メインメニュー
2020-02-15

動物の愛護及び管理に...

令和2年1月30日
動物の愛護及び管理に関する施策を総合的に推進するための基本的な指針の改正案に対する意見の募集(パブリックコメント)について



1.概要
動物の愛護及び管理に関する施策を総合的に推進するための基本的な指針(平成18年環境省告示第140号。以下「基本指針」という。)においては、「策定後概ね5年目に当たる平成30年度を目途として、その見直しを行うこと」とされています。その見直しに向けて、中央環境審議会動物愛護部会における検討において、平成30年12月に「動物愛護管理をめぐる主な課題への対応について(論点整理)」(以下、「論点整理」という。)がとりまとめられました(※)。
今般、動物の愛護及び管理に関する法律等の一部を改正する法律(令和元年法律第39号。以下「改正法」という。)が令和元年6月19日に公布され(※)、一部の規定が令和2年6月1日から施行されるところであり、改正法による改正後の動物の愛護及び管理に関する法律(昭和48年法律第105号)に基づく動物の愛護及び管理のより一層の推進を図るため、改正法の趣旨及び論点整理の内容を踏まえ、基本指針について所要の改正を行うものです。
※論点整理及び改正法の内容については以下の環境省ウェブサイトを御参照ください。
論点整理
http://www.env.go.jp/council/14animal/post_18.html
改正法
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/nt_r010619_39.html

2.意見募集要領

(1)意見募集対象
改正動物愛護管理基本指針素案
(2)意見募集期間
令和2年1月30日(木)〜令和2年2月28日(金)
(※郵送の場合は、令和2年2月28日(金)必着)


環境省 改正動物愛護管理基本指針素案

動物愛護や福祉を考えている沢山の方々に読んでもらい意見を伝えてもらえたらと思います。

私は 
1998年8月に熊本に戻ってきて わんにゃんぴっ相談室立ち上げる
2006年3月に熊本県動物管理センターの殺処分の現状を変える決断
熊本の動物愛護を考える会 熊本市動物愛護推進員 熊本県動物愛護推進協議会委員
2016年4月に熊本地震 わんにゃん緊急災害ネットワーク熊本立ち上げ
2017年4月に熊本県動物愛護センターに名称変わる

これから 環境省での法律が変わり 

動物福祉を叶える日本になる事を心から願います。



熊本県 熊本市 沢山の犬猫さんが 保護や捕獲や不要として引き取り

「飼い主さんへの返還」はわずか 残りは「殺処分」された命

救えなかった「命」

時は流れ 現在の問題は 殺処分されない「命」

行政施設や委託施設で 暮らす犬猫さん どんどん増えていないのか?

これからは 熊本県も熊本市もどうなるのか?とても心配です。

「大切な税金」は「大切に必要なところへ使われるべきと思う」

飼い主さんに居る犬猫さんは 飼い主さんが最期までお世話できる様に
頑張って欲しいのです。

地域でどんどん繁殖し負傷し病気になってる猫の餌やりさんにも
最期まで責任持ってもらう様に頑張って欲しいのです。

その為には

手放さない飼い主さんへ 

責任取れる餌やりさんへ

支え応援し導く 相談室が必要と思います。

「児童相談」

「医療相談」

「介護相談」などなどの様に

「ペット相談」が 

一人で 困ったり 悩んだりしないでいい場所。

犬猫さんの為に 最善策を知り行動へ移す場所。

「わんにゃんぴっ相談室→ ★https://petsoudan.wixsite.com/wannyanp

「犬猫問題解決NOTES]→ ★http://cplus.if-n.biz/5002546/article/0472737.html 

日本の仕組みができるまでは しばらくは 

わんにゃんぴっ相談室で GO FOR IT!!

Posted at 2020年02月15日 14時23分46秒  /  コメント( 0 )