メインメニュー
2020-01-18

車椅子の選び方 フィ...

運動機能低下が起きた時 上手に介助して歩けるといいな〜と思います。

●事例ー岼愡劼離侫ッティング(2輪)

●事例■肝悗亮岼愡劼陵融辧複肝悄

今回は フィッティング機をとうとう「入手」する事にしました。

■アルケオーリオ2 写真

様々な理由で 歩行困難になってしまう。

そんな時 必要な時にすぐ 歩行介助が出来たらいいな〜と思います。

同時に 介護者の負担軽減(介護者が手で介助)も出来たらと思います。

今回は 
■もえれ製作所 北海道
より フィッティング機到着しました。



●身体的機能(病気 障害 体力)

●行動的機能(歩行 起立 走行)

●精神的機能(気力有無)

犬猫さんの「今」と「回復に向けての準備」と「快適な生活の準備」

しっかり見極めて 適切な介護用品 道具が準備できたらいいな〜

機能が落ちる前だったら・・・

機能が落ちてしまっても・・・ 

正しい姿勢を保つ練習は1日でも早くできたら

「筋肉量」を減らす事は減ると思います。

「筋肉量」が減ると 関節や腱や軟骨への負担がかかり

全身の不具合が出来やすい。。


とにかく 

自分で立てなくなっても介助して立たせる

自分で歩けなくなっても介助して歩かせる

内臓の臓器の位置が 平衡感覚が 

横臥生活でくずれないためである。

必要な時に 必要な装具や介助道具がある事で機能低下を遅らせ回復へ繋げる

同時に

関節などの痛み緩和方法 ストレスによる抗酸化栄養 

内臓のケアも重要になります。

#動物看護師 による #在宅看護 #在宅介護 #ケアプラン を

どんどんお伝えして 愛犬愛猫の「癒し」を最大限にしていきたいです。 続く

Posted at 2020年01月18日 17時42分58秒  /  コメント( 0 )