メインメニュー
育わん育にゃん 健康相談 

お風呂って何!!克服 8/8 一歳 キトンにゃんケア 

前回⇒●健やかに成長中「はじめての駆虫剤」 キトンにゃんケア  2018.10.30

今回⇒●シャンプー嫌がる悩み相談 訪問サポート
●もうすぐ1歳写真 トラさんクロさんヒメさん 2019.7.29

前回から病気する事もなく とても健康的に成長

自宅にて シャンプーを試してもたけれど 「警戒」して

なかなか 上手くいかないとの事でした。

実際の3猫さんを見て見ると

/搬料歓箸鮨┐蕕擦襦 

爪切りも出来る   ◎

抱っこや拘束やお風呂は苦手 △

衛生管理の対策=代替え案

ザ貅蠅鰺解⇒出来るように誘導⇒苦手の克服

骨格身体成長順調⇒子猫用から成猫用へ移行

 
■ケアプラン■

3(4)兄妹は箱に入れられ遺棄

生後すぐ保護 4時間置きの授乳保育

眼を開けた時の世界は
 
優しい人間の手と声と愛情。 

猫の本能や習性や行動を理解してもらい

それぞれ個性を伸ばす生活へ

これからも「焦らず 諦めず 楽しく」

「ニコニコ」へ導けたらと思います。

★トラさん:繊細 ★クロさん:慎重 ★ヒメさん:芯強い

幸せな3猫さんとご家族の日記 サポート頑張ります。 

続く
 

Posted at 2019年07月30日 14時27分04秒  /  コメント( 0 )

三兄妹旅立ちの時 ちびちゃんママ日記 

前回⇒生後1か月初三つ子育て!!ちびちゃんママ日記

今回⇒三つ子 三兄妹 ♂ 譲渡決定のお知らせ

●三兄妹 イラスト
●祝 三兄妹の♂写真 譲渡決定 


出産から離乳まで 初子育てとても上手なチビさんでした。

これからは 三兄妹の♂と♀の里親さん探し

ママのチビさん不妊手術と里親さん探し

迷い猫だった みきさん(ちびさんの母親)が保護され

安心な場所で6頭の仔猫が産まれ大きく成長しました。

2頭は譲渡されましたが チビさんの兄妹が3頭里親募集中です 

熊本地震の被害の大きかったこの地域 

飼い主さんとはぐれたり 野良になったり 保護されたり

野良になって 病気になって 雨に濡れる場所でお産し子育てし

カラスに狙われ ウイルス性の病気で目が見えなくなって

疥癬やノミダニでぼろぼろになって 

猫さんにも色々な事が 地域では起きています。

しかし ちびさんの様に保護され 小さな命を守り幸せに繋がる事が

もっともっと増えたらいいな〜と思います。

「幸せな毎日になって欲しい」

里親さん募集中 拡散発信 よろしくお願いします。 続く

Posted at 2019年07月07日 19時35分48秒  /  コメント( 0 )

生後1か月初三つ子育て!!ちびちゃんママ日記

前回⇒初三つ子育て!!ちびちゃんママ日記

今回⇒生後1か月 成長は順調
●写真はこちら


●動画はこちら
そろそろ 離乳食と子猫用(登りやすい)トイレの時期となります。

同時に 里親さん探しも ピッチを上げて発信をしていけるといいな〜

と思います。

ママさんもまだ授乳させてますが

次の発情期で脱走やイライラにならないように

不妊手術の準備も予定してもらってます。

引き続き 3子猫とママの健康管理ケア頑張ります。

Posted at 2019年06月28日 12時03分30秒  /  コメント( 0 )

生後4日目 初三つ子育て!!ちびちゃんママ日記

前回⇒●2019.5.29 ちびちゃんママ日記 

今回⇒三つ子猫とママの健康状態チエック

☆三つ子猫体重測定&授乳中写真

■チビちゃん(ママ):元気◎ 食欲◎ 排便◎ 排尿◎ メンタル面◎ 悪露無し 

※乳腺が張るので時間がある時にマッサージ
※朝昼夜 自然光を浴びる時間
※気分転換の時間

■三つ子猫:特徴個体識別(顔の黒模様 みぎ ひだり 両方)性別
体重測定(150.150.160)毛艶◎ 関節の動き◎ 吸引力◎ 臍帯◎


※ママ猫さんも三つ子猫さんも心身の健康状態順調なので一安心

●予定外の妊娠出産 保護主さんピンチ!


ママ猫と兄妹3頭ぁ.泪淒の親みきちゃん 

今回の三つ子猫 合計 8頭

里親さん探し頑張ってもらえるようにサポート頑張ります。

続く


●予定外の妊娠出産 保護主さんピンチ!譲渡活動スタート

Posted at 2019年06月02日 15時54分49秒  /  コメント( 0 )

生後8か月猫 初産 ガンバレ!!ちびちゃんママ日記


動物看護師による
助産 乳揉み 新生子猫
ケアマネージメント


お産は病気ではありませんが 

初めての場合 幼い年齢の場合 高齢の場合

多仔 過大仔 逆子 未熟児  

母猫の健康状態  精神状態 落ち着く環境 などなど注意が必要 

チビちゃんの場合
(初めての発情による妊娠)

2018.9月生まれ(6兄妹) 不妊手術は6月の予定中

なんと そんな時「お腹が大きいような?」と相談

2019.5.21 一番小さいチビさん予想外の妊娠疑い?

2019.5.23 動物病院 妊娠確認

※予定日不明 ※頭数4〜5頭 ・産床準備


2019.5.28 食欲減る 産床入る

2019.5.29 産床から出てこない

AM10時 1頭目出産 (胎盤・臍帯処理◎)

乳房カチカチ⇒マッサージ⇒ミルク出る 
 
PM1時 母猫の乳房へ初乳摂取確認
 
PM2時40分 2頭目出産 3頭目出産(胎盤・臍帯処理◎)初乳摂取確認

PM18時  お腹ぽっこっり 陣痛無し⇒ ※食事 飲水 排泄準備

※気分転換 ※マッサージ 

●チビちゃんは 初めてのお産ですがリラックス出来ているので安心
●新生仔ちゃんたちもミルクトレッド開始◎

引き続き 在宅での助産育児サポートします。

.泪泙侶鮃状態 (食事と飲水管理 呼吸・陣痛の様子 母乳の出かた) 

∋卩の管理:観察(個体識別 性別模様)・体重記録(計量秤)・環境管理(温度湿度)


続く 

Posted at 2019年05月29日 17時43分18秒  /  コメント( 0 )

早期診察が重要

知り合いの マルチーズ ♀ 8歳

乳腺腫瘍がある。。

大きくなる前に これからの事 主治医と相談してもらう。



片目がショボショボしている。。


薬局で人間用の点眼薬をつけたそうである。(危険)



とにかく

きちんと動物病院で 眼球の傷や眼圧 検査を勧めました。

8歳なので 一般身体検査(心臓・肝臓・腎臓 全て)

小さな小さな変化でも

動物病院で 


身体丸ごと診察 早期に診察!! 


病気から守って欲しいです。

Posted at 2019年05月21日 14時40分01秒  /  コメント( 0 )

海(うみ)君成長日記  3歳 健康&栄養チエック

前回⇒
海(うみ)君成長日記  2歳 健康&栄養チエック  


今回⇒先代オリオンママさんの4回目の命日5月10日

オリオンママさんとオリオンさんは天国ですが

きっと いつも 海ちゃんとご家族の近くに居てくれていると思います。


●5/10の海ちゃん ♂ ニコニコ


昨年の悩み⇒変化あり

■咬み癖 ⇒プラスチックがお気に入りなので注意引き続きトレーニング中 

■引き癖 ⇒なし 良好 

■抜け毛 ⇒ブラッシング 良好

毛艶 被毛 骨格 関節 身体は今年も「問題なし」

無駄吠えもなく動きにも落ち着いてきました 

油断せず「誤食 誤飲」と甘えん坊なのでメンタルケアは

充分注意してもらうように お伝えしました。 続く

Posted at 2019年05月11日 16時12分03秒  /  コメント( 0 )

本日保護 胎盤臍の緒付♀こねこ 母猫行方不明 保護日記 

本日 保護者からのSOSの電話

壁に胎盤が付いて動けない子猫

母猫不在確認 臍の緒と胎盤を切り離し

段ボール箱 湯たんぽ保温 子猫ミルク授乳

「保護チーム」によってきちんと出来ていました。

育にゃんケアマネージメント

’嘶の管理 (記録表 便秘 下痢 尿量 尿色) 

⊆乳の管理 (核酸入り粉ミルク 飲める量)※核酸

B僚伝加管理(授乳前と授乳後の測定)※計量秤

た搬琉枉鑞無(四肢動き 四肢の血行 可視粘膜 成長速度)

ノた討気鹵気掘.潺襯ボランティア探し(チラシ作成 SNS発信)

ζ以看護師含むネットワーク(子猫チーム 連絡LINEグループ 情報共有)




ぽつんと置き去り

「小さな命」

優しいお姉さん達のネットワークにて「保護チーム」出来ていました。

ケアマネージメントをしっかり 動物看護師がサポートして

「幸せな命」へ

私も頑張ります!!  続く

Posted at 2019年05月10日 16時55分21秒  /  コメント( 0 )

犬猫の産婆で!!初めてのお産 帝王切開 授乳 離乳 まで

動物看護師として

安全で健康なお産になるため ⇒母犬母猫支援(交配相手 出産準備 助産 授乳介助)

心と身体健康な成長のために ⇒仔犬子猫支援(健康チエック 接し方 離乳 予防)

犬や猫は「安産」と思われがちで

簡単に準備も知識もなく「交配」される事が無いように

「妊娠」したら しっかり 飼い主さんがサポートして欲しいです。


※交配させる時の♂の選び方は?(遺伝性疾患有無 ♂犬の血縁情報 難産犬猫種)

※陣痛がいつ来るのかわからずドキドキする時は?(妊娠期間 産床 大きさ 受け入れ病院)

※妊娠中 お産時 授乳 離乳までの母親の栄養管理は?

※母親が授乳しない時は?
●初めてのお産 帝王切開 子育て

※仔犬子猫が元気ない 体重増えない時は?


とにかく お産は病気ではありませんが そもそも難産にさせるような交配は

避けて欲しいのです。(高齢 虚弱体質 未熟児 骨盤が狭い 遺伝性疾患 食欲不振) 

母体や仔犬子猫にとっても 「マイナス」なお産になって欲しくないのです。

妊娠させる前から 交配の相手 お産の時期 母犬猫の健康状態

しっかりと妊娠可能なのか?「健康診断」と

充分なサポートが出来るのか?「お産育児知識」を身に着けてもらいます。

人間だったら 妊娠準備して その後 母親学級 父親学級 育児相談

産科の医者や看護師 助産婦や地域の保健師さん プロの手により支え守られます。

犬や猫さんも同様に・・・「愛犬愛猫のお産支援学級」を受けて欲しいです。

■動物看護師によるライフステージサポート
〜犬猫問題解決NOTES〜
http://cplus.if-n.biz/5002546/article/0472737.html

※犬猫問題解決NOTESご希望申込み⇒ http://cap-masuko.com/contact.html

地域に密着した 動物看護師による 

助産 育犬猫介助 母体健康回復 利用して欲しいです。

Posted at 2019年04月16日 15時44分04秒  /  コメント( 0 )

哺乳類における幼少期環境の影響について

平成30年度 動物取扱責任者研修会

哺乳類における
幼少期環境の影響について

東海大学 農学部 応用動物科学課
分子神経性物学研究室
助教授 今井早希先生

●なぜ 生後49日以内の犬猫の引き渡し等が禁止なのか?

1.母子分離が発達へ及ぼす影響

2.モデル動物を用いた科学的裏付け

3.伴侶動物における実験事例

*「ベビースキーマ」 
1943年、動物学者コンラート・ローレンツ先生 かわいい法則 

*「ホスピタリズム 施設症」
原因:母子剥奪《母子引き離し)

*「愛着障害と愛着理論」
子どもの心の健康な発達にとって母親(養育者)との安定した関係必要

*「コルチコステロン」ストレスホルモンが出来る

*「回避学習 うつ様行動」

*「Usp46 遺伝子突然変異マウスー子を傷つけ食殺」

*「ネガティブフィードバック」
長い母子分離はストレス耐性を下げる
グルーミングでストレス耐性が高まる

「エピジェネティクス」

*「ネコの早期離乳は攻撃性を増加させる」フィンランド



動物取扱業の現状と
関係法・基準について


熊本市動物愛護センター

●第一種動物取扱い業の現状
●取扱い業に関わる法令〜 基準
●展示動物の飼養及び保管に関する基準
●飼養放棄の要因から考える終生飼養
■環境省DVD


■研修会を終えて

講師の先生から大学で研究された事例や科学的根拠などを知る事によって
動物看護師として 動物愛護や福祉に携わる者として 貴重な時間となり
日々の仕事や任務に取り入れ コトバなき動物の為に役立てたいと思いました。

人も犬も猫も 健全な 身体的行動的発達には

ー匆餡輯の順化 ▲好肇譽糠喀 4超整備 が必要と確信しました。

Posted at 2019年02月15日 16時48分00秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  | 次へ