メインメニュー
2019-12-30

犬さん 歩行困難へ ...

事例1→●車椅子デビュー!14歳ミルちゃん介護日記

事例2●穏やかな時間 16歳くまちゃん♂倖せ日記

様々な状況で歩行介助が必要になります。

もちろん 介助の服などを利用して歩行ができますが

本来の身体と行動機能(走る 早歩き 自分で進む)を叶えたい。

しかし  身体面 行動面 が「横臥生活」で機能低下している場合が多いのです。

それでも そこから 在宅での介護方法を変更して行きますが

できれば 下記の状況になった時から 「準備」して欲しいのです。

起立 座位 横臥 伏せ 仰向け 歩く 走る 様々な体位や姿勢を
維持できるように 介助できたらいいな〜と思います。

行動面 

(盥埣羣造蠅海燹´足を引きずる 爪の減りが変わる J盥垰体が揺れる(びっこ)
せ箸錣覆ぢがある テ阿ない事が増える 

身体面

\堋蚤蚕ヘルニア発症 股関節形成不全症状 I┳弦形成不全症状
げ我や病気で歩行困難 ザ敍低下   θ酲

早期に身体異常を発見したら 機能低下を遅らせる事が出来ると思います。
そこで
毎日の行動も身体の健康チエックをして欲しいと思います。

しかし もし わからない時は 動物看護師へ聞いて欲しいと思います。

もし知識があれば 病気や障害から守れると思います。

生涯 お散歩できた方が嬉しいと思うのです。(車椅子やカートでも)

人間だったらリハビリ病院で身体機能回復の為のプランが立てられたり装具や介助用品
などのアイデアで 本人にも介護者にも 笑顔の生活になると思うんです。

必ず 老いるけれどそこを悪化させないように 看護の知識
‖猟幹浜方法 栄養管理方法 4埜邁雜酳法 ぅ瓮鵐織襯吋∧法 ゲ霆者レスパイト
愛犬愛猫の為に 手にれて欲しい と思います。 

Posted at 2019年12月30日 19時03分13秒  /  コメント( 0 )