メインメニュー
知恵ブクロ

熊本の猫問題へ光を!! ねこと人との暮らし方未来会議2020

前回⇒[主催]熊本市動物愛護推進協議会⭐︎ねこと人との暮らし方 未来会議 2019⭐︎

今回⇒[主催]熊本市動物愛護推進協議会⭐︎ねこと人との暮らし方 未来会議 2020⭐︎

来年の2月の事ですが

日程と講師依頼の件
 無事決定しました。

熊本市の様々な山積みの「猫問題」を解決するためには・・・


※高齢者と猫さん困っていないか?   

※多頭飼育者と猫さん迷惑かかっていないか? 

※飼い主のいない外猫さん増えすぎていないか?

「ねこさんの福祉と命を守る為にどうしたらいいのか?」

●自分の家族の猫の命を守る
飼い主さんと共に最期まで暮らせるように・・・
(万が一の時の準備をしてもらう)


●地域の飼い主いない猫の苦情なく暮らせるように・・
(地域と共に解決策を実行してもらう)

市民参加型の未来会議を開催します。


■日時: 2020年2月2日(日曜日) 13時15分〜受付

■講演:服部 薫氏  http://fukuoka-animal-gyouseisyoshi.com/

プロフィール
•行政書士かおる法務事務所 代表
•一般社団法人ファミリーアニマル支援協会 代表理事
•「ペット相続専門」の行政書士
•里親募集型保護猫×古民家カフェ Cafe Gatto 総支配人


■場所: 未定

■参加費:無料

■定員:100名

■お問い合わせ 申し込み先
〃本市動物愛護推進員 直接
電話 09086270601 増子
フェースブック ページ メッセージ 増子宛
#熊本市 #動物愛護 #地域の猫 #猫問題 #未来会議


これから決める事

・会場予約
・タイムスケジュール 進行流れ (挨拶者 講師)
・担当者(司会 タイムキーパー 受付 アンケート係 事務用品) 
・広報方法(チラシ ポスター マスコミへ 新聞広告 SNS)
・アンケート内容作成
・報告反省会 資料作成係


GO FOR IT

未来会議を成し遂げるために最大限の努力する

Posted at 2019年06月14日 12時47分28秒  /  コメント( 0 )

目薬1滴まで・・・食物残さず食べる・・・「動物の命に感謝」

「私は 何の為に・・・生きているのか?」

答えが無いまま

動物看護師を目指し上京 専門学校卒業

20歳

動物看護師になって

動物病院で働いて

沢山の犬猫さんのお世話や看護や助産などを

沢山の学びと失敗しました。 

犬猫さんによって 

「病いや老い」「行動」「看護方法」

「医療の選択」「命の選択」「生活の選択」

が人間によって左右される現実

新米の私は教わってきました。


犬舎に居る コトバなき動物達は 

ダメダメな私にも どんな環境でも

不平不満ではなく

羨んだり妬んだりではなく

「今」 「存在する場所 出会った人 起きた出来事」「背を向けず」

「真っ直ぐ生きる姿」を見せてくれました。

不平不満羨んだり妬み簡単に失望し凹み立ち止まる自分に気付かされる。


●食用の家畜さんの命(食べる物の命)

●安全性動物検査の命(守る為の命)

その命のお蔭で 私は「生かされている」事を知りました。

だから その「命」が「最期の瞬間まで倖せで生きる」

その為に「動物看護師として生きていきたい」と決意!!

「動物が好きだから動物看護師になったんですか?」と聞かれる

動物は好きだけではないのです・・動物看護師を続けてる訳があります。。

「動物の生き様」=「コトバなき師匠」として

動物の命が 人間の罪で不幸にならない 倖せに生きれる

そこに 寄り添う動物看護師という職業に命を使いたいです。


全ての安全な薬が出来るまでに

様々な研究が行われるまでに 

人間の知恵だけではなく 実験動物が存在する事

動物の命を粗末にしたらいかん事

だから 簡単に薬を捨てたら食べ物を捨てたらいかんと思うのです。

「コトバなき師匠」は名声も金銭も求めません。

「凄いな〜」と思います。

「コトバなき師匠」の 「コトバなき声」

弱音を吐かず

嘘をつかず

命に真っ直ぐ 
   

生きる教えをこれからもコツコツ進みます。
 

Posted at 2019年06月06日 14時24分23秒  /  コメント( 0 )

フリーランス動物看護師の仕事とは??

◆フリーランスの動物看護師◆ 
どんな仕事をするのか?


●ライフステージ・サポート・カウンセリング
(面談 電話 メール 手紙)サポート ケアプラン
詳しくは⇒犬猫問題解決NOTES P1 
0〜0 準備期:犬猫さん迎え入れ準備とマッチング
0〜2 成長期:生活しつけと身体作り
2〜4 活動期:事故予防 出産
4〜6 中年期:定期検診
〜10 変化期:心と身体ケア
〜14 老年期:老化ケア
15〜 介護看取り期:在宅ケア 
   ペットロス期:悲しみグリーフ

●訪問看護 訪問介護ケア ケアプラン

●訪問パピー・シニア健康ケア ケアプラン

●訪問メンタルわんにゃんケア ケアプラン

●訪問看取(エンジェル)ケア ケアプラン 

●講師事業(専門学校 セミナー わんにゃんぴっ塾)

●進路相談(獣医師 動物看護師 トリマー 訓練士)

●犬猫関連業サポート(起業 運営 衛生管理 広報管理事業)

●動物福祉ケア(飼育放棄 遺棄 虐待 地域の犬猫問題)ケアプラン

●ペットロスコミュニティー事業(わんにゃんぴっな時間)

●災害ケア(わんにゃん緊急災害ネットワーク熊本)ケアプラン

●熊本県動物愛護推進協議会●熊本市動物愛護推進協議会 



※人間だったら・・・

医師 看護師 助産師 保健師 栄養士 理学療法士 介護士 臨床心理士 

ケアマネージャー ケースワーカー ソーシャルワーカー 民生員

私の場合は 動物看護師としての役割

犬猫さんの心身状況や健康状態を看て護るだけではないのが特徴


飼い主さんや地域の「悩み」解決へ

飼い主さん(地域)と動物の生活が より快適に「笑顔」で過ごせるように

早期に各専門家に繫げたりマネージメントする事まで含まれてます。


動物病院で働く  動物看護師

老犬猫施設で働く 動物看護師

行政愛護センターで働く 動物看護師

フリーランスで働く 動物看護師

日本中の動物看護師が もっともっと「認知」され

日本に必要な職業として「確立」出来るように

36歳フリーランスになった時から20年 これからも頑張ります。

Posted at 2019年06月03日 16時42分50秒  /  コメント( 0 )

遺伝性疾患先天性奇形 2019年度 幼齢動物看護についての講義  

前回⇒2019年度 幼齢老齢動物看護についての講義  

今回⇒幼齢看護最終日 

・仔犬子猫身体チエック
・先天性疾患チエック
・遺伝性疾患について
・重症仔犬子猫に対する管理

〇童せ毒の身体の異変にいち早く気付き⇒改善へ導く(受診 治療 予防)

∪菘契の疾患(奇形)を知る⇒より快適に暮らす為の看護方法
(知識無い飼い主さんのショックを支える)

0篥狙疾患の乱繫殖警告・産まれた命⇒倖せ生活看護方法へ

・進行性網膜委縮症・原発性開放隅角緑内障・股関節形成不全・変性性脊髄症
・セロイドリポフスチン症・遺伝性好中球減少症・フォンビルブランド病

にが一重症になっても⇒仔犬仔猫の最善にの看護と飼い主さんの支え


■動物のコトバなき声を聞く専門家

コトバなき動物とご家族への最強な存在

「命」「健康」「倖せ」へ

支え導き〜信じて頼れる〜専門家が必要 

「支導」「信頼」動物看護師になってもらいたい!!

そんな 大切な事を伝える事が出来た90分でした。

Posted at 2019年05月30日 15時13分21秒  /  コメント( 0 )

紫外線とPM2.5と電磁波から大切な家族を守りたい!

{注意}遺伝子を傷つける原因CHECK

〜毎日の元気な細胞再生には「正常な遺伝子」が必要〜

〇膤粟
(散歩中 日向ぼっこ 日よけ) 

電磁場

(携帯電話 テレビ ドライヤー エアコン 電気毛布) 

G啜ぅス

(PM2.5 防虫剤 芳香剤 防かび剤)  


様々な電気製品に囲まれ 生活は便利で快適に過ごせるようになりました。

オゾン層の役割(太陽からの有害な波長の紫外線を吸収し生態系を保護)低下。

PM2.5の発生(原因物質 人為起源と自然起源の微小粒子)


毎日の愛犬愛猫の周りをチエックして貰いたいのです。

※原因から離れたり予防の必要性を知る事(活性酸素の存在を知る)

※それが出来ない時はどうするのか?知る事(活性酸素除去の栄養を摂る)

その「知恵」を手に入れて欲しいのです。

本来 犬猫の生活に無かった物で もし 健康が不健康へなってたら

その原因を見つけ対策 

健康を維持して 快適な毎日(ニコニコ)を送って欲しいのです。

●駐車場の排気ガス 喫煙の部屋 ⇒咳 鼻が詰まる 目ヤニ 

●衣替え 消毒 界面活性剤   ⇒目を細める 痒がる くしゃみ 咳

●電気製品 コンセント近く   ⇒健康診断異変 体調不良


病気や症状を治す事も大事

犬猫さんを守る予防力と回復を早める治癒力

これを 飼い主さんへお伝えしたいです。


 

Posted at 2019年05月27日 17時12分42秒  /  コメント( 0 )

がーーーん!2010年2011年過去ブログが今日投稿されています。

機械苦手 PC関係苦手な私が

2010年ホームページとブログを初めて19年目になります。

なんと 写真を取り込む容量が満杯になったっらしく

過去記事の写真を削除するしかない!との事

色々過去の記事を見ていたら なんと 現在の日時に投稿になってしまいました。

(汗 汗)

このブログを始める時

私が出会った犬猫さん ご家族の大切な日の記

私が体験した 動物愛護や福祉活動の記

過去の出来事全てが

現在の「今」に

未来の「明日」に

役立てて欲しいと思いました。

過去のブログをきちんと覗けるようにするには?

どうしたらいいのか??

昔だったら 書籍かなのかな??

動物看護師 増子 ピンチ!!


「新たな挑戦」が目の前に現れました。

  

Posted at 2019年05月21日 16時17分09秒  /  コメント( 0 )

動物のホスピス・緩和治療 

1年前の日記から・・

人の医療では・・・

ホスピスや緩和治療 知っている人が増えたと思う・・

動物では・・・どうだろうか??
日本にあるのかな??

と思っていたら・・・なんと!!!

栃木県にホスピスケアーを開設されている
動物病院ありました。。。

遠藤動物病院
http://www.endo-inuneko.com/pc/

今月上旬 上京したとき手にした

[ぐらんわん」http://www.grandwan.com/site.cgi?mode=main&newno=32

フリーペーパーで

その存在を知り・・・感動し・・・
すぐ 連絡をし面会&見学できないか?
早速OKの返事を頂きました。

格安航空チケットも無事取れました。
とにかく・・・

現場 緩和ケアーをどのように行われているのか?
そのときの
動物と家族の様子のお話をきちんと聞いていきたい。

自分は訪問にて飼い主さんに寄り添い
わんこ&にゃんこの快適な暮らしのため
痛みや苦しみが減るために
何が必要か?何が出来るか?
一緒に考えていきたい。

そのために・・・たくさんの情報を手に入れていこう。

自分とご縁があったわんこ&にゃんこ+家族に
とって どれが 最善なのか?手の届くカウンセリングが出来る動物看護士でありたい。
その想いを共有する仲間のネットワークを広めて、携われる訪問介護士の育成を形に残したい。

終末期を対応できる
たくさんの動物看護士 動物介護士 は
わんこ&にゃんこ+飼い主さんには 必要なのだ。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1年前の私
遠藤動物病院 遠藤先生にお会いした。

1年が経ちました。

未来の名刺 

http://www.miraimeishi.net/user/141

「夢」
を掲げて

今年8月  動物総合相談所 作りたい!

東京の後輩に話し 「同志」になってもらいました。

熊本と東京は決まりました。

残り45名の「同志」を・・

全国の動物とその家族のために・・・

全国の動物看護士の仕事が社会に役に立てれるように・・・

今日も元気に GO!!!

Posted at 2019年05月21日 14時35分23秒  /  コメント( 0 )

飛べない野鳥と出会ったら  巣立ちの季節  

■マンションの駐車上にて野鳥のヒナがバタバタしている!!
どうしたらいいのか??との相談

■対応
仝従のヒアリングと写真

野鳥のヒナ

熊本県鳥獣保護センター 096-282-2651問い合わせ

センターからの指示
●キツツキの種類コゲラ
●様子がみれたらそのまま巣立ちを待つ 
●猫やカラスなど危険な時はセンターへ搬入
●搬入時は連絡を入れる

と見者と共に現場確認⇒車や駐車場の機械に巻き込まれ危険 

★保護しようとしたら元気に飛んで行く

※今回は発見者とセンターとの対応で「コゲラちゃん」を守る事ができました。

今は野鳥の巣立ちを見守る時だそうですが 危険に及ぶ時は保護するそうです。

野鳥もカラスも野良猫も人間も

倖せに暮らせる熊本になったらいいな〜と思います。

Posted at 2019年05月20日 18時43分19秒  /  コメント( 0 )

動物看護師が伝えたい事とは??〜動物看護学科21名へ届けたい〜

■幼齢老齢動物看護


●ジャック君とロシナンテ君(竜之介動物病院)



■認定動物看護師新コアカリキュラム
動物看護師統一認定試験対応 講師用学習指導指針
新コアカリキュラム・リーダー2019年度版

・新生子の管理 (自然分娩 帝王切開 難産 蘇生 人工哺乳 排泄 行動発達)
・〜幼齢期 健康チエック 食事や生活健康管理(先天性疾患 ハンデイーキャップ)
・高齢期 要介護の管理(栄養 生活環境 機能低下予防 メンタルケア 医療との連携)

私は担当する所は 上記になる。

コトバなき犬猫さん達が どんな生活になるか? どんな最期を迎えるか?

初めての 飼育 お産 育児 介護 看護 医療方針選択 看取りに

向き合う飼い主さんご家族

主人公である犬猫さん 共に「笑顔の時間」を過ごして欲しい!!

その為に 専門家である「動物看護師」が必要

ご家族と共に伴走出来たらいいな〜と思います。

そんな 犬猫さんとご家族にとっての最強の支え応援する人材《職業》を

動物看護師の仲間を増やしたいです。

21名 それぞれ将来の希望や理想や夢があると思います。

21名 それぞれの個性を生かして活躍して欲しいです。


その為に・・・・私が今まで体験してきた事(犬猫さんに学んだ事)も伝えられるように

頑張ります。 続く

Posted at 2019年04月18日 14時53分47秒  /  コメント( 0 )

2019年1月1日 謹賀新年 ご挨拶申し上げます。

新年 あけまして おめでとうございます。

昨年2018は 本当にありがとうございました。





■悩みはすぐ解決へ⇒相談はこちらから

本年は 「真っ直ぐに生きる」を目標

自分を信じて 責任を持って 

動物看護師として

地域住民の一人として

動物愛護推進員として

精進できるように頑張ります。

どうぞ よろしくお願いします。

CompanionAnimalPARTY 代表 認定動物看護師 増子元美

Posted at 2019年01月01日 12時12分12秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  | 次へ