メインメニュー
2021-02-06

第120回 わんにゃんぴ...

第120回 わんにゃんぴっな時間

●会場のポスター
◆テーマ
石牟礼道子の文学世界

海と空のあいだに

◆日時
2021.2. 6(第1土曜日)11時

◆会場
熊本県立図書館 
くまもと文学歴史館 展示室1
熊本市中央区出水2丁目5-1

昭和2年 天草生まれ 水俣育ち
石牟礼道子
作家いしむれみちこ NHK人物録

公害病の原点と呼ばれる水俣病の患者たちに終生寄り添い、その声なき声を豊かな方言でつづることで、切実な被害の実態を伝え続けた。


悲しみが人間を美しくすることがある

人と人との絆がそれをつむぎだす


石牟礼礼子さんの書籍
水俣病を通して 残された 声なき声
メッセージを 私も自分の胸に脳に残したいと思いました。



わんにゃんぴっな時間は 

2010年2月の第一土曜日から

毎月第一土曜日に続けています。(120回目)

必ず来る最期の日がありますが・・・

大切な家族との別れは悲しく寂しいけれど

そこで終わりでは無い事を伝えたく始めた企画

わんにゃんぴっな時間に来て 

「今」を大切に生きて欲しい

そうして

大切な家族との思い出を語れる居場所にして欲しい

そんな願いを込めています。

悲しい苦辛い涙から・・・どうか・・・

優しい涙に変わる日が来ましたら 是非

わんにゃんぴっな時間へ 足をお運びください。。

Posted at 2021年02月06日 14時42分29秒  /  コメント( 0 )