メインメニュー
2017-10-08

13歳むね君 腫瘍の手...

前回⇒13歳むね君 腫瘍の患部ガーゼ交換シニアわんケア 

麻酔の影響を感じないニコニコむね君



手術後の動画


前日のオペ前の検査 オペ当日 12時開始13時半終了

患部は綺麗に切除され縫合面が みえてご家族は心配ですが

毎日患部の変化を観察してもらい 必要なら対策をとってもらう事に

今までは 触るとすぐ出血するし患部が汚れるし被毛がくっつくし
在宅での看護ケアが必要でしたが
手術後からはその心配がなくなり ほっとします。


ご家族の代わりに 

★動物病院へ付き添い

★在宅にて看護サポート

安心して任せられる存在「フリーランスの動物看護師」になりたいです。



●人間も犬猫も 歳を重ねると 食べもの 環境 ストレスで

遺伝子の損傷が起こり それを修復する機能が落ちやすい為

様々なミスプリントの細胞が出来上がりやすいです。

むね君の腫瘍 早期に切除して検査して

他の場所に 再発しないように 「栄養」「環境」「ストレス」にも

気を付けてもらうように 引き続きサポートします。



●年齢や病気により

麻酔もかけれなかったり 手術が出来なくなったりしますが

元気で若い時から 

「遺伝子を守る」知恵をどんどんお伝えしたいと思います。続く

Posted at 2017年10月08日 14時22分00秒  /  コメント( 0 )