メインメニュー
2021-01-15

ペットロス 遺品整理 ...

大切な家族である愛犬や愛猫をお見送りする時

深く深く悲しみ苦しくなる時があります。

10年間 一人でその事実を過ごされた方とお話しした事があります。

必ず来る最期の日は覚悟していても簡単に気持ちの整理はできない

同時に簡単に遺品の整理ができない 場合もあると思います。

人に話すことによって

10年間の悲しみだけではなく

生前の生活の楽しかった思い出までが蘇り

飼い主さんの気持ちが優しい涙になれると思います。

最期の瞬間・・・・後悔をもっていたとしても

どうかその後悔を認めて 

その気持ちを天国へ伝えることできたらと・・・

沢山愛された時間は動物さん達には消えない想い出

だから 大切なあのこの話をして欲しいと思います。

私の愛犬KOUは 肝臓腫瘍で2年1ヶ月在宅看護でしたが

写真や動画を見ては その時に逆戻りできて微笑み

しかし 現実はふわふわがなくて 涙が出たりの繰り返しです。

そんな時

小さなKOUを作っていただきました。

可愛いです。。キュンとなります。

天国で再会するまでは 小さなKOUと仲良く過ごしたいと思います。 

Posted at 2021年01月15日 09時51分38秒  /  コメント( 0 )