メインメニュー
2017-08

毎日TIKUTAKU...

KOUを天国へ送った日から

「大丈夫ですか??」「泣いてますか?」

心配をしていただいている 増子元美 です。



毎日 KOU が居ない時間

毎日 TIKUTAKU TIKUTAKU

毎日 休むことなく刻まれる時間


昨日は KOUが立ちやすい様に購入したマットとKOUの写真

KOUのブラシ・・・おもちゃ・・・洋服・・・おむつ・・・

そのままの部屋に一人引きこもり

54歳なのに・・・子供のように・・・声をあげて泣きました。

「KOUちゃん 見えてますか?聞こえてますか?」
「KOUちゃん 大好き!!」「KOUちゃん 逢いたい!!」







サンディーママさん・ぷーママさんからの可愛いお花 




家族であるわんにゃんとの暮らし
家族であるわんにゃんを看病し介護し看取り送る事

悲しみの涙から「死」を受け止め

優しい涙に変わり「永遠の想い出」を語れるまで

時間が必要と思います。。




私の場合は・・・今・・・

愛犬KOUの存在の大きさに改めて気づき

涙 涙

KOUに「ありがとう」「大好き」をもっともっと伝えたい
KOUを 撫で撫でしたい 抱っこしたい 黒いお鼻にキスしたい

まだまだ・・・涙 涙・・・・   続く   
 

Posted at 2017年08月31日 17時34分15秒  /  コメント( 2 )

食欲戻って元気だよ!...

・食欲 ◎ 手作りも足して
・元気 ◎
・散歩 ◎ 段差は用心する
・排泄 ◎ 失禁無し
・腎臓ケア 週2回皮下点滴

悩み:

,寛搬欧お出かけや外泊の時をどうするか?

△気らちゃんが体調崩したと時どうするか?

解決策:
 Δい弔發隆靴譴親以病院へ預ける・訪問介護わんケア依頼する

◆Δい弔發里茲Δ貌以病院へ連れて行く 入院 治療 ・往診してもらう
 ・病院付き添いわんケア依頼する

愛犬の事で頼めるご家族が 近くにおられないと心配ですが

そうなるかもしれない時の準備のみ シュミレーションしてあると

不安も解決するし もしもの時も段取りの打ち合わせだけで済む事を

お伝えしました。

写真でもわかるように・・・

頸の保持正常 背骨の湾曲無し 歩行正常

この調子で 

大好きな家族と大好きな家やお庭 大好きなお散歩コース 


シニアわんライフを大切に過ごして欲しいと思います。
 

Posted at 2017年08月30日 16時27分33秒  /  コメント( 0 )

引っ越しストレス!!...

14歳 ♂ 未去勢 シャローム君
相談内容:食欲ムラ 下痢 抜け毛 スタッドテール


4歳 ♀ 不妊手術 メグちゃん
相談内容:便秘 水飲まない 


ヒアリングから 熊本地震からの引っ越し2回目 

別々の部屋だったのが シャロム君 メグちゃん 同室となる

2頭とも「他人には怖がりさん」で「家族だけには甘えん坊」との事

対策案:2度の引っ越し環境変化に心と体が追いつくまで配慮ケア必要

シャロームちゃん
14歳 定期検診 下痢対策食事変更 スタッドテール洗浄 スキンシップ


メグちゃん
/事やスープにて水増やす ∧愴襯泪奪機璽検.張棆,掘´D欧苓斉葦親鮎紊欧覬浜

熊本地震からの恐怖体験 環境変化 

人間だけでなく わんにゃんにも大きく影響しています。

問題行動や体調低下には 少し時間がかかります。。

焦らず そこを

ご家族と共にゆっくり「癒し」の時間へ繫げます。  続く

Posted at 2017年08月29日 16時50分06秒  /  コメント( 0 )

元気ない時は早期治療...

前回はこちら→ルイちゃん在宅介護日記 魁8/23.25



ルイちゃん訴え声 動画



優しい手=介助し護る=スヤスヤ


8/28訪問看護 


(8/27 元気ない心配なので PM23時動物病院受診治療)

・天気:晴れ・部屋温度:24.2℃ ・湿度:44%

・体温:37.4℃ 
・心拍数:84回/分
・呼吸数:32回/分 

・排尿:ペットシーツ(無し)圧迫にて直径30cm
※ステロイド注射によるものか?いつもより多い
  
・排便:直径3cm×3cm 軟便直径2僉滷cm 飲水後粘調性軟便1cm 

・飲水:◎ (電解質飲料 シリンジにて)

・陰部洗浄  乾燥(横臥の姿勢で被毛濡れている)

・マッサージ ストレッチ(頸 肩 足裏 顔)
・ツボ押し(足裏 耳)
 
・左唇傷 えぐれ(出血炎症 無し) ⇒洗浄(緑豆)
・目 ⇒乾燥しそうなので洗浄 結膜少し赤い

・排便したくなると呼吸が早くなり腸の亢進音あり その後全部排出)

・右下横臥がお気に入り 左下横臥にすると文句声 ⇒ スヤスヤモードへ





ご家族の観察は 元気 食欲 体温や呼吸数をチエックして
早期に医療を受け ルイちゃんの癒しを上げて貰えてます。。

老いる時 腎臓を病む時 様々な症状が起きるかもしれませんが
最善の選択を出来るように メールや電話で不安を解決へサポートします。

〜ルイちゃんとご家族の優しい時間〜 続く

Posted at 2017年08月28日 19時19分11秒  /  コメント( 0 )

子猫を捨てる人へ伝え...

遺棄された2にゃんず兄弟⇒子猫の命を遺棄(犯罪)する前に!!相談する場所があります!





遺棄にゃんずサポートチームよりご挨拶


2匹のねこ達の里親さんが見つかりました。

皆様、ご協力ありがとうございました。

猫を発見し里親を探してくれた方、猫を気にかけて情報を広めてくださったボランティア団体の方(その関係でもう1匹の里親さんが見つかりました)、猫の世話の仕方やケアをしてくださり、里親探しを一緒にしてくださった動物看護士の増子さん、そして、関心をもってくださった皆様、ありがとうございました。

2匹とも優しいご家族のところへ行きました。
これから、たくさんの幸せがあることを願ってます。

こねこが放置されていると連絡があり、一時的に保護して里親を探すと決めた時、猫は昔飼っていましたが、里親さん探しの経験がなく、探す方法や見つからなかった時のことなどを考えたら、正直、心配でした。

子猫達も当初は警戒し、ご飯も食べなかったので、弱っていかないかなど、体調の方も心配になりました。
その後動物看護士の増子さんと繋がることができ、飼育のことから里親さん探しの方法まで、詳しくアドバイスをしてくださり、子猫も子猫らしく、食べて、遊んで、寝て、元気で、そして、人の繋がりから、里親さんがみつかり、里親さんのところへ行くことができて良かったです。

ただ、今回は猫が捨てられてからすぐに発見され、保護、里親さんが見つかるという状況や環境があったから良かったですが、そのまま放置されて発見されてなかったら、親猫もいない、ご飯も自力で確保できない、外敵に襲われる、車にひかれる。生命を落とす可能性は十分あったと思います。
猫を置いて去っていった人にも色々な状況があったと思います。
でも、もう少し生命のことを大切にして、考えてあげてほしかったです。

生命を大切にしてあげれば、世界も少なくとも自分たちの周りだけでもやさしく、良くなるんじゃないかなーと思いました。

ただし、やみくもに世話するのではなくて、生命には責任も伴うことも、今回学ばされました。

長くなりましたが、皆様のご協力があり、ねこ達は無事にご家族の元に行くことができました。

ありがとうございました。

そして、引き取ってくださった飼い主の方、本当にありがとうございました。(^^)

ねこのことを含め、皆様の幸せを祈ってます。




相談を受けてからサポートに入り 沢山の支援を受け
この2にゃんず兄弟は生涯の家族と出会う事が出来ました。

保護に関わり支援してくださった皆々様へ感謝します。

最後に・・・・

この2にゃんず兄弟を遺棄するまで
優しい猫に育てた飼い主さんへ
どうか・・・このブログを見て欲しいです。

この2にゃんず兄弟のような事が
二度と起こらないように
動物遺棄という犯罪にならないように

猫を愛し育てて欲しいのです。お願いします。

Posted at 2017年08月27日 17時48分50秒  /  コメント( 0 )

癒しの方法色々あるよ...


ルイちゃん在宅介護日記 押8/21


8/23訪問看護 

・天気:晴れ・部屋温度:26.1℃ ・湿度:48%

・体温:38.1℃ ・心拍数:80回/分 ・呼吸数:28回/分

・排尿:ペットシーツ直径5cm+直径10cm  
・排便:良好便 少し

・飲水:◎

・陰部清拭
 
・左右唇傷 ⇒洗浄(緑豆)

・カートで散歩 暑いのか?姿勢が嫌なのか?眠いのか?
ご機嫌斜めなのでショートコースにて帰宅

・マッサージ ストレッチ ツボ押し

サンキャッチャー 岩盤浴(鉱石)

8/25訪問看護 

・天気:曇り ・部屋温度:25.6℃ ・湿度:47%

・体温:38.6℃ 
・心拍数:96回/分 ⇒72回 
・呼吸数:80回/分 ⇒24回


暑かったのか?吠えていたからなのか?心拍数と呼吸数が心配でしたが
ルイちゃんにとっての最適な環境へ変えたら⇒安定

・排尿:ペットシーツ(少)圧迫にて直径25cm  
・排便:直径3cm×5cm 昨日出ていない

・飲水:◎ 

・陰部洗浄  乾燥(横臥の姿勢で被毛濡れている)

・マッサージ ストレッチ(頸 肩念入り )⇒斜頸が緩和
・ツボ押し
 
・左唇傷 えぐれ(出血炎症 無し) ⇒洗浄(緑豆)

・排便排尿が嫌だったのか?⇒吠えていたため心拍数+呼吸数上がる⇒散歩中止

・伸びた爪切りに わんケア変更

・右下横臥がお気に入りすぐスヤスヤモードへ



ご家族=ルイちゃん=増子
情報や悩み共有⇒問題解決へ

 


頸 真っ直ぐ保てる


スヤスヤな寝顔 最高可愛いです


ルイちゃんの生きる為の毎日は 

ルイちゃんのご家族の看て護る行動

ルイちゃんの生活を介して助ける行動

ルイちゃんへの愛情が必要です。

凹んだり悩んだりしんどかったりします・・・

だから そんな時は動物看護師へ相談して欲しいのです。

1日24時間 出来る事やりやすい方法や時間を変更し

無理しないで

頑張らないで   寄り添って欲しいからです。 続く

Posted at 2017年08月26日 17時33分28秒  /  コメント( 0 )

「命を繋ぐ行動とは?...

衰弱した汚れた猫を保護し動物病院へ連れて行った NATUMIさん

ピンクの蚤取首輪をつけているので「飼い主さんが必ずいる!」と信じ

弱り切った体をみて 涙がぽろぽろ流されながら毎日毎日

看病やお世話とご近所での聞き込みをされました。愛の人だと思いました。


問題は・・・

 嵎欷酣 ラックがご飯も食べない お水も飲まない」
◆屬匹里茲Δ砲靴董〇瑤ぜ腓気鵑鮹気靴燭蕕いい?わからない」
「自分の家には3頭猫がいるので長期保護は出来ない」
ぁ屬發兄瑤ぜ腓気鵑見つからなかったらどうするか」


そこで 増子元美登場

■看護 栄養 衛生面サポート

■拡散方法 犬猫問題解決NOTESでレクチャー

衰弱保護猫「ラック」SOS活動START!!

下記は NATUMIさんの facebookの記事です。

NATUMIさんと沢山の人々の想いが・・・

「ラック」の「命」と「倖せ」を引き寄せました。

NATUMIさん ご協力の皆々様 動物病院の皆々様

本当に ありがとうございました。

「迷子にさせない」
「迷子になったら捜す」
「最期まで共に暮らす」

「ラック(チビ)ちゃん」の飼い主さんへ伝わったと思いました。


犬猫問題解決NOTES


■6P 迷子を保護した時の対策   怪我や脱走や病気に気を付ける基礎知識


2017.8/15


【拡散希望】迷子猫を保護しています‼︎‼︎至急飼い主さんを探しています‼︎‼︎
8月15日AM1時頃、私のお店(熊本市中央区新屋敷)の前で衰弱して倒れている猫がいて保護しました。首輪はしていますが、迷子札はなく情報がありません。
発見場所と体調から考えて、【新屋敷、大江、新大江、子飼、渡鹿、水前寺、黒髪】付近で飼われていたかと考えられます。
翌朝、病院で点滴の処置を受けましたが、未だに自力での食事は難しい状態です。
私も明日までは仕事が休みの為、お店での保護は可能ですが、仕事と飼い猫もいる状況の為18日以降は保護が難しいです。
熊本市愛護センター、警察への連絡済みです。
ただ、愛護センターでは猫の受け入れは行っていません。
現在のこの子の情報を以下記載します。

※同時に一時預かり保護が可能な方も募集します。

自力での帰宅は困難な状態なので、皆さんの拡散によって飼い主さんの元に還してあげたいです。ご協力お願いします!

・愛護センターへの迷子届出なし
・老猫とみられる
・オス 去勢あり 耳カットなし
・歯周病による食事困難
・スポイドでは水を飲みました
・体重2.3キロ
・皮下点滴を一度行っています
・ピンクと白のノミとり首輪をはめていました


2017.8/18



拡散希望【迷子猫を保護しています】

先日の記事のシェアありがとうございます!
まだ情報はなく、引き続き迷子猫の飼い主さんを探しています!

現在の状況は、点滴を続けて極度の脱水状態が少し緩和された様子。毎日の通院も負担になるので自宅での点滴に切り替えています。
昨日は頭を上げることができるようになり、今朝は少し歩いてオシッコができるようになりました。やはり歯周病が痛々しくエサはまだ食べませんが、水とミルクを与えています。

身体の痛みが楽になるように、あと幸運を祈るgood luckからとって、愛称を『ラック』と名付けました。
ラックも飼い主さんの元に帰れるよう頑張っています。
私も命ある限り希望を信じます。


2017.8/19




栄養補給 動画


ご報告拡散希望【飼い主さんが見つかりました😭✨】
たくさんの皆様のシェアのおかげで、その中の情報を元に飼い主さんを見つけ出すことができました。SNSの力って本当にすごいです!
無事ラックを飼い主さんの元へ帰せて本当に良かったです。ありがとうございます!

飼い主さんの話によると、ラックはやはり先週から弱っていたそうです。
その状態で居なくなったから、もうどこかで死んでいるかなぁと思っていたそうです。

本当の名前はチビで、13歳ということも分かりました。

約1週間彷徨っていたんですね。口の中の潰瘍が痛くてご飯も水もとれない状態で、、よく生きててくれたなぁと。

もし飼い主さんが愛護センターや警察へ届けていたら、、、
すぐに見つかったはずです


衰弱している猫は殺処分対象になると言われたので、今回 愛護センターへ連れて行くことはしませんでしたが、もし連れて行っていたら、、、飼い主さんが愛護センターへ問い合わせしない限り、見つかることはなかっただろうし、ましてやいまチビは生きていなかったかもしれません。

まだまだペットが居なくなったら愛護センターや保健所へ届出をするということをご存じない方も多いのかなと思います。

居なくなったペットは望みを捨てずしっかり探してあげて欲しいです。
それが飼い主としての責任の1つだと思います。
どこかでもう死んでいるかな、、、なんて悲しいです。

一報を聞いてすぐに駆けつけてくださり毎日フォローしてくださった動物看護師の増子さんをはじめ、獣医さんやご近所の方々がラックの為に必死に動いてくださって、こうした結果に繋がったことは、きっとラック自身が生きたいと強く願ったからこそこの縁を引き寄せたんじゃないかなと思います。

本当に皆様ありがとうございました!

短い間だったけど、私もラックからたくさんのものを貰いました。ラック ありがとう早く元気になって幸せにね!

Posted at 2017年08月25日 18時03分20秒  /  コメント( 0 )

ご家族の万が一の時に...



3年前 飼い主さんが亡くなり ちょこちゃんは

今の飼い主さんの愛犬になり 13年が経ちました。

飼い主さんもちょこちゃんも大きな病気や怪我もなく

生活されていましたが

飼い主さんが怪我をされて入院〜退院〜要治療中〜 

悩みは 高齢な愛犬と高齢な飼い主さんのこれから

■ちょこちゃん要介護になった時 日々のお世話が難しい

■飼い主さんに万が一の時ちょこちゃんを頼む人がいない


そこで

●飼い主さんの要望・希望

●ちょこちゃんにとっての最善策

●託される側への配慮(施設や譲渡)

しっかり 飼い主さんとちょこちゃんの事を

聞き取りする事ができました。

これからは 

飼い主さんとちょこちゃんの「ずっと一緒」がベースですが

様々な変化 状況に応じ

健康と快適な生活へのプランを提案を担当する事になりました。 




★ちょこちゃんは お茶目で カメラ向けるとポーズしてくれる

ぽっちゃりキュートな16歳でした。

続く

 

Posted at 2017年08月24日 17時02分36秒  /  コメント( 0 )

子猫の命を遺棄(犯罪...

生後1〜2か月の子猫兄弟 

人を怖がらず ノミダニもいなくて きっと

母猫の妊娠 出産 授乳時 と大切に大切に

育ててくれていたと思います。

しかし・・・何故・・・

「突然外に遺棄したのですか??」

もし保護されなかったら・・・

知らない外の世界 ご飯もなくお水もなく飢え苦しみ 

暑さで病気になったり車に轢かれたりしたかもです。

きっと重大な事情があったのだと思います。がしかし

どうか・・・このブログをご覧になったら 今からでも遅くありません。

この子猫達に「ごめんなさい」して

一緒に新しい飼い主さん(家族)を見つけましょう。。

この兄弟は 今でも  あなたの優しい声や手を 覚えていると思います。


犬猫問題解決NOTES P7/P8

わんにゃんぴっ相談室090-8627-0601




緊急〜拡散希望







ペットケージ配達 トイレ設置 遊び場設置 サポート



1日でも早く

このにゃんずの生涯の家族と出会え「ニコニコな生活」へ

繋がりますように・・・・続く

Posted at 2017年08月23日 20時18分42秒  /  コメント( 0 )

コトバなくとも伝わる...

くちびるの傷!注意ルイちゃん在宅介護日記院8/18



8/21訪問看護 

・天気:曇り小雨 ・部屋温度:25.4℃ ・湿度:51%

体温:38.4℃ ・心拍数:80回/分 ・呼吸数:24回/分

・排尿:ペットシーツ(少な目)圧迫にて直径15cm  
・排便:無し 

・飲水:◎

・陰部洗浄 清拭 乾燥(横臥の姿勢で濡れている)
 
・左右唇傷 えぐれ減る ⇒洗浄(緑豆)

・表情目ジカラあり

・カートで散歩 伏せの姿勢気に入らない(涎あり)

・右下横臥にすると大人しくなる





「子供達からのガンバレ〜とルイちゃん」


自分でゴクゴク出来るルイちゃん



タオルを巻いて マッサージ 竹ピンツボ押し

右下の横臥がお気に入りですが 仰向け 伏せ 左下横臥
首 肩 足 関節のストレッチ(気持ち良さそう)

パクパク出来て スヤスヤ出来て ワンワン出来て

介護するご家族は日々のルイちゃんの変化に心境は揺らぐと思います。

それでも

ルイちゃんのコトバなくとも

「嫌なのか?」「嬉しいのか?」「気持ちいいのか?」
に寄り添える時間を大切にして貰えてます。

ルイちゃんは 倖せさん  続く

Posted at 2017年08月22日 17時12分12秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  | 次へ