メインメニュー
わんこ&にゃんこメンタルケア

お留守番頑張るわん! 宙ちゃん ひなちゃん わんケア 

前回⇒歩様チエック!いい筋肉つけたい! 宙ちゃん シニアわんケア 

今回⇒宙さんだけではなく ひなちゃんも一緒です。

宙さん:元気◎ 食欲◎ 排泄◎ 表情行動◎

ひなちゃん:元気◎ 食欲◎ 排泄◎ 最初緊張でしたが慣れる◎

ご家族の緊急なお出かけ

神経細やかな犬さんの場合

食事も摂れない 排泄もしない 寝れない 

ひどい場合 嘔吐や下痢になる事もある

宙さんもペットサロンホテルで「食べない飲まない排泄しない」経験あり

しかし

私が一緒の時は 「安心」してくれるようになりました。

少しずつ 焦らないで 練習って必要だな〜と思います。

人間でも 慣らし保育に行ったり 集団生活に慣らしたり

事前に準備が行われます。

怖がりさん 神経細かい場合 高齢 病気などなどの場合も

しっかり準備が出来たらいいな〜と思います。

 

Posted at 2019年08月11日 17時18分59秒  /  コメント( 0 )

依存克服ショートステイ!ジルさんガンバレ日記 

前回⇒眼をこすらないで〜〜〜!お願い!ジルさんガンバレ 

今回⇒家族の旅行とジルさん1泊2日メンタルケア

●ショートステイ散歩写真

●ショートステイ膝上寝落ち写真

●ショートステイ記録

/欲 飲水(持参の食事 夜朝2色 おやつ)

排尿 排便(便が少し固め少な目)

散歩   (元気に歩様問題なし) 

ぅ泪奪機璽検粉蕁$堯’惷據

タ臾音間 (落ち着いてスヤスヤ) 

Ε瓮鵐織詭漫文緜匹い覆掘|妓ゝな)

注意点  (排便時失禁)⇒直腸の動き改善へ

訪問散歩(デーケア)やショートステイ経験済みなので

今回もジルさんのペースで生活できていました。(よかった)

ジルさんには 「嫌い!」な事があるので

それらを配慮して1泊2日「楽しく頑張った」と

終える事できるように・・・最後までサポート頑張ります。

続く

Posted at 2019年07月31日 16時43分28秒  /  コメント( 0 )

飛びつく行為でピンチ 保健所から222目 怖がりのリュウさん日記 60

前回⇒保健所から215日目 怖がりのリュウさん日記 59

今回⇒夜の散歩で人や犬に飛び掛かる!!なんとかしたい!!

●リュウさん写真 2019.7/29


週2回コースで リュウさんの散歩を担当していますが

嬉しくなると「引っ張り」行動

犬や人見ると「引っ張り」行動 になりやすいので

立ち止まって 落ち着かせて 少しずつ進めば

ぐんぐん引っ張り続ける事は制御できます。

「飛びつき」行動は 私との散歩の時は、ないです。

きっと 飼い主さんの時は 「コマンド(指示)」

リュウさんに 届いていないのだと思います。

怖がりな性格は根っこにあるので 暗闇や知らない人や犬は

嫌なはずなので そこを 飼い主さんへ説明したいと思います。

犬さんには 犬さんの行動変化にわ理由があることを

もっともっと わかり易く 伝え

共に幸せな生活 を送って頂けるように サポートします。続く

Posted at 2019年07月29日 15時03分47秒  /  コメント( 0 )

雨上がりの散歩〜保健所から215日目 怖がりのリュウさん日記 59

前回⇒堂々と走る〜保健所から167日目 怖がりのリュウさん日記 58

今回⇒嬉しい時間 リュウさん 動画

雨の日が続き

いつも大好きなグランドは 大雨によって池の様になっていましたが

その景色を見ながら 楽しくお散歩しました。

リュウさんは 生後6か月まで 飼い主がいなく母犬と兄妹犬との野犬生活

草むらが大好き 水溜りで水飲む など習慣が残ってます。

知らない物体 聞きなれない音 には まだまだ怖がりますが

その度に 「物体の名前は○○だよ」「怖くないよ大丈夫だよ」

「この音は○○の音だよ」「びっくりしたね!大丈夫だよ」

と伝えながら 馴れていくようにわんケアしています。

保健所からの譲渡7か月 まだまだ 知らない人や音など怖がったり

犬に対しても興奮する時とそうじゃない犬がいたり します。

引き続き リュウさんの社会生活がニコニコになるように

リュウさんとご家族のサポートしたいと思います。  続く

 

Posted at 2019年07月22日 18時35分22秒  /  コメント( 0 )

愛犬を連れて 突然の引っ越し 安心な暮らしの為に

愛犬や愛猫との暮らし

しかし

様々な理由で 突然お引越しをしなくてはならない事が有ります。

〆匈音の避難所や避難先の場合

已むおえず住まいの退去の場合

飼い主さんが入院入所等の場合

準備されていた場合は 不安は少ないのですが

●準備が出来ていないと 

・生活用品あれもこれも無い⇒生活難

・慣れている環境では無い ⇒ストレス

・家族との離ればなれ   ⇒ストレス

⇒飼い主さん体調崩されたり

⇒犬猫の場合 嘔吐 下痢 食欲不振 排泄失敗 便秘 睡眠障害 イライラ


●そこで 

・自助力:自分の出来る事は自分で準備

・共助力:自分ではできない所は誰に頼むか準備

・専門知識支援:動物看護師とソーシャルワーカー(人)

●注意点

・犬猫の性格《自立度 依存度 社会性 内向性 》

・犬猫の体調《既往症 障害度 看護介護度 》

・受け入れ先《ペット可 ペット不可 民間有料 一時預かり無料》

・期間と世話出来る時間《短期 中期 長期 》

・飼い主さんや親族の考え《経済面 衛生面 倫理面》

※犬猫にとっては 大好きな飼い主さんと大好きな家が一番

しかし 万が一 それが出来ない時 どうか・・・・

飼い主さんも動物も 

不安にならないように気持ちが凹まないように

心の準備も必要 仲間も必要 お金も必要 時間も必要

ひとりぼっちでは「しょんぼり やる気↓」になりやすいので

そんな時は すぐ 相談してもらい ケアプランを立てます。

動物にとっては 突然の環境変化は理解や順応出来にくい場合もあります。

体調の変化が起た場合は 対応をサクサクして通常に戻れたらいいな〜

と思います。

身体も心も健康で元気に保てるように(保健) 動物看護師として頑張ります。 

Posted at 2019年07月19日 15時13分50秒  /  コメント( 0 )

今度は 5泊6日=== お留守番頑張る メンタルにゃんケア

前回⇒はじめての2泊3日 お留守番挑戦中 メンタルにゃんケア

今回⇒

ご家族が大好きな 犬猫さん

知らない場所も知らない人も苦手な 犬猫さん



命ある間には 犬猫さんにも 飼い主さん家族にも

様々な事が起きます。

犬猫さんの

病気や怪我で入院の時の気持ちはどうでしょうか?

ご家族の旅行でお留守番の時の気持ちはどうでしょうか?

避けられない事態が突然起きても

最小限のストレスになるように・・

「事前予測 事前準備」がとても大切と思います。

■犬猫問題解決NOTES 万が一預ける時どうする?

今回は ご家族のお怪我より翌日から入院

飼い主さんの緊急手術4〜5日の予定

日頃から「メンタルにゃんケア」の準備をされていたので

電話一本で 段取り取り 安心して 治療へ

寂しい気持ちは避けられませんが

寂しい気持ちが少しでも軽くなるように・・・

大好きなおやつ

大好きな景色

大好きなおもちゃ

大好きな声かけ

お気に入りのトイレセット

お気に入りのお水入れ

などなど でにゃんケア担当したいです。



大好きな人が居なくとも 最善な状態でお留守番できるように

動物看護師の メンタルにゃんケア 頑張ります。

Posted at 2019年07月05日 19時34分41秒  /  コメント( 0 )

はじめての2泊3日 お留守番挑戦中 メンタルにゃんケア

初めての大好きなママが居ないお留守番

初めてのママさんも心配

しかし 少しずつ少しずつ

色々な体験をしてもらう事もこれから先に必要です。

●動物病院での診察

●動物病院での入院

●ホテル施設のショートステイ

●在宅での訪問看護

●災害時避難所生活

●災害時の車中泊

初めての事が 苦手な事が 乗り越えられるように・・・

今回は 打ち合わせを念入りにしてあったのですが

ママ不在では 警戒あり (1回嘔吐あり)

しかし金曜日 土曜日 日曜日と時間が経つほど

ママ居る時のいつもの姿へ

排泄も食欲も遊びも絶好調

人間の子供の場合

〜慣らし保育〜 〜お泊り練習〜 〜お出かけ〜

社会性を少しずつ子供の性格や成長に合わせて

焦らず行うけれど・・・犬猫の場合出来ていないケースがあります。

家族の一員になったら 愛犬愛猫の性格成長にあった

社会化馴化体験を出来たらいいな〜と思います。

ご家族だけ 自宅だけが特別な居場所となり 

大きなストレスになる前に ご家族の接し方や体験方法

そんな メンタルケアをマネージメント出来るように

動物看護師として 頑張ります。

Posted at 2019年06月23日 19時07分20秒  /  コメント( 0 )

堂々と走る〜保健所から167日目 怖がりのリュウさん日記 58

前回⇒保健所から124日目 怖がりのリュウさん日記 57

今回⇒●動画:グランドでビュンビュン走る!!

●メンタル面

野宿生活6か月(母犬・姉弟犬)

保健所の生活6か月

今の生活になって5か月半

生後から保健所生活の中で体験無かった全て

様々な日常

眼に見える物 耳に聞こえる物 

鼻で匂う物 皮膚に感じる物 

口で味あう物  魂で感じる物

怖がる物を一つずつ馴らしていく(音 人 見たことない物)

リュウさんの行動の変化

・木の下地面や草むらで寝る ⇒タオルの上に寝る時もある 

・食器嫌がる ⇒プラスチック ステンレス慣れる 

・身体を触らせない ⇒頸 背中 お尻触らせるブラッシング可

・人に寄り付かない ⇒毎日会う人には匂いを嗅いだり出来る 

・音に敏感怯える ⇒金属音 子供の声 怯えない 

●健康面

・混合予防注射 ・フィラリア予防 ・ノミダニ予防

・皮膚被毛シャンプー 

・爪切り 耳掃除 肛門腺 

・デンタルケア

・ドックフード選び(去勢したのでカロリー計算必要)
 
リュウさんの●メンタル面 ●健康面 ●ご家族との関係(散歩の質)

随時ケアプランを整えていけたらと思います。  続く 

Posted at 2019年06月04日 19時15分45秒  /  コメント( 0 )

飼い主さんと暮らせるまで ちーちゃん  わんケア日記 

前回⇒飼い主さん 再入院 どうする?ちーちゃん  わんケア日記 

今回⇒入院先より ちーちゃんの写真とメッセージ

●14歳♂ ちーちゃん


4月19日から飼い主さんと離れ離れになったちーちゃん

※飼い主さんの無事を願っていると思います。

誰にも相談されないで 手遅れになったり

犬猫がいるから 入院を拒否され病状や現状が悪化する場合があります。

そんな時こそ 動物看護師の出番だと思います。

愛犬愛猫のメンタルを考えてあげなきゃと思います。

ちーちゃんの場合も「知らない所」ではなく

「なじみの人」「なじみの場所」がいいし 

「知らない犬猫」との生活それぞれのメンタル面の考慮しながら

最善の環境へ繫げる事が必要と思います。

そうして 飼い主さんへは安心して治療してもらってコツコツ1日でも早く

ちーちゃんと飼い主さんが 共に笑顔で暮らせる日を目標にしたいのです

飼い主さんの事は担当の医療や行政やご家族や地域に支えられることを

心から祈ります。続く 

Posted at 2019年05月18日 14時01分57秒  /  コメント( 0 )

いよいよ始まる 看板犬 サージュ君の甘えん坊対策 

前回⇒光の森 看板犬 サージュ君の甘えん坊対策 

今回⇒ドックトレーナーさんご紹介⇒しつけ教室始まる


●新しいリードに歩きやすい 持ちやすい

●草を食べたがる いつもと違う?原因あり。

(ストレス除去できない場合は健康管理注意)



●散歩の後 スヤスヤ(足先をガジガジ要チエック) 

●興奮や要求吠え接し方スタート


●食物酵素 ヴエルキュア 
※ドックフードや加熱手作り犬猫さん必要
※消化酵素補助⇒代謝酵素へ使う


サージュ君の吠える行動は 接し方が少し変わりどんどん変化しています。

これからの生活において 必要なしつけを身に着けて貰えたらいいな〜
と思います。 続く

Posted at 2019年05月06日 16時55分17秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  | 次へ