メインメニュー
2019-09-04

TV収録 雷と被災地...

前回⇒豪雨と被災地とペット 〜熊本地震から復幸へ 31

今回⇒豪雨と雷と被災地ペットの様子 TV取材付訪問

レオちゃんとご家族 取材後 記念写真

●地震後避難の時の様子(車中泊 テント泊 仮設住宅から自宅通い)
●自宅再建後 安心生活(2019.7)

熊本地震から 3年5か月

レオちゃんとの出会いから3年4か月 月に1回のペースで

「見守り」を勝手に続けてきました。

お留守番もお母さんの骨折など寂しい時間 心配な時間 

色々な体験を乗り越えたレオちゃん 本当に良く頑張りました。

2016年5月 初相談 レオちゃんが咬んだ(益城町福祉センター避難所)

▲譽ちゃんの様子(ピリピリ 眼つき)観察 食欲等確認(解体家屋敷地)

C録未笋留守番時の不安 メンタルケアサポート(解体家屋敷地)

ぅス同士の喧嘩事件


これからは 一緒に生活できるので本当に

レオちゃんもご家族も「復幸」のゴールインできました。

再建は復興がゴールではなく

ペットも家族も笑顔の「復幸」へ進んで欲しいと思います。

レオちゃんちの近くには 災害公営住宅が着々と建設されていました。


引き続き お留守番のハチちゃん レオちゃん 猫さん の笑顔

「復幸」のゴールインまで 見守りもさせて頂きたいです。続く

Posted at 2019年09月04日 20時23分34秒  /  コメント( 0 )