メインメニュー
2020-02-14

ねこと人との暮らし方...

ねこと人との暮らし方未来会議2020

ねこと人との暮らし方未来会議 2020
〜最後まで飼うを考えよう〜

日時:2020年2月2日 13時半〜16時
場所:ウエルパルくまもと 1F第会議室
主催:熊本市動物愛護推進協議会 
参加者:一般50名 地域猫活動6名 行政関係1名 その他8名 チエックなし8名 (77名)

■基調講演
「ペットの為の信託ってなあに?」
行政書士かおる法務事務所 服部 薫氏

殺処分よりも ロードキル(交通事故死)社会問題

飼い主さんの万が一の時 愛猫を誰に託すのか?

(家族関係 飼育費用 財産有無 準備有無)

1)放置 2)外に出す遺棄 3)保健所センターに持ち込まれる 4)里親見つかる

対策
^筝製顱覆Δ舛了辧頁)ノート作成) 
▲撻奪箸琉戮凌託 (エンディングノートに明記) 
ファミリーアニマルサポート

■発表

 峭睥霄圓肇撻奪箸慮従について」
熊本県介護支援専門委員会 熊本支部長 坂本昌明氏

❶死生観 ❷自立(律)❸覚悟 

エンパワーメント=力を引き出す

高齢者(本人) 
地域 知人 友人(共助)
介護支援サービス(共助)

生活や福祉支援 (公助)
事例:認知症発症されたけれど「犬」を迎え入れ生活の「自立」が認められ
老化の進行の際は施設入所に 犬さんが慣れている信頼できる方へ「犬」は譲渡された

熊本市の猫の現状について」
熊本市動物愛護センター 職員

■パネルディスカッション タイム


アンケート集計
【ねこを飼っている方への質問】犬の飼い主 1 名
1 自分が飼えなくなった場合のことを考えたことがありましたか?
・はい 39 ・いいえ 4 ・これから考える 5 ・既に決めている 4
2 自分が飼えなくなった時には、誰にねこのお世話をお願いしたいですか?
・家族や親戚 35 ・友人 8・動物病院 1・老猫ホーム等の施設 6・ペットシッター3
・その他6 ・無回答4 (内訳:信託1 わからない3 記述なし2)

【全員の方への質問】
1 周囲に飼えなくなった場合の準備が必要だと思う人はいますか?
・はい 38 ・いいえ 25 ・無回答 3
2 1ではいと答えた方へ質問です。その人へのアドバイスをしたいと思いますか?
・はい 30 ・いいえ
・既にしている 5
・できない 2 ・無回答 1
◆今後聞いてみたいテーマについて教えてください
・ねこが迷子になった時の捜索方法 17
・地域でのねこ問題の解決方法 41
・ねこの病気や介護32
・ペットの災害対策26
・その他5(保護の必要性・マンションでのペット組合・捨て猫対処法・猫の排泄しつけ)

■その他 ご意見 46件
・保護の必要性
・アニマルサポート制度についての資料
・捨て猫を見つけた時の対処の仕方
・捨てられた猫をどうして助けるか? ・しつけ→大きくなって拾ったからトイレのしつけができない。

核家族化、ペットの高齢化… 飼い主は”もしも”に備えて 熊本市で学習会
2020年2月12日 10:37 熊本日日新聞 掲載



最後に
何故 熊本市動物愛護推進協議会で市民公開講座を開催したかったのか?

「終生飼養」が出来ていない!
 
「適正飼養」が出来ていない!

「動物福祉」が保たれていない! 現状があるからです。

「飼い主さんがピンチの時 ペットもピンチ」

しかし 飼い主さんの市民の方々に どうやってこの問題に気付いてもらうのか?

どうやって準備したらいいか?学ぶ場所が必要だからです。

同時に 「声なき声」助けてを言えない飼い主さんがいた場合

どうしたら 自助できるか? 共助へ繋げるか?を

地域の方々にも知っていただきたいと思ったからです。

遺棄された猫は負傷したら動物愛護センターへ収容されるでしょう。
 
外に出された猫は 地域でホームレスで生きていくでしょう。

交通事故で税金で処理されるでしょう。

そんな事になる前に

ねこと人との暮らし方未来会議  を通して 

「飼い主さんの責任」を全うできる様に支援や支導があったらと考えます。

沢山のご意見と共に 熊本市動物愛護推進協議会は地域貢献へ邁進する事を祈ります。

熊本市の動物愛護推進員としても 引き続き 頑張ります。

Posted at 2020年02月14日 14時36分49秒  /  コメント( 0 )