事をお伝えしました。

15歳になって 大きな症状はなく 定期検診をまめにされ

メイちゃんの心配事は きちんと動物病院で聞いて解決へ

その他 運動や食事やサプリメントの時は増子へ相談

メイママさんの不安や悩んだりする時間は少なくなりました。

メイちゃんもニコニコのママさんを見てるのは嬉しそうです。

病いも老いも避けられないけれど

メイちゃんの事で「悩む1日」ではなく 

メイちゃんの笑顔の為に「動く1日」にチェンジしてもらうといいな〜と思います。

続く

犬猫問題解決 NOTES2016

SPECIAL THANKS


★つねさん 様 ★ひかるこ 様 ★天草レストハウス結乃里様 ★岩崎光美様

★ 株式会社 ジェネシス21様 ★村上和美・わんわんランドアグリ様

★小林元郎・成城こばやし動物病院 ★下堂薗賢二(伝えるデザインスタジオ)様

Posted at 2017年01月24日 13時52分45秒  /  コメント( 0 )

続 22 腰としっぽが・・・心配 ロイス君  シニアわんケア

今までは⇒
続 21 夏対策付 ロイス君  シニアわんケア




白川河川〜上通りコース

2013年11月 初カウンセリング からのシニアわんケアスタート

毎週1回プラン

ケアプラン: ̄親阿砲洞敍付ける⊃諭Ωで・自動車・バイク・工事の音慣れメンタルケア

回数が増えれば増えるほど ■体力や筋力つく ■おどおどが減る

先月より 腰 足 尻尾の動きが低下してきたとの事 ⇒ コンドロウォーク開始

改善がみられる。。

見た目は7歳以下にみえ元気ですが 11歳になるので 階段やジャンプは注意し

芝生の上でのお散歩 滑らない場所でしっかり 本来の筋肉をつけてもらう。

心も体も健全に サポートしたいです。 続く

Posted at 2016年12月16日 20時40分14秒  /  コメント( 0 )

飛びます11歳リュウ君〜 シニアわんこケア 20

桜の季節は発情期〜11歳リュウ君〜 シニアわんこケアつきお散歩




本日のリュウ君

元気モリモリ ジャンプ絶好調

お散歩のパトロールも楽しそう。

春 から 震災 から 暑い夏 雷 花火

怖がり屋の所もあるのですが

現在は 健康状態 メンタル状態も良好です

被毛も皮膚も体重も筋肉量も安定して

医者いらずの生活が出来ています。

お散歩が足りなかったり 怖かったり

発情期のストレスで お腹を壊すと・・・

肘や鼻の角化が進んでしまします。

角化自体は大きな問題ではないように思われますが

ビタミンA不足になると

乾燥皮膚や粘膜再生不良などがおきてしまうので

日頃から 健康のバロメーターとしてチエックしてもらいます。

これからは 寒いので 足腰が冷え膀胱炎などにならないように

元気シニアライフサポートしていきたいと思います。

Posted at 2016年11月16日 14時12分56秒  /  コメント( 0 )

もうすぐ14歳 さくらちゃん日記Α‘霾悗ら健康便への道のり

さくらちゃん日記 2016.4


さくらちゃん日記 ぁ2016.2


さくらちゃん日記 2015.10


来月14歳になる さくらちゃん シニアわんケア

下痢が続いていると事で動物病院から処方をしてもらえてます。

元気 食欲はあるので なんとか・・一日でも早く 快適なお腹にして

食べた物が すべて 健康な細胞へ代謝されて欲しいです。




左:ささみ りんご オーガニックドライフード(少な目) ヤギミルク 消化の薬

右:ささみ 鶏はつさつまいも大根葉おから りんご 消化の薬 核酸 オメガ 食物酵素
 
アレルギー皮膚炎ですが投薬無しで維持


いつものお散歩コース

時々 前足の力は要らずつまずく  

しかし 楽しく歩けるし段差も介助すれば登れ ジャンプもします。

粘液便と少し水分多め便へ


熊本は急に寒くなってきたり 昼間は暑かったり

部屋や寝床の方向(日当たりの有無 隙間風の有無)チエック

底冷えしないように=温度計 

エアコンでの乾燥予防に=湿度計

体温調整が難しくなるシニアライフには 自律神経が壊れる前に

腹巻やお洋服も必要な季節になりました。

Posted at 2016年11月10日 11時55分31秒  /  コメント( 0 )

左肩腫瘍発覚〜足麻痺マックス君 17歳     在宅介護日記21

前回はこちら→ 
ママの不安に寄り添う〜足麻痺マックス君 16歳     在宅介護日記



先週 右肩の骨にくっついた腫瘍が発覚 簡易検査では 悪性との診断

そこで この腫瘍への化学治療が始まるとの事でした。

処置の説明は 写真をみながら行われたそうですが

術後の介護計画は まだきちんと聞かれていないので

今一度 冷静に 

処置後の回復までの流れ(傷口回復の日数 介護傷口ケア内容 運動制限など)を

聞いていただくことになりました。

最近は 自分から食べにくくなり介助が必要で食べる物にも工夫が毎日必須。

処置後は 癌細胞が壊れ化膿して正常な細胞が再生していくとの事でした。

熱が出た時 痛みが強い時 ご家族が不安にならないように

薬の名前 薬の効能 予後の日数などは事前に整理してもらうことになりました。

9歳の時癌になり再発克服 今まで元気にシニアライフを送ってきたので

これからも 医療と在宅介護で 優しい時間になって欲しいです。


Posted at 2016年11月07日 13時41分30秒  /  コメント( 0 )

愛犬が 血便? 細い便?早めに検査が必要だ===

11歳 太郎ちゃん ♂ 10歳で去勢手術 

トイプードル 

数週間前から 便が細くなり 異物を食べる 数日前から血便へ

早速飼い主さんと動物病院へ

問診 聴診 触診 検便 原因を絞り込みへ 

■肛門周囲腺 (分泌物がたまりやすいが化膿なし)

■前立腺 (正常)

■直腸腫瘍 ポリープ (5佝覚)

■腸炎 

触診によると ポリープとの事

大きくなる前に 内視鏡検査 

確定診断出来たら 外科的に手術が必要との事でした。

手術の方法をわかり易く説明を聞きました。




太郎ちゃんの場合

まずは 1週間位で血便を止めて 詳しい検査へ

皮膚にイボやしこりや色素沈着などなど・・・

老化の前触れは色々な所に現れますが・・・

直腸にもできものが出来てしまったのである。

これからは

,任ものが悪さしないように対策(外科的処置 内科での対症処置 )

△任ものがこれ以上出来ない栄養対策(遺伝子を守る)

飼い主さんの不安を取り除き

太郎ちゃんの健康な毎日になるように サポートします。

Posted at 2016年10月25日 13時50分20秒  /  コメント( 0 )

肝臓腫瘍 余命宣告愛犬KOU 血便デターと検査データー ㉑

前回はこちら→肝臓腫瘍 食欲不振愛犬KOU 何を与える?何食べる??

病名発覚 余命宣告から毎日の変化を気を付けています。

診察を待つ背中

食欲の有無

肝臓の痛みの有無

嘔吐の有無

軟便や下痢の有無

■KOUの食べる物(毎日変化)

■KOUの排便の内容(毎日変化)

どうしても 動物性蛋白質が多くなってしまい

ビタミン ミネラル 食物繊維を含む食材は

なかなか摂れない。。

最低量は栄養素として摂取させているけれど

元気な細胞は作られていない。

★軟便 ★出血(肉眼) ★粘液 を


検便
してもらいました。

腸内細菌 通常でない桿菌が増えている。

腸粘膜からの出血が起きている


聴診 触診 視診 問診(飼い主の出番)

そこで 今回は

●腸粘膜を保護するための薬

●抗生剤(桿菌)の薬

改善したら止めていいということで 5日分処方して頂きました。

愛犬 愛猫の毎日で異変に気づいたら

受診〜聴診 視診 触診 しっかりと同時に

身体からのメッセージ

「検尿」「検便」「血液」「痰」「鼻水」「生殖器分泌物」「ふけ」「湿疹」

隠されたメッセージ しっかり検査してもらいましょう。。

歳をとり

肝臓腫瘍になり 栄養が不安定になれば

新たな病が出てきてもおかしくない。。

だからこそ・・・その病が 大きな痛み 苦しみにならないように 

早期検査! 早期治療! 再発予防


動物医療  最高の治癒力を上げるための看護(飼い主さん)

両方必要なんです。

熊本中の 日本中の

コトバなき動物の命に寄り添い

わんにゃんの笑顔になるように支えていきたいと思う。

Posted at 2016年10月14日 14時21分08秒  /  コメント( 0 )

セナちゃん ムクくん 次郎くんシニアわんにゃんケア

打ち合わせはこちら→
愛美ちゃん家族  在宅わんにゃんケア  




鶏胸肉 野菜 ドックフード



セナちゃん 快食 快便 メンタル面OK



ムク君   食欲 排便(軟便) 元気あり 

知らない人は苦手  しかしお肉は手から食べる事出来ました



次郎君   快食 快便 メンタル面OK

2わんず+1にゃん



3日間 パパとママが居なくても 体調を崩す事も無く

きちんとお留守番出来ました。

ムク君のように繊細なわんこは 知らない人が怖くて

ストレスになり 嘔吐や下痢になりやすいので

日頃から 人馴れも時々出来たらいいな〜と思いました。

Posted at 2016年04月03日 19時18分50秒  /  コメント( 0 )

桜の季節は発情期〜11歳リュウ君〜 シニアわんこケアつきお散歩

前回はこちら→
艶々〜11歳リュウ君〜 シニアわんこケアつきお散歩 




今日のリュウ君11歳


桜の季節   もみじの季節

わんにゃんは 子孫を残す本能でウキウキ そわそわします。

去勢手術している リュウ君もこの時期は

念入りの縄張り探索からのマーキング

マーキングの方法も変化があって かなり細かく掘り掘りしてます。

リュウ君の気持ちを考えて散歩コースも変更したり

この時期こそお散歩時間短いとイライラしたりしないように

週2回わんケア

質(内容)をあげます。その結果として体調を落とさないためです。


リュウ君のように 去勢していてもウキウキそわそわですから

去勢 避妊していない  犬猫は いつもと違う行動をするかもしれません。

脱走 逃走 喧嘩 怪我 交通事故 妊娠などなど

充分気をつけて欲しい季節です。

リュウ君のように健康なシニアわんこの場合では

心のケアを考える事はとても重要と思います。  続く

Posted at 2016年03月28日 15時32分44秒  /  コメント( 0 )

前へ |  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  | 次へ