メインメニュー
2017-11-10

ボノボとチンパンジー...



平成29年度動物取扱責任者研修会


⑴動物由来感染症
講師:新屋拓郎先生(ハーベスト動物病院)

⑵飼育動物の危機管理について

講師:森村成樹先生(熊本サンクチュアリ)

・チンパンジーとボノボの違いhttps://www.wrc.kyoto-u.ac.jp/kumasan/ja/about_chimp/index.html

・異なるエンリッチメントhttps://www.wrc.kyoto-u.ac.jp/kumasan/ja/enrichment/weekday/


・怖がりさんな動物 ⇒熊本地震の時 食欲不振 入室拒否が起きた


・停電中 自家発電の為の軽油が必要 食事の備蓄は大丈夫だった

・緊急予防対策について

…綿鵝]⇒輒屐碧菁)
安否確認 緊急連絡先 無線 (毎日)
I藹者保護 (毎日)
ぐ鐐動物の保護 (年一回)
セ楡濬ち供 閉蟯点検)
Ε薀ぅ侫薀ぅ鶻稜А閉蟯点検)
Щ務手続き (毎年)法令確認 情報申請 

★逃亡防止訓練 「興奮させない」担当者が鎮静剤入り食物を与え(麻酔銃)を使う

★課題 災害時 複数逃げた時を想定しなきゃいけない点

★緊急時担当者とチンパンジー&ボノボの信頼関係が大事なので
日頃から 叱らない 怒らない。 怖がらせない工夫



● 人;ヒト科 Hominidae ヒト属 Homo 種 : ヒト H. sapiens


●チンパンジー;ヒト科 Hominidae チンパンジー属 Pan 種 : チンパンジー P. troglodytes


●ボノボ: ヒト科 Hominidae ヒト族 Hominini チンパンジー亜族 Panina チンパンジー属 Pan 種 : ボノボ P. paniscus

●オランウータン ヒト科オランウータン属(Pongo)

施設内の沢山の動物(ボノボとチンパンジー)の危機管理を学ぶ事が出来ました。



⑶動物の愛護及び管理に関する法令について
講師:水野技師(熊本県阿蘇保健所)

Posted at 2017年11月10日 12時44分16秒  /  コメント( 0 )