メインメニュー
色々ブクロ

わんわんーにゃーごの日 58歳の誓い  2020/11/25

動物看護師 増子元美

2020/11/25

58歳になりました。


誕生日🎂メッセージを頂き
本当に ありがとうございました。

これからも 
しっかりとコツコツと「動物看護師」として
精進します。

皆々様 宜しくお願いします。

可愛い誕生日アレンジ

お洒落な誕生日CAKE

1年はあっという間に 過ぎていきます。。

歳のせいで出来ないことを言い訳にしないように

やり残しや失敗をそのままにしないように

引き続き 心も脳も引き締めて 大切に時間を

過ごしたいと思います。

Posted at 2020年11月26日 12時03分18秒  /  コメント( 0 )

2020.11.214 休暇15日目

前回→2020.11.21 休暇12日目

今回→LINE&電話相談

23日 6ヶ月齢姉妹猫 子育て相談(電話と訪問予約)
   腎不全猫 在宅看護相談
   菊池住宅地 保護子猫 里親探し拡散依頼

24日 15日は慣れていた事務車へ 本日戻ってきました。


「子宮頸癌」が9月に見つかり 今回無事 手術してきました。

これからは 予防の為の放射線治療へ移行予定です。

体を壊すと「痛み」や「看護のありがたみ」が身に染みます

医療の進歩にも感謝ですが

ナースチーム

栄養チーム

のおかげで 入院中の体調不良の不安は軽減され

食欲不振な時にも元気貰える献立 工夫された調理方法

改めて

看護と栄養が 「病気治癒」には大事だとわかりました。

今後は 体調と追い合いをつけながら

コトバなき犬猫さんとご家族の支えと応援ができるように

引き続き 頑張ります。  続く

Posted at 2020年11月24日 14時15分17秒  /  コメント( 0 )

2020.11.21 休暇12日目

動物してナース 定例zoom会議

新型コロナウイルス🦠相談

フレンチブル軟便在宅看護相談

1.5ヶ月子猫は噛み癖相談

口内炎 栄養素相談

じゅんちゃん行方不明 SNS発信 探し方

保護猫 脱走シュミレーション

ラジオ番組 令和2年7月豪雨 情報提供

休暇とは家

LINE メール相談は担当してます。

悩みは 突然起きたり 困ったり

休みが無いから 相談窓口あるのは

心強いと思う。

Posted at 2020年11月21日 19時21分17秒  /  コメント( 0 )

2020.11.17 休暇8日 日記

休暇対応  

,┐困錣鸞癲.リーン活動打ち合わせ(資料)

年賀状デザイン 印刷打ち合わせ

8歳 猫さん 下血LINE相談

て霾愀り返し犬さん LINE相談

ケ浜楞任涼輅検‖弍

Posted at 2020年11月17日 19時09分25秒  /  コメント( 0 )

2020.11.15 休暇6日目 

LINE相談

益城町 被災母猫 二度目の出産

悩み 不安

(貲の不妊手術完了後 乳腺炎になる
◼解決アドバイス 動物病院診察
◼解決方法 → ●子猫に飲ませない  ●投薬

∋卩里親希望者さん面接法

先住猫とトライアル期間や対処法

悩みは解決し準備してもらい

本日 1頭 里親さんの元へ

被災後ホームレスになった母猫のようにならない

ように 今回 頑張って頂き感謝です。

寒さや病気 交通事故や不審死など

自分で身を守り生きるのは大変な事

残りの二頭と母猫さんも譲渡出来るよう

支え導けるように 頑張ります。

Posted at 2020年11月15日 17時32分27秒  /  コメント( 0 )

2020.11.12 休暇4日目

●遠隔 熊本羽田 バケボラ 無事スケジュール通り

●益城町 被災母猫 捕獲 出産里親探し支援

●子猫のケア LINE相談 
 
●ペットロス メッセージ ターミナルケア

●人吉被災猫用ゲージ 搬送手配

Posted at 2020年11月12日 13時50分33秒  /  コメント( 0 )

犬のストレスの番目の生理的兆候とは?〜保存版〜




可愛いイラストから

●ストレスのサインに気づく

●サイン(動作)の意味を知る

●誰よりも早く異変から心身健康へ繋げる


毎日の生活 テクテク パクパク スヤスヤの繰り返し

その中で ストレスがかかると・・・

毎日の生活が出来なくなることもあるのです。

そこで

このような可愛くて為になるイラストから

愛犬のストレスの表情や行動を知っていたらば

心身からの病いにはなりにくいし

治療回復への近道に気づかれると 確信しています。


コトバなき犬猫さんは

表情 行動 から 身体全身から 「異変」を伝えていると思います。

今日から

顔も体も気持ちもしっかり見ていただき 

犬猫さんもご家族にも

ニコニコな毎日になりますように・・・願っております。

Posted at 2020年06月30日 16時03分49秒  /  コメント( 0 )

何故政治家なのか?何故動物看護師でいたいのか?

今 考える事

子供達  教育  高齢者
人権   医療  介護
災害   新型感染症  
原発   沖縄  

まだまだ しっかりと考えて未来に
繋げなくとはと思っています。

未来の日本は 大丈夫なのか?
政治家の話をちゃんと聞いて 考えて
一番良い方法を選んで行く政治家を
選ぶ責任がある。

政治家の方に聞きたい

何故政治家になりたいのか?


同時に
私は 何故動物看護師でいたいのか?

答えは

コトバなき動物が 
病気や怪我から一日でも早く 
遺棄や虐待から一日でも早く
生きていて
幸せな生活に繋げる為動物看護師で
ありたいと思います。

動物の介護では、飼い主さんの伴走が必要ですから
その伴走に 共に寄り添いたい。

動物の福祉では、災害 飼い主さんの事情により
動物達の行き場が閉ざされる前に支え導きたい。

動物達には
出会う人間によって 生活や最期が
左右されるから 私達動物看護師の
知識や体験をお伝えし 最善の選択
して貰えると確信してます。

コトバなき動物と人間と社会が
命を大切に 笑顔 共に生きる
そんな 日本にしたいです。

そんな  動物看護師の仲間がいます。

わんにゃんぴっ相談室のメンバーです。   

https://petsoudan.wixsite.com/wannyanp

Posted at 2020年05月25日 16時59分12秒  /  コメント( 0 )

COVID19感染者さんの犬猫さんの自宅隔離管理どうする??

前回→「新型コロナウイルスに感染した人が飼っているペットを預かるために知っておきたいこと」




万が一飼い主さんが

新型コロナウイルス陽性になっていまった場合

濃厚接触した犬猫さんをどう守るか?

・受け入れ隔離 家族や仲間がいる場合

・受け入れ隔離 施設がある場合(動物病院 ペットサロンその他)

・自宅で隔離する場合

今回は 自宅での隔離管理(2週間)を

飼い主さんを一人ぼっちにしないで支える手引書を作成しました。

まさか こんな大事が起きるとは・・・・

しかし きちんと敵(COVID19)を知れば怖くないのです。

しっかり 自助 共助で ゴールを目指せたらいいな〜と願います。


今日は万が一感染した時でしたが

通常は 感染しない為に出来る事コツコツをお願いします。


自助出来ること:知識と行動

共助できること:情報収集と支援要請

公助できること:保健所と愛護センター(担当)

Posted at 2020年04月09日 16時31分12秒  /  コメント( 0 )

「高齢者のQOLを高める食品の創出について」高齢犬猫のQOLも高めたい!

■テーマ「主食で栄養状態を維持する事可能か?」

■講師  管理栄養士 本田順子氏

□参加者 産学マッチングイベント


・介護施設 ・病院 ・学校 栄養士さんの腕の見せ所
その中で高齢者の方々が介護や病気がひどくならない為には
管理された栄養を全部食べて貰わなくてはならない。


●嚥下(プリン状 ゼリー状) ●免疫(低下しやすい) 

●認知症 ●低栄養 ●サルコぺニア ●ロコモ ●寝たきり 

フレィル虚弱 健常から要介護になるまで中間段階)

/搬療問題 ∪鎖誠翰的問題 社会問題(独居 経済困窮)⇒早期対策

●オーラルフレィル(成人歯28本⇒20本になると食材に偏りが起きる)

●食事摂取基準2020版  ●甘味の報酬回路(脳内ホルモン)●甘味 油脂 うまみ

●メンタル面(喪失感) ●視覚の役割(80%)



○食の細い高齢者のメニューどうする?
○美味しいと感じさせるにはどうする?
○最期まで倖せに暮らすにはどうする?

■高齢者の人気のあるメニュー ・パン ・麺 ・白米

これらの炭水化物(糖質)にアミノ酸と共に摂れる加工品が欲しい! 

咀嚼 嚥下の機能にあった調理法 

⇒アミノ酸スコア100のパン 白米 麺(主食)が出来たら

⇒嚥下の様子が瞬時わかるロボット(現在はレントゲンやエコー検査)

・大学の先生 ・医工連携コーディネーター ・産業支援財団 ・歯科医 
・製造会社(パン お弁当 )・製粉会社  ・栄養士

意見交換が行われました。

本田先生の担当者さん(子供も大人も高齢者)

健康へ導く管理された栄養をいかに

美味しく食べてもらえるか?の提案は 必ず叶う と思いました。


※動物の栄養についても 元気な時 フレィルの時 高齢 看取りの時

どんな時でも 「身体と心を元気に保つ食事と運動」の大切さを

伝えたいな〜と思いました。

今食べているフードで 不健康が見つかったら⇒よりよいフードへ変更
不健康の原因や食べない理由もしっかり見つけて対応したいです。


病気が末期になり 

「大好きだった ハム 食パン 焼き鳥 も食べなくなったと・・・」

持って生まれたDNAと毎日食べた栄養環境

「今」が作られています。

たとえ 余命宣告を受けたとしても 犬猫さんには 飼い主さん(家族)が必要です。

「今」食べれる物 飲める物 求める物 喜ぶ事 の時間を

しっかり「生命の時間」刻んで欲しい。

もちろん なんでもいいのではなく・・・出来る限り 

苦しみや痛みが強くならない食材を選んで欲しいのです。

選んだ食材が もし食べてくれなくて

何を与えたらいいのか?不安になっても

落ち込まないで「相談」してください。


人間も動物も「食べる」=「生きる」

その「食べ物」で 守れる事がある事を これからも伝え

犬猫さんが喜ぶ「食べ物」を探して 笑顔に繫げれるよう頑張ります。 

Posted at 2019年08月22日 15時04分29秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  | 次へ