メインメニュー
2018-02-28

一緒に暮らせない・・...

熊本地震と復幸 レポート

熊本県災害時動物支援チームとの連携 

■熊本県災害時動物救援チーム■
(クマモトケンサイガイジドウブツキュウエンチーム)

○犬猫の一時預かり(シェルター)の設立と運営

動物管理センターの飼い主のわからない保護動物の健康管理と譲渡災害のために外飼いとなって
いる動物の健康管理と繁殖防止に使わせていただきます。

■熊本県災害時動物救援チーム
・代表:森友 靖生 (獣医師)東海大学教授 熊本県動物愛護推進協議会会長
・副代表 会計:平山 美幸(獣医師) 熊本県獣医師会 きくなん動物病院院長
・協力団体:熊本県 熊本県獣医師会 熊本県指定動物愛護団体

支援物資呼びかけ

●終了(2018年1月22日受付中) バスタオル シーツ 

●終了(2018年1月24日受付中) 猫用折り畳み2段ケージ (2個)



熊本地震!犬猫と復幸へ 見守りと支援 

飼い主さんは仮設住宅

犬猫さんは自宅にてお留守番

27日はぽかぽか春日和

3わんず リュウ君 レオ君 はち君


電子レンジOK器


熊本地震から もうすぐ2年

新しいお家が出来るまでの場合

復興住宅が出来るまでの場合(来年1月入居予定)

新しいお家が見つかるまでの場合

飼い主さんにも犬猫さんにも 不安がいっぱいと思います。

しかし・・・・その声を聞きながら感じながら

見守りが出来たらいいな〜と思います。

続く

Posted at 2018年02月28日 16時35分03秒  /  コメント( 0 )