メインメニュー
看護・介護

歩き始め注意!ちろりん君 再発予防わんケア

前回⇒後ろ足麻痺!ちろりん君 再発予防わんケア

今回は  ちろりんケアプラン
●お留守番が楽しい時間  (お気に入りの散歩コースと仲間)
●椎間板ヘルニアの予後チエック(歩行の様子 疲労の様子)
●結膜刺激 涙目ヤニのチエック (散歩後や乾燥時の洗浄)



■寒くてお友達犬さんには出会わなかったけれど 

高校生のお兄ちゃん達や犬好きな方々へ声かけて貰い 嬉しそうでした。

夏は歩きたがらないけれど 今回はちゃんと歩けました。

★後ろ足が揃えて走る姿★ 椎間板ヘルニアをかばっているのか?


注意点

,韻泙弔譴襦、容Г濬个校など 後肢だけでなく前肢にも起こる。

⇔笋燭ど 埃 紫外線 乾燥 どんな時に涙が出て目ヤニになるか?

H乕罎隆チ腓籬擇漾 焚浩21で安定中)

ぅ瓮鵐織襯吋∧法 (お留守番も負担になっていない)

ちろりんわんケア 続く

Posted at 2017年12月13日 12時08分26秒  /  コメント( 0 )

前足断脚ではなく形成手術!!こてち君日記

前回⇒右前足大けが!!こてち君日記


なんとか 壊死させないで断脚させたくない!!の想いが届くように

毎日の洗浄 ガーゼ交換 栄養管理 ストレスフリー生活

12/9

12/10

12/11

11日は1週間に1度の再診の日

■こてち君の傷の状態

・患部の皮膚が盛りあがってきて良好

・同時に化膿もしやすいので時間がかかる

・皮膚の再生を助ける形成手術を勧める

(右前足患部 肩からの切断 肘下からの切断はしなくていい)

■飼い主さんの要望は出来る限り断脚は避けたい。

獣医さんより 図を描いてもらい細かく 

飼い主さんへ「説明と同意」インフォームドコンセントが

行われ そのまま入院 手術になりました。

3日後退院後は

こてち君の「自分の治癒力アップ対策!!」

栄養と保養を強化させたいと思います。

Posted at 2017年12月12日 12時47分40秒  /  コメント( 0 )

嘔吐!下痢!発症 早期検査と治療 3兄妹 ニャンズ日記

前回は→優しい涙!!3兄妹+シャローム兄+ラスクちゃん ニャンズ日記

■2017年12月3日 

早朝:ムースちゃん♀ トンボおもちゃのヒモ(約30cm)を食べる 元気有り

9時:動物病院診察 エコー検査 催吐剤注射(+拮抗薬)

11時50分:ヒモ出る


※ムースちゃん帰宅後 グルトちゃん♂ サブレちゃん♂ 

興奮 威嚇行動 ストレス(有)

■2017年12月5日

サブレ下痢あり 3頭元気あり グルト&ムース 食欲なし

■2017年12月6日

夜:嘔吐 サブレ4回 ムース4回 グルト1回 

■2017年12月7日

朝:熱無し 飲水あり嘔吐無し (サブレ食欲ありだが嘔吐 ムース・グルト食欲無し)

■2017年12月8日

11時:動物病院受診⇒ 3頭 聴診 触診 視診 エコー検査

ムース&グルト 熱あり

3頭⇒胃壁腸壁は肥厚や炎症はなし 胃腸の動きが弱い

3頭⇒炎症抑える薬 胃腸の動き促進薬 処方

考えられる原因の一つとして(食事の変更? ストレス?)という事で

食事の種類を元に戻すと癒しのスキンシップ 

■2017年12月9日

朝:3頭 熱なし 嘔吐無し 

※グルト&ムース食欲無し

※投薬時 ムースちゃんがいじけたので 与え方の方法を変更アドバイス




動物病院では 3にゃんずはおとなしく検査や治療が出来ますが・・・

内心は「バクバク!!」なので 

通院回数が出来る限り最短になるためにも

早期検査 早期原因追究 早期治療

原因が限定出来たら「再発予防」

のケアが必要になるだろうと思います。

ご家族の病気や看護や生活等についての

「心配」が大きくならないように

動物看護師による

病院付き添いにゃんケア 在宅看護にゃんケア にて

支え笑顔へ導けるように頑張りたいです。。続く


 

Posted at 2017年12月09日 16時39分52秒  /  コメント( 0 )

右前足大けが!!こてち君日記

2016.12月 学園大にて保護される(仮名 こてち君)

熊本地震の半年後 保護された子猫

保護主さんが飼養してくださり・・お腹の治療も去勢もしてもらいました。

今回は 外に出かけ帰宅したら 

「右前足が損傷」

事故なのか?挟まれたのか?原因がわからないまま

緊急入院 10日間しました。 

現在は 1週間に1回の受診と抗生剤と毎日のガーゼ交換(在宅) 

飼い主さんの慣れない看護  ガーゼ交換のサポート

浸出液は日々減って 傷口を気にしなくなっているので

エリザベスカーラーは不要。。

現在 この状態で本棚の上にも上る 爪も研ぐ

大好きな場所でのお昼寝

平安な日常が送れています。この調子でこつこつ



患部の回復への温熱療法や「皮膚移植や形成処置」などが

動物病院からも提案があると思います。頑張れ〜〜こてち君!!



訪問にゃんケアへ






舐めて取ってしまわないように工夫してあります。
●ストッキネット ●ハイソックス代用 

Posted at 2017年12月04日 12時57分14秒  /  コメント( 0 )

夜鳴きなし!!16歳くまちゃん♂倖せ日記

前回は⇒16歳くまちゃん♂倖せ日記



■褥瘡予防 ■日向ぼっこ


■自立起立時 ■マッサージ時⇒4輪車



■マッサージ:頸(斜頸)と背骨(湾曲)
      顔 耳 足裏 肩 足 

■ストレッチ; 後肢 頸 尻尾 関節  



■寒さ対策 腹巻と着脱簡単ベスト
■排尿対策 マナー♂紙おむつ
■褥瘡対策 寝具 マッサージ 栄養


今日のくまちゃん 元気いっぱい 

・吠える ・動く ・歩く(前足車椅子)・自立排泄 
・飲食  ・涙あり ・鼻水(マッサージするとあり) 

なんと 初回カウンセリングの後

1日の夜と2日の夜は夜泣き無しで眠れたそうです。

身体と心の調子もいい感じです。

くまちゃんの機能が落ちないように・・・

頸と後ろ足の筋肉や腱が硬くなる前にマッサージやストレッチを提案

褥瘡になる前に 右足の皮膚を保護出来たらいいな〜と思います。

介護者の悩みや不安は「すぐ解決」になれるように 引き続きサポートします。

続く

Posted at 2017年12月03日 17時03分36秒  /  コメント( 0 )

16歳くまちゃん♂介護の悩み 倖せ日記 

宙ちゃんご家族からのご紹介

16歳くまちゃんの介護相談へ行ってきました。



良好:●表情 ●目じから ●食欲 ●元気 

要ケア:●排尿排便介助 ●夜泣き ●歩行 ●体温調整(痩せてきている)



介護グッズ:車椅子2輪 ⇒ 四輪へ変更




※くまちゃんは 本当に素直な従順な性格 お散歩大好き 知らない犬には男気あり

2016年5月に歩行困難 2017年6月に椎間板ヘルニア後肢麻痺 

在宅介護がご家族の負担にならないように・・・

「頑張らない介護!!」「くまちゃんの最強の伴走者(家族全員)」

くまっちゃんも要望を

一つずつ解決できるように ご家族と共にクリアしていけるようにサポートします。

続く

Posted at 2017年12月01日 18時24分06秒  /  コメント( 0 )

17歳 アイズちゃん日記 〜ママさんからのSOSメール〜

有明地区動物愛護推進協議会 

高齢の犬さん&障害ある犬さん表彰

どうぶつ愛ありあけ2017の時が初相談(11月12日)

介護相談

●17歳アイズさん 起立歩行不可 (黒ラブラドールレトリバー

11月12日 食欲あり 排尿排便管理 介護方法 難しい(おむつが役に立たない)
     
(提案)防水シーツ ベッドサイドでの洗浄方法 おむつのサイズやカバー提案

11月20日 (SOSメール)夜鳴き 排泄管理 介護者ノイローゼ
(提案)・お仕事に行かれている間に排尿排便が重ならない工夫
    
    ・夜鳴きの原因探しを細かく調べ解決へ繫げる 

    ・それでもダメな時は動物病院を受診したりサプリメントを処方
(飼い主さんもアイズさんも眠れない事は辛い事なので解決方法へ繫げる)
 
11月21日 他の飼い主さん介護方法(ブログ)参考にして 介護者の気持ちをサポート

在宅介護や看護は飼い主さんへの負担が大きくなるのでケアマネージャーが必要!


  
11月22日 仕事を少し休まれ介護に専念される時間できる(頑張らない介護でコツコツ)
11月23日 日光浴の写真が届く
※目ジカラ◎ ※首ジカラ◎ ※表情豊か◎ ※倖せオーラ◎



11月24日 2017年12月24日で18歳
4歳の時里親になり13年の歳月大きな病気もなく生活 

現在は一人ではテクテク 起立歩行が出来なくなってますが 
パクパク スヤスヤ ができるように・・
大好きな家族と大好きなお家でニコニコできるように
介護で大きな悩みにならないように・・・引き続きサポートします。 続く

在宅介護 看護で悩んだらこちらへ



 

Posted at 2017年11月26日 17時15分35秒  /  コメント( 0 )

初めての介護(おもらしの悩み) 14歳りゅうさん日記  

山中先生(ドックトレーナー)ご紹介 
http://dog1acyaco.com/

14歳リュウちゃん 介護相談(失禁 食事 睡眠)



■通常は 朝昼夕(3回) 最近は 朝方や夜中に失禁あり

そこで 通常回数の後 21時 24時 3時 と起こして排泄されているが

「リュウさんが眠くないのか? 寒くないのか?」

リュウママさんが 毎晩 心配で眠れない相談でした。



■おむつタイプは嫌がるとの事でしたが 尿用のマナーおむつタイプは大丈夫

■お部屋の中のどこの場所で排尿しちゃうか?そこを臨時室内用排泄場所を練習

■手作りご飯なので老化防止血液サラサラメニューを挑戦

■室温度 湿度 冷え管理 日々の健康チエック
犬猫問題解決NOTES 9ページ:10ページ


※りゅうさんは 熊本地震の後から心臓の投薬がスタート中

排尿や食欲や元気などは十分注意してもらうように 

「在宅介護ケアプラン」作成しサポート

とにかく介護で困ったら悩んだら すぐ相談して頂くようにお伝えしました。

Posted at 2017年11月25日 18時14分51秒  /  コメント( 0 )

新幹線日帰りコース岡山へ研修の巻 〜後半〜

新幹線日帰りコース岡山へ研修の巻 〜前半〜

13年前より知り合い 

黒田家のご愛犬「ハマちゃん」http://www.amrit-dc.jp/hama/
ご愛犬「おもちちゃん」の相談 遠隔カウンセリング

ご縁がありました。 その後 黒田さんのご活躍はHPなどで拝見していましたが

今回は 岡山で面談させて頂きました。

  ↓        ↓

「株式会社アムリット.DC」老犬老猫の介護をしている飼主様をサポートする会社

■WEBショップ⇒食事 おやつ サプリメント 介護用品

ペット長生きクリニック


■優しいケア⇒ 鍼灸、近赤外線レーザー術、低周波術

■在宅ケア ⇒ 往診車 自宅介護サポート

■色々な方法⇒ 鍼灸や漢方 水素水 介護用品ショールーム

 
黒田さんの想いが実現された事業

岡山に暮らす皆々様は 本当に心強いと思います。



黒田さんの体験のように 家族の介護や看護 

最期まで看取る事 不安 恐怖 覚悟

見送った後のペットロス 喪失感 悲しみ 苦しみ 後悔

犬さん猫さんとの出会いから名前をつけて暮らし

避けられない最期の時までそうして遺された家族の時間

私は 熊本から動物とご家族を

「焦らず 諦めず 明るく」

動物看護師として支え導ける存在になれるように頑張ろうと思いました。

お忙しい中 2時間 沢山お話をしてくださった黒田さんに感謝します。



 

Posted at 2017年11月21日 16時21分09秒  /  コメント( 0 )

12歳太郎ちゃん日記  膝かっくん注意




太郎ちゃん 定期カウンセリング

心配な点

■体重増加 ⇒ 毎日の食事とおやつのカロリー計算と脂肪落とす

■膝の脱臼 ⇒ 滑らない傷めない工夫 (しっかりと歩行筋肉付ける)

■右目の瞼腫瘍 ⇒現在の大きさなら生活に支障はないが早めに検査へ

■背中にしこり ⇒早めに検査

■震災により恐怖や環境変化等々のストレス⇒遺伝子損傷注意

10歳越えると細胞再生が緩やかになり同時に

傷ついた遺伝子は修復されないまま 細胞を再生してしまう。

「弱い細胞」が出来ていくと注意!!

膀胱壁 腸壁 鼻粘膜 結膜 口腔粘膜 色々な所から
病原体や異物に反応しやすくなる。。

嘔吐 下痢 咳 くしゃみ 涙 湿疹 頻尿 などなど
繰り返したら 遺伝子を守る生活(衣食住環境)へ変更してもらいます。

太郎ちゃんのシニアわんライフ ニコニコライフへ 続く

Posted at 2017年11月19日 17時35分20秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  | 次へ