メインメニュー
育わん育にゃん 健康相談 

子犬子猫行動の発達の重要性 幼齢動物看護講座 

前回→子犬子猫身体チエック 幼齢動物看護講座 

今回→行動の発達を知り心と体と健康へ導くために

●幼齢動物看護のノート写真

●ミルクボランティア 子猫写真

・胎生期 (妊娠期間 60日)

・新生児期(0〜1週齢)

・移行期  犬(2週齢) 猫(1週齢後半〜2週齢後半)

・社会科期 犬(3〜12) 猫(2~8)

・若年期  小型犬 (1歳)大型犬(2~3歳齢) 猫(6ヶ月齢)



・成熟期  小型犬 (10歳)大型犬(4~7歳齢) 猫 (10歳齢)

・老年期  成熟期の後


●母体の健康状態 栄養状態→ストレス感受性  免疫力弱い 

●新生子 →嗅覚・触覚 ◎  聴覚・視覚△ 体温保持△ 反射排泄必要

●移行期 →目と耳が開く(神経系発達)  脳 大脳(運動能力促進)
      よちよち歩く 自分で排泄  乳歯生える離乳食始まる

●社会科期→好奇心 探索行動 ボデイーランゲージ 咬む力抑制 狩ごっこ

犬(8~10週齢)→警戒心

猫(捕食対象 狩の手法)決定 早すぎる離乳→攻撃など引き起こす 性質行動の違い出るこの時期
 

■「社会化」生活の中で犬同士 猫同士 人や他種動物に適合する能力を持つ事

■「馴化」視覚刺激 聴覚刺激 などの状況に適合できるようになる事


成長過程の行動や発達を知る 動物看護師が

動物病院で地域で活躍出来れば

問題行動の犬猫さんが減ると良いな〜と思います。

Posted at 2020年07月09日 15時20分53秒  /  コメント( 0 )

子犬子猫身体チエック 幼齢動物看護講座 

前回→初乳 授乳介助 幼齢老齢動物看護講義 ◆ 

今回→子犬子猫の身体チエック

・頭部
・口腔
・耳
・目 眼瞼
・鼻
・胸部
・胴部
・臍
・皮膚
・四肢
・生殖器
・肛門
・神経系

心配なく順調にそだっているのか?

コトバなき子犬子猫の声

「変だぞ」に気付く人間を増やしたい!

早期に発見 早期に治療検査 

現在 学院の学生の皆さんによる

ミルクボランティアで育つ子猫さん

こねこちゃん 


こねこちゃん 

こねこちゃん 

母猫からはぐれ 遺棄された「命」

兄妹であっても 体調も体格も違い これからは性格も違ってくる事を

ミリクボランティアを通して 体験して勉強して欲しいです。 

「命」「健康」「幸福」には 看護する人によって変わる事を伝えたい。

そうして 学生の皆さんが これから 「伝えられる人材」となって

動物と家族を支え導ける 「人材 = 地域の宝 」になって欲しいです。

 

Posted at 2020年07月02日 16時52分44秒  /  コメント( 0 )

乳飲子 管理の大切さ 幼齢老齢動物看護講義 

前回→ 初乳 授乳介助 幼齢老齢動物看護講義 ◆ 

今回→実習=個々の管理調整の必要性

子猫1

子猫2

子猫3

小さな乳飲子が「保護」され 人間によって「育児」が行われる。

■準備する物  (粉ミルク 哺乳瓶 秤)(保育箱 温度湿度計 湯たんぽ) 
        (授乳チエック表)   (排泄管理表とケアグッズ)

■管理での注意点(健康維持 事故防止)(便秘 下痢注意)

■知識 観察力 行動力

座学での学び

体験からの学び

「子猫の生命力」から学び

学生の皆さんは 沢山の事を自分の力をつける事ができます。

これからは 成長に合わせ 行動の変化を学びながら

「子猫の健全な成長」を促せる様に 次回も 講義頑張ります。

 

Posted at 2020年06月18日 15時08分38秒  /  コメント( 0 )

初乳 授乳介助 幼齢老齢動物看護講義 ◆ 

前回→2ヶ月遅れ 2020年度 幼齢老齢動物看護講義   

今回→ 胎膜 臍帯 気道確保 体温調整 可視粘膜 初乳 移行抗体 授乳方法

22名(2名欠席)での90分

知っている事 と 知らなかった事

教わったて

「理解できているのか?」

ここがとても大事だと想う。。

自分で調べて わかっていたとしても 

それが 幼齢動物看護時に

「最善なのかどうか?」

を決断していく力を身につけて欲しい。


「お産」は病気ではないけれど

「安産にするか?難産にするか?」

「授乳 母乳にするか?人口哺乳にするか?」

個体(母犬猫)と(子犬子猫)の健康状態にて

ケアプランの変更が必要

そんな・・・小さな変化を キャッチしながら

正しい・・・幼齢看護できる人材になって欲しいです。

続く

Posted at 2020年06月11日 12時01分52秒  /  コメント( 0 )

背骨を真っ直ぐにしたい!小さなメイちゃん日記 32

前回→凄い!吠えないよ 尻尾振れたよ 小さなメイちゃん日記 31

メイちゃんのケアプランは 

)覆癖と夜寝無い  背骨の歪みと歩様矯正


今回→●今日のメイちゃん 背骨の様子 写真

週1回のわんケアでは ケアプランで ,鉢△魏善をしたいのです。

〔蟻緬覆┐改善中  運動不足により室内での興奮も改善中

◆ξち姿 歩行姿 走行姿 での背骨の様子チエック

 ・ウサギ走り減らす 正常歩様増やす

 ・ベランダ出るための垂直ジャンプ=筋肉増ですが腰への負担気をつけてもらう

 ・体重増加注意 → 脂肪は減らし筋肉(背筋 腹筋)つける = 体力つける 


※メイちゃんのケアプランの成果は出ています。

これからは 梅雨と夏になると屋外芝生や土の上での「運動」が減るので

この季節には ご家族と共に

楽しく 走ってもらったり ボールを追いかけてもらったり お山の坂の上り下り

毎日コツコツ 続けてもらうと 背筋と胸筋と腹筋は出来ていくと思います。

大地から太陽から森林浴から 動く事で

夜は 穏やかな眠りへ繋がると思います。 引き続き

規則正しい 起床 食事 運動 知育遊び 睡眠を意識してもらうように

サポートできる 動物看護師でありたいです。続く

Posted at 2020年05月12日 19時20分21秒  /  コメント( 0 )

ウサギ走りと背中の曲がり 小さなメイちゃん日記 28

前回→●寝起きからの筋肉トレーニング 小さなメイちゃん日記 27

今回→滑らない場所(爪が大地を掴みしっかり踏み込む)歩行走行練習
 
●後肢揃えて走行とストレッチ

背骨は湾曲していませんが 公園で立つ時 歩く時 走る時 どうしても

前肩が低くなり後肢は跳ねる様に走行  動物病院では 関節が硬いと言われたそうである。

・猫背にならない背筋

・お尻を高くする姿勢をまっすぐな背筋

・背骨が下垂しなる背筋

通常は 股関節形成不全 膝蓋骨形成不全 肥満など 滑る床 後肢ジャンプ など

原因が明確な時は修正しやすいと思います。

メイちゃんの場合 成犬になって これからは より健康な肉体を

作って欲しいので 引き続き 動物病院でリハビリとストレッチ方法手に入れてもらい

在宅では 毎日 しっかりと踏み込みできる歩行 と 後肢でのピョンピョンジャンプ

注意してもらうことにします。

人見知り吠え癖も減り長く吠えなくなりこちらは順調です。

元気 活動量 食欲 睡眠も安定しているので 引き続き

しっかり 正常な筋肉と関節を育てて欲しいです。 続く 

   

Posted at 2020年02月25日 17時26分07秒  /  コメント( 0 )

寝起きからの筋肉トレーニング 小さなメイちゃん日記 27

前回→ 雨の日はお出かけ!メンタルトレ 小さなメイちゃん日記 26

今回→背骨が曲がり 歩幅が狭い(筋肉 腱 背骨ケア)
●お山テクテク動画 /猶討肇ート気になる

●お山テクテク動画◆ー宅方向気になる



■身体チエック:元気 食欲あり 排便◎ 排尿◎ 歩様○  背骨△

■メンタルチエック:不要に吠えない 吠えても泣き止む ママいなくても大丈夫

→知らない人の時 知っている人の時 吠えた後の声かけ方を統一 

■生活リズム:起床時間 運動時間 飲食時間 遊び時間 リラックス時間 睡眠時間 整える

→夜更かし減 食欲不振減 吠え方変更あり(時間 質) 

生後1歳半 これからの体と心を パクパク テクテク スヤスヤが当たり前に

より「健全」に整えられたらいいな〜と思います。

続く

Posted at 2020年02月10日 14時19分58秒  /  コメント( 0 )

11ヶ月齢 毛布食べる 咬む なんとかせねば!!

前回→9ヶ月齢 毛布食べる「犬さん」なんとかせねば!!

今回→ブラッシング嫌がる事 散歩の事 カウンセリング

■悩み

^枴かじる →問題行動

異物飲み込む→「異物=毛布」問題行動有り

K覆┐襦  、吠える理由(怖がる)行動

ご迭み   →問題行動

セ曲睇櫃る →お決まりコースは◎  本日初めて公園のグランド走れる

η喃管理  →ストレス時注意

毛玉取り  →嫌がるやり方 ブラッシング方法変更

■在宅ケアプラン

<身体面>
・毛艶 骨格良好 耳の後ろ毛玉注意
・踏み込みできる床にする 滑らない工夫 ジャンプさせない
・永久歯は揃っているので 歯磨き
・運動量を増やし 背筋を鍛える 
・散歩時マーキング始まる(そろそろ去勢手術
<メンタル面>
・知らない人 知らない道 犬 → 声かけ 挨拶 を増やして改善
物音 物陰 怖がる → 声かけして慣れさせる
・ご家族との信頼関係を深くする(アイコンタクト 指示)
寄り添って寝姿みせるようになる
<行動面>
・遊びたい気持ち満たす →改善
・内弁慶にならないように楽しみを増やす(知育玩具 かくれんぼ)→もう少し
・車移動も楽しいに慣らす(休憩 柑橘香り 短時間から練習)→もう少し
・興奮させない声かけでコントロール →改善

※家族になって 4ヶ月半 

ペットショップでの生活から現在の生活へ

着実に「絆」が刻まれています。

苦手や問題行動も改善が見られていて「安心」しました。

引き続き 楽しい生活になるように 育犬サポート頑張ります。続く

Posted at 2020年02月03日 15時04分09秒  /  コメント( 0 )

9ヶ月齢 毛布食べる「犬さん」なんとかせねば!!

●12月7日  電話相談
●12月18日 カウンセリング


ペットショップにて購入して3ヶ月
現在 9ヶ月齢 ♂

■悩み

^枴かじる →「NO」教える かじる為の「おもちゃ」厳選する。

異物飲み込む→「異物」を遊びにしない。「異物」をオモチャにしない。運動や知育玩具で脳トレ

K覆┐襦  、吠える理由(怖がる)「合図コマンド」を送り「静かに」を教える

ご迭み   →手は絶対噛ませない。オモチャやガムを使う

セ曲睇櫃る →家族がリーダーとなり安心できる関係を作る。お散歩場所 距離延ばす。

η喃管理  →お留守番の間我慢しないでいいように室内の居場所配置交換

■在宅ケアプラン

<身体面>
・食事ドックフードはパピーからアダルトへ変更 おやつ添加物止める
・踏み込みできる床にする 滑らない工夫 ジャンプさせない
・永久歯は揃っているので 歯磨き
・運動量を増やし 背筋を鍛える 

<メンタル面>
・知らない人 知らない道 苦手なので少しずつ慣らしていく
・ご家族との信頼関係を深くする(アイコンタクト 指示)

<行動面>
・遊びたい気持ち満たす
・内弁慶にならないように楽しみを増やす(知育玩具 かくれんぼ)
・車移動も楽しいに慣らす(休憩 柑橘香り 短時間から練習)
・興奮させない声かけでコントロール


7日から トリミング後の皮膚の状態(バリカンかぶれ)が気になり
少しずつ毛布をかじる事は減ってきた。
17日では 初めての私にもすぐ慣れて 頭がいい子なので
引き続き 身体面 メンタル面 行動面
より健全に繋げれるように サポートします。 続く

Posted at 2019年12月19日 16時07分18秒  /  コメント( 0 )

食べない・吠える・背筋対策 小さなメイちゃん日記 19

前回→●あらら・・・・嘔吐あり元気あり小さなメイちゃん日記  2018・9月

今回→食欲のムラ テリトリーない吠える 筋肉強化 偽妊娠 2019・9月
○初カートでお散歩めいちゃん

●めいちゃん 走れ動画


■ケアプラン 今月4回コース

 ̄親案睛董〇間 →正しい歩行 背筋 脊椎整える 楽しい散歩

▲瓮鵐織詭漫、家族と関係以外の接し方 遊び方体験させる(めいちゃん練習)

K覆┐觧  →原因を把握 興奮抑える方法(飼い主さん練習)

な盥堽蓮〜行力 持久力 → 背筋 胸筋 腹筋 足筋肉

ゥ灰潺絅縫謄ー →家族の抱っこ減らす 犬さんの遊ぶ姿見せる お散歩コース

※来客への吠え方 ※食慾のムラ ※背線の歪み


今からしっかりと身につけて めいちゃんもご家族も

悩みや心配が減るといいな〜と思います。 続く
  

Posted at 2019年11月05日 16時52分09秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  | 次へ