メインメニュー
看護・介護

ななちゃんテクテク!!ルイちゃんの車いす活動日記  24

ルイちゃん号  車椅子貸出中⇒ルイちゃん在宅介護日記  23  9/9



サイズはぴったり 屋上をテクテク



■健康状態は良好 介助(後ろ足麻痺)にて歩行可能

・前腕 肩に負担がかかる前に

・介助服にて介助する時間が無い時に(ご家族の負担軽減)

・食事の時に(姿勢よく食べれる)

・背骨の変形が出る前に(痛み)

ルイちゃん号を使う事で 今ある機能を低下させない事が

出来ると思います。


ドッグプレースさんからお預かりした

木製のサークル試し中
(今までは軽量サークルの為変形あり) 


人間の場合

理学療法士によるリハビリ

介護ケアマネージャーに相談出来て 

介護ケア用品(レンタルや購入)を使い

介護される側も介護する側にも 

毎日の生活に必要な物が揃います。。

動物の場合

ペットオムツ 介護服 介護マットは普及していますが

歩行器や装具はまだまだ取り入れられていない事が多い

かもしれません。

だからこそ

動物看護師として

犬猫さんとご家族の生活がより快適に過ごせる為に

情報提供したり

歩行器や車いすやドックカートなどをご案内したいと思います。

自分で歩けなくても

「大好きなお庭やお散歩」には行けたら嬉しいと思うから


天国のルイちゃん ルイちゃん号 ななちゃんのニコニコへ 

天国の夢ちゃん  夢ちゃん号  くまちゃんのテクテクへ

http://cplus.if-n.biz/5002546/article/0486245.html

活躍してますよ!!

ありがとう。。

Posted at 2018年02月02日 16時33分42秒  /  コメント( 0 )

お引越し 新生活 16歳メリーちゃん介護生活!!

16歳メリーちゃん介護生活!!



メリーさん 1月1日お引越し

環境が変わって心配しましたが写真の通り元気でした。
どうしても頭が下がるので頸や背骨や腰の曲がりの部分から
痛みに繋がらないように「マッサージ・ストレッチ」わんケア
担当してきました。
 
・食欲+飲水(要介助) ・排泄(自立)・移動(自立)
・環境変化しましたが 夜泣きや体調不良は無し
・老化は止められないのですが引き続き「パクパクテクテクスヤスヤ」


介護ケアマネージプラン

=チエック項目=

□意識障害・無(自分のペース生活)
□認知度 ・△(昼夜逆転無し)
□筋力低下・有(動きが遅くなる 頸が下がる)
□不随運動・無 
□知覚(視覚△・聴覚△・表在覚○・嗅覚△)
□音声咳障害・無
□摂食・水 ○ ⇒食器の角度を変更 飲みやすく 食べやすく要介助
□排泄   ◎
□拘縮   有(頸)⇒痛みが出ないように注意
□疼痛   無

□立位  ◎
□座位  ◎
□伏せ  ◎
□仰向け ▲
□歩行  ◎

=ケアプラン=

※防寒対策・・・洋服 湯たんぽ マッサージ スープ
※斜頸対策・・・マッサージ ストレッチ 温灸(温める)
※栄養対策・・・寒さで胃腸の動き低下⇒消化の良い献立変更
※メンタル・・・メリーちゃんの好きな場所 時間対応
※介護用品・・・飲水しやすい方法 

Posted at 2018年01月19日 10時36分03秒  /  コメント( 0 )

益城町 飼い主いない猫  さぶちゃん日記 

前回は⇒益城町 飼い主いない猫  さぶちゃん日記  


さぶちゃんを緊急保護され看護されているSさん。。

Sさんのお家も修理の為 家財道具がまだまだ片付けられず

さぶちゃんの看護の為の「体温計」が段ボールの中 見つかりません。


震災後1年9か月 益城町では家が壊れ解体からの復興進んではいますが

人も犬も猫も環境が大きく変わりました。

飼い主のいない猫 飼い主とはぐれた猫

餌場を見つけながら 飼い主さんを探しながら

この寒い日を生きている。

「工事が進む地域からだと思うけれど・・ 見慣れない猫達が現れていた」

とSさんから聞きました。

Sさんちは3にゃんずと生活 震災時も本当に大変だったと聞きました。

感染が心配なので 「さぶちゃんは隔離部屋」にて看護してもらってます。

本当に ありがたいです。



かなりの衰弱瀕死状態からのスタート

脱水や感染への治療

おむつ装着 流動食や薬投与 大変だし不安を持たれてますが

動物看護師が しっかりサポートして

「さぶちゃん」と「Sさん」の笑顔を目標に頑張ります。


熊本中の日本中の

猫を愛してる餌やりさんの皆々様へ

飼い主さんの居ない猫が

地域の「苦情の元」にならないように心得をお願いします。

飼い主さんの居ない猫が

どれだけの危険な生活を送っている事を理解して頂き

どうか・・・さぶちゃんの様な「大怪我や様々な病気や奇形出産」

にならないように 護って頂きたいです。お願いします。

Posted at 2018年01月17日 12時16分11秒  /  コメント( 0 )

指切断から 完治!からのこてち君日記

2016.12月 学園大にて保護される(仮名 こてち君)


(祝)11/15指切断から 完治!!こてち君日記



心配していた患部

出血もなし 腫れもなし 良好

もともとは 熊本地震後に生まれ保護されたこ

外に出たがる習性がありましたが

不審な事故(指切断)でしたので 今後は外出

ご家族管理が強化されることになりました。

こてち君が大怪我になる前

名前札が 続けて2回無くなり不審な事があったそうです。

コトバなき犬猫が

怖い事件に巻き込まれないようにこれからも

地域の情報収集(猫の苦情 犬の苦情)を続けようと思います。

Posted at 2018年01月16日 15時53分03秒  /  コメント( 0 )

益城町 飼い主いない猫  さぶちゃん日記  



飼い主のいない猫(10カ月?)「仮名さぶ」 

■1月5日

地域にて 置き餌を食べて生活していた所

全身びしょ濡れ 目も鼻もふさがり 口腔からは流涎

瀕死の状態を Sさんが発見  保護され動物病院へ入院

■退院 自宅看護


■1月14日

「さぶちゃんがぐったりしていて・・・今日は日曜日ですが・・どうしようか」と

悩まれ連絡が入り 緊急看護ケアサポート

・主治医の先生への連絡(緊急時は他の病院へ行くので今までの治療薬を教えてもらう)

・体温測定 室温湿度管理

・痩せているし衰弱しているので保温(手作り洋服)

・口腔からの流涎がひどいけれど ミルクや流動食は少し食べれる(介助)

・鼻腔が膿が溜まるけれどマッサージと洗浄するとくしゃみをし鼻呼吸開通

・結膜炎は両方ひどい 洗浄して清潔に

・失禁してしまうので体が汚れない工夫(おむつとおむつカバー)

※さぶちゃんは 治療とSさんの看護により

大切な毎日を過ごしています。

なんとか 体力が戻り食事が食べれるように頑張って欲しいです。

Sさんの献身的な行動により「命が救われました」

さぶちゃんの様に飼い主のいない猫たちは

様々な危険や病気が隣り合わせです。そんな 不幸な猫が

減る地域になったらいいな〜と思います。


=野良猫被害対策 餌やりさんの心得=

●置き餌禁止 トイレ設置

●不妊去勢手術(病気や怪我治療 埋葬)

●地域への報告 行政への報告

Posted at 2018年01月14日 18時22分46秒  /  コメント( 0 )

(祝)11/15指切断から 完治!!こてち君日記

前回⇒11/15指切断から ゴール近し!!こてち君日記

祝 傷完治



2018.1.5 7週2日(51日)


2017.12

指切断=大怪我  医療を受けながら形成手術受けながら

コテチちゃんのストレスを減らしながら


・舐めないようにどうする?

・出血しないようにどうする?

・断脚しなくていいように?

在宅看護を頑張った ご家族の愛情と行動が素晴らしいと思いました。

身繕いも運動も元気な時と同じように出来て本当に良かったです。

Posted at 2018年01月09日 14時42分39秒  /  コメント( 0 )

13歳 糖尿病 ICHI 在宅介護 優しい時間とは・・・






2016年12月 

・足先痛がる 動物病院 診察

・セカンドオピニオン 転院 治療(2回)

・糖尿病発覚  転院 インシュリンスタート

2017年12月

・元気 食欲はあるが削痩 身体全体の皮膚から分泌液がひどい

12月中旬

・歩行不可 食事は食べる

12月31日  

・食欲無し 飲水(要介助)

2018.1.1

・排尿あり 飲水(−)顔を持ち上げる 瞬き(−)

■ご家族の望み


・大好きな場所で優しい介護で看取りたい

■ケアプラン

・体温チエックして温度管理(体温計 温度計 湯たんぽ)

・食欲ない分は注射器を使って流動食(ウエットフード ヤギミルク スープ)

・体が拘縮して痛みに繋がらないように (マッサージ 温灸 ストレッチ)

・ICHI君の好きな場所 好きな人 好きなわん友 にて嬉しい時間

■動物看護師の役目

・ICHI君の命のろうそくの炎が 吹き消されず最期まで灯せるように

・毎日の休みない看護介護で ご家族が疲れたり困らないように

・ご家族を支え ICHI君にあった介護の方法を導きながら

大切な時間になるように過ごして欲しいと思います。

 

Posted at 2018年01月03日 12時41分31秒  /  コメント( 0 )

11/15指切断から ゴール近し!!こてち君日記

前回⇒11/15指切断!形成手術!乗り越え中 こてち君日記

12/27

12/30


2018/1/1



コテチ君の指切断大怪我後

患部だけではなく 心も体も丸ごと注意
  
医療と在宅看護によりゴール目の前!!

●傷と全身状態悪い(入院治療) 

●感染治療薬 (腸内細菌叢をサポート)

●断脚手術の宣告(在宅看護 栄養 メンタルケア) 

●完治からの予防(傷がふさがっても脆い皮膚をサポート)

コテチさんは 

■身繕い好き(傷口舐めすぎる)

■遊び好き(高い所へジャンプ着地)

そんな彼の気持ちを考えた「看護プラン」が必要であり

※エリカラー外し   ※患部保護靴下

脆い皮膚からの再出血や感染から守れるように

にゃんケアにてサポートします。  続く 

Posted at 2018年01月02日 13時57分23秒  /  コメント( 0 )

17歳 アイズちゃん日記 〜ご飯が食べれないどうしよう〜

前回は⇒17歳 アイズちゃん日記  11/26 〜ママさんからのSOSメール〜

11/12 初めての相談から

12/27 7週目 メール相談





■相談内容:食事が摂れないので心配。与え方や与える物を知りたい。


■アイズちゃん様子

・12/27 食欲不振(ドックフード・さつまいも)便秘 体重減 

 動物病院受診 自分で飲水出来る

・12/28 マッサージ 手作り食挑戦

・12/30 まったく食べない 口を開けない 嫌がる(悲しく吠える) 

 口腔炎症有(痛み) 嘔吐 痙攣 苦しみ無し

■ケアプラン 

・アイズちゃんの「嬉しい・気持ちいい」時間

⇒体温 室温 湿度測定して最適環境へ 

⇒アイズちゃんの喜ぶ事 撫で撫で マッサージ 嫌がる事避ける 

⇒口腔の口内炎 ただれ 届くところ はちみつをつけてもらう。

   琵琶の葉こんにゃく温め可能なら試してもらう

・飲水はシリンジ(注射器)で補助したら飲み込める

⇒ブドウ糖に変わる水分を与えてもらう(リンゴ果汁 犬ミルク お汁粉) 

嫌がる時は 犬歯の横から舌の上にのせる方法

少し入れてみて嫌がらないか?試してもらう


アイズちゃんの写真をメールで送ってもらいました。

スヤスヤ眠れているとの事 安心しました。

この調子で 痛みや苦しみや痙攣などがおきないように

大好きな場所 大好きな家族と共に

在宅介護で優しい時間を刻んで欲しいと願います。


介護看護 助産 メンタル 健康等々 動物看護師

●電話相談 ●メール相談  ●訪問看護(わんケア にゃんケア)

  ↓       ↓

悩みや不安は1日でも早く解決して最強のサポートをしてもらいたいです。

Posted at 2017年12月31日 17時21分28秒  /  コメント( 0 )

前右足 麻痺!排便困難!そら君日記 

前回は⇒病理検査結果!!!口腔内腫瘤術!!そら君日記│♪


■相談内容:右前足麻痺の為起立できず排便困難が心配

■そらちゃん病状:

・27日(午前 元気有り)(夜 元気無し 食欲無し 右足つかない)
・28日(午前 動物病院 診断〜神経麻痺〜 8日分内服ステロイドとビタミン剤)
・29日(午前 元気でる 多尿あり)(13時 自分で起立して排便 10cm)

★薬が効いているのか 動きも表情もいい感じ

★骨格形成不全の為 脊椎や軟骨や腱への負担あり⇒琵琶の葉こんにゃくで緩和

★足先が冷たい⇒屈伸運動マッサージ と 琵琶の葉こんにゃく


■起立や歩行の介助をしながら 

・頸や腰のサポーター⇒負担軽減

・排尿排便⇒滑らない工夫 
・食事や飲水⇒食事台設置 頸負担軽減

■排便を促す為のマッサージと食事内容(食物繊維とビタミンとミネラル)  

■自前で炎症を抑えるホルモン作る(栄養)

■副作用やストレスから遺伝子を守る(栄養)

■腱や軟骨 細胞再生を促す(栄養)

■癒しをアップ⇒嬉しい 美味しい 気持ちいい時間


痛み苦しみは 動物病院へ

自分の食べた物で自分の細胞を元気にして再発予防

何を与えるかは!!ご家族の栄養の知識が必要です。

引き続き

そらちゃんの健康や看護の支え導きを頑張ります。  続く
 

Posted at 2017年12月29日 16時03分17秒  /  コメント( 0 )

前へ |  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  | 次へ