メインメニュー
2019-06-08

お願い=大切な家族を...

自分の「死」を覚悟した時

大切な家族や人へ

遺す言葉や準備が必要と思う

しかし

その「死」が「病」が

突然だった場合 遺された家族

ここでは 

1人では生きてゆけない動物


大好きな飼い主さんが頼り

だから・・・

大切な家族(動物)が出来たら

大切な家族に名前を付けた時から


●もし飼い主さんが死んだ時の生活は??

●もし飼い主さんが入院の時の生活は??

準備や心構えをして欲しいと心から願います。


今も続く悲しい別れがあります 

家族のいない居場所のない彼ら・・

不要犬猫として殺処分される・・・

もう終わりにしたい!!

一人ぼっちにさせたくない!!

殺処分なんて繰り返されたくない!!


飼い主さんに突然起きる事情に

コトバなき彼らはどうなるのか・・・・

●大好きなパパやママが居ない

●大好きな居場所が無い

どうか・・・・その時の気持ちを

しっかりくみ取り 

●誰にどこに託すのか?

●薬は?トリミングは?散歩は?

●悲しみはどう支えるのか?

コトバなき彼らの為に 

「今」から 「遺される彼らへのラブレター」

を書いて欲しいと思います。

困ったら 悩んだら相談して欲しい!!

◆「ペット相続専門」の行政書士(動物看護師)

◆「ペット福祉ケアマネージャー(動物看護師)

わんにゃんぴっ相談室(動物看護師)


そうすれば・・・

飼い主さんの愛情《遺書》によって

100%

悲しみを癒す 家族と暮らす 彼らの未来に繋がる。。

そんな 当たり前の日本にしたいです。

最後まで 「ブログ」を読んで頂きありがとうございます。(感謝します)

Posted at 2019年06月08日 17時01分24秒  /  コメント( 0 )