メインメニュー
元気ブクロ

増子元美  20日に手術しました。明日退院。

ブログやメルマガを読んで頂いてる方は

不調な足の痛み 痺れ 筋力低下をご存知だと

思います。 内科的治療とコルセットでは

とても 日常の歩行と起立にも支障が来てまして

20日に全身麻酔にて痛みの原因を除去手術

右足首とふくらはぎ損傷 2019.12末
右足患部が治ったと思ったら 
今回の症状がどんどん悪化 焦るし
痛みや不安で 気持ちも凹みました。

主治医の先生や看護スタッフやリハビリスタッフ
皆々様のおかげをもちまして

元気で 心美しく 
名前のような、自分元美 になれそうです。

アポを待って頂いてる皆々様
スケジュール変更してくださった皆々様

ありがとうございました。

Posted at 2020年05月27日 19時30分18秒  /  コメント( 0 )

臨時休暇 メンタルケア

腰椎の治療

日常から離れた時間

痛みケアと

メンタルケアが必要

だなあー

と感じてます。


痛みなく普通に目覚め

不安なく普通に微笑み

普通な日々を感謝しなくては

Posted at 2020年05月22日 11時58分24秒  /  コメント( 0 )

可愛いツイート💕発見  臨時休暇2日目

りえちゃんから来たメッセージ

こんな  おにぎり  あったら?

https://twitter.com/nonnonlalalala/status/1262324597703077890?s=21


食べれる?
食べれない?

ほっこりする写真でした。

Posted at 2020年05月20日 08時58分53秒  /  コメント( 0 )

2020年 臨時休暇 一日目

熊本に戻ってきて 21年目

2016年9月 虫垂炎オペで4日休んだ後

ゆっくり 休暇とる事が無かったのですが

この度 一週間の休暇を取る事になりました。

いつもとは違う 日記を書いてみたいです。

宜しくお願いします。

Posted at 2020年05月19日 15時11分31秒  /  コメント( 0 )

そら豆1号の命! 自然の恵み! 私の命とは??

道の駅で見つけた 種のための「そら豆」一袋300円

増子:「これは・・・食べられますか?」

お店:「食べられますよ♪」

ということで スマホで「そら豆」の煮の方法を学び 

無事 食べる事ができました。

その時 3個の「そら豆」が 発芽!!

早速 ベランダで 育てる事にしました。

私の肩の高さまで伸びて 可愛いお花が咲き

ちびそら豆ちゃんが 出来てきました。(感動)

●そら豆の写真 2020/2/22

小さなプランタでは すぐ 土が乾いてしまう。

毎日 コツコツ 給水

●そら豆 2020/5.4 1号〜6号 収穫 

そうして 1号〜6号の命

を大切に頂きました。


沢山の食物が 加工され食品へ

人間の為に ペットの為に 作られます。

生産者さんと自然の恵み(太陽と水と大地)

感謝して「命を頂く」事を忘れないようにします。

自然を壊す事がないように 

できる事をコツコツ


・MY箸を持つ事

・残さず食べる事

・自然に帰る物を選ぶ事

きっとまだまだ できていない事あると思います。


沢山の命や自然の恵みによって

自分の命が生かされている事に感謝して

必ず訪れる 最期の日が来る時まで

毎日を大切に生きていこうと思います。

Posted at 2020年05月05日 18時50分23秒  /  コメント( 0 )

2019年大晦日のご挨拶

2019年 最後の日になりました。

CompanionAnimalPARTY
・動物看護師としての仕事
(栄養管理 健康管理 メンタルケア 問題行動ケア 在宅看護管理 医療の悩み 施設選び 訪問看護 看取りとグリーフ レスパイトケアプラン ペット同伴老人ホーム入所犬さんケア・・・・)

・わんにゃんぴっな時間(ペットロス体験者集い企画)

■熊本市と熊本県動物愛護推進協議会での活動
■熊本市動物愛護推進員としての活動

■熊本の動物愛護を考える会
(里親探し 迷子見つけた 飼育不能どうしたら? 虐待か? 熱中症弱った犬)
            
わんにゃんぴっ相談室  地域犬猫問題活動 
・47都道府県設置の夢(仲間募集)
犬猫問題解決NOTESテキスト活用

■動物看護師災害支援チーム 動物支援ナース
チームスクラブ&ジャンバー


■日本動物看護職協会

●熊本地震 益城町の犬猫さん取材(NHK)
●長洲町包括支援主催 高齢者とペットについて
●防災ブック 監修(旭化成)
●ラジオ出演(RKK村上美香のヒトコト)

あっという間の一年となりました。

今年は 台風の被害が大きく 本当に胸が苦しい事がありました。
被災された方々地域 動物の平安が訪れることを心から祈ります。

今年 お空へ旅立った命とご家族の皆さんにも優しい時間が訪れますように
そうして 今現在 闘病中 介護中の動物さんにも
決して不安になりませんように 心から祈ります。

それでは この1年間 動物看護師 増子元美のブログ読んでいただき

本当にありがとうございました。そうして

皆様にとっての笑顔の大晦日の夜となりますように・・・

Posted at 2019年12月31日 14時35分35秒  /  コメント( 0 )

わんわんにゃーごの日に誓う!!11月25日 

いつも ブログを見てくださる皆様へ ご挨拶

実はわんわんにゃーごの日は 「決意表明」の日です。
Companion Animal PARTY 増子元美って誰?

名前の由来

父    元男(もとお)
母    美亀(みき)
母方祖父 玄泉(もとみ) 

両親の名前文字からと
尊敬する祖父と同じから名付けられました

よく モトミ じゃなくて トモミと間違えられていました。
しかし 「元美」はお気に入りの名前

父も母も幼少期一人っ子で 犬や猫がいつもいたらしく
私も生まれた時には 犬(鳥)のいる家庭で育ちました。

呼吸をするように ご飯を食べるように 犬はいつもいる(当たり前な日常)

「増子さんは犬猫が大好きですよね?」と聞かれると・・・
確かに嫌いではないですが・・・
そもそも 私の場合 動物を好き嫌いの次元では無いのです。

私は 動物によって 人としての行き方を導かれた。 

中学二年生「元美の嫌いな所」3人連名の手紙をもらった時
巻き毛モルモットが栄養失調で亡くなった時
引越しでGシエパード愛犬を親戚に譲渡した時
動物看護師になってアパートで飼育していた猫ポチが家出した時

とにかく 色々な失敗や経験をしてきました。
コトバなき彼らは ダメダメな私に寄り添っていました。

学んだ事 助けられた事 生きる目的を見つけた事

動物看護師になってから 強く志した道も見つけてしまいました。

動物看護師という職業で生きていく意味
動物看護師を辞められない理由 が私にはあるんです。

コトバなき動物は 私に色々な事を伝えてきました。

どんな病気になっても・・・
飼い主が居なくなっても・・
余命が近づいても・・・

嘘をつかない 弱音を吐かない 愚痴らない 

どんな環境でも その場で 真直ぐ生きる姿 を見せてくれました。

様々な不平不満を並べて 落ち込んだり怒っている自分が本当に小さくてみっともない事に

気づかされました。


「どう生きるのか!」を考えさせられたのが 20歳の時です。それから

私は 「動物が人間と出会えて暮らして良かった」と感じて貰えるように

動物看護師として 役に立ちたい と決意したんです。

1125 誕生日が わんわんにゃーご 

自分の生きる道の師 コトバなき師匠(動物の生き様)

人間は 沢山の命を頂いて生きています。
人間は 沢山の動物の恩恵を受け安全な生活を手にいています。
(医薬品実験動物 癒しのペット 盲導犬 作業犬 などなど)

私が出会う動物達が最期の時まで「幸せ」でいて欲しいと思います。

もし 人が道を誤っているのだとしたら間違いに気付いて貰えうように
もし 人が動物とどう接したらいいのかわからないならば助言できるように
そんな 存在で役立てられるように この1年も生きて行きます。

動物を取り巻く 沢山問題や悩みや苦情がおきますが・・・
決して 諦めないで欲しいと思います。


こんな 増子元美をこれからもよろしくお願いします。

※最後にもし男だったら「亀男」になるところでした(笑)

Posted at 2019年11月26日 15時24分44秒  /  コメント( 0 )

村上美香ちゃんのラジオ番組 収録してきました

2019年8月4日 14時半〜

RKKラジオの番組

「村上美香のヒトコト」ゲストとして 収録行ってきました。

◆今日のゲスト(#001) 90歳のアマチュア写真家・西本喜美子さん
◆56歳のフリーランス動物看護師 増子元美◆


ペットを向かい入れる前マッチングについて

ペットの看護介護について

必ず訪れる看取りや別れについて

高齢者や多頭飼育者とペットについて

万が一 ペットと暮らせなくなった時

ペットが迷子になった時

動物看護師の資格について 国家資格化決定

犬猫問題解決NOTESについて
 

どのテーマにするか・・・・

美香ちゃんと宮脇さんと色々お話しして決めました。

動物病院や介護施設で働く 動物看護師

動物愛護センターで働く  動物看護師

ペットサロンなどで働く  動物看護師

トレーナーやしつけで働く 動物看護師

地域密着フリーで働く   動物看護師


日本で活動している 動物看護師

ペットの健康について 飼育方法 栄養(食事) 運動 お産 犬猫育て メンタルケア

とにかく・・・病気になる前から 病気になっても 病気治ってからも

最期の日が来る時も ご家族のペットロスの時も 医療方針で悩んだ時も

私達「動物看護師」に相談して欲しいと思います。

ペットの悩みや問題が

1日でも早く解決できますように・・

ラジオの電波と美香ちゃんのパワーで

情報が広がりますように・・・ 

動物と人と地域が ニコニコになりますように 祈り






  

Posted at 2019年07月20日 20時10分09秒  /  コメント( 0 )

動物看護師 と飼い主さんとの関係とは??

動物看護師は 動物の看護や介護 治療時の補助ですが

それだけではなく 

ご家族に 動物の治療や看護を理解して頂けるように 

ご家族に 動物の伴走してもらえるように お伝えする仕事も重要です。

次に

ご家族がちゃんと伴走できるのか?

ご家族にとって伴走しやすい方法とは?

動物とご家族の支えとなり 在宅ケアプランをマネージメントします。

今日は2件 飼い主さん ご自身が体調悪い

精神科にて処方(セロクエル25 マイスリー10)だけれど

不眠 不安 倦怠 動悸 食欲不振 との事でした。

飼い主さんの病気は病院で治癒は御本人なんです。

飼い主さんと動物の為には

一日でも早く 元気になってもらいたく 

緑いっぱいの景色の動画 ⇒ 撮影 ⇒ 送信 

飼い主さんの脳が悩みでいっぱいストレスでしんどいのはわかるから

せめて 眼から耳から想像から

「綺麗だな〜」「気持ちいいな〜」「自分も行きたいな〜」

脳の中を少しでも「ほっと」なれたらいいな〜。    

癒しの時間になりますように・・ ⇒●秋津川河川公園ベンチより動画


病気だろうが・・・

老いの時だろうが・・

余命宣告されようが・・・

必ず訪れる最期の日まで

コトバなき動物達は「今」を「真っ直ぐ生きる」

彼らが満たされて平穏に過ごして貰う為には

大好きで頼れるご家族が 元気でいて欲しいと思う。

だから

動物看護師の仕事として

動物の痛み苦しみだけではなく

ご家族の痛み苦しみにも寄り添い

共に 大切な時間を過ごしてもらいたいのです。

人間は 生きていると色々な悩みがあって

「希望」を失い 心が凹んで自律神経が誤作動しやすい。

私自身が ストレスにより 胃腸障害 血流障害 不眠体験者だから



「心に塗布する特効薬は無いと思う」

「心を元気に導ける専門家必要と思う」

「心の凹み」に 自分自身が気づいてあげて

時間はかかるけど

凹みを受け入れ 

凹みに対峙して(解決) 

凹みが勲章になるまで

そこになるまでは・・・・

信頼できる仲間

嘘をつかない生き物たち

目の前の大自然

包まれて コツコツ 癒され回復して欲しいのです。

コトバなき動物は 優しい元気な飼い主さんの笑顔を

待っているのですから・・・・・

薬が効かなくて悩んだら

心が凹んで不安になったら すぐ 増子元美へ http://cap-masuko.com/contact.html 

Posted at 2019年07月10日 15時28分05秒  /  コメント( 0 )

暗闇は心の闇になりやすい!!そこでこんなの買いました

熊本地震の時 夜 突然に ライフラインが途絶えた

日没後の暗闇は長く不安がいっぱい。

蛍光のキーフォルダー
の飾り だけは

わずかな 「あかり」となり 瞬間「ほっと」しました。

壁を認知し ドアの方向を定める事も出来た。

「暗闇」は視界を閉ざし 気持ちも不安にしてしまう。

だからこそ

「あかり」の確保は重要と思います。

そこで ずっとずっと探していた

写真は⇒  ●(暗闇)  ●(通常)

今回 人間の看護師さんの通販にて

ペンライトとネームホルダーを購入しました。

両方とも暗闇で「存在」を感じて貰えるアイテム

ナイチンゲールが患者の元へ「ランプ」で看病したように

私も 動物とご家族の「あかり」になれるようになりたい。

災害対策の懐中電灯やランプも大事ですが

小さなキーフォルダーでも 動物達は

ご家族の存在を感じ 居場所を認知し安心できると

思います。

(犬猫さんの存在を感じる名前札や首輪も光るといいかも)

人間も犬猫さんも「恐怖」や「苦しみ」が続くと

体調の「異変」へ変わる事がわかっているからこそ

事前の準備で 「不安除去対策」を手に入れて欲しいと思います。

Posted at 2019年06月07日 16時20分40秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  | 次へ