メインメニュー
2017-07-29

大切な家族の介護とは...

人間の場合

費用:医療保険・介護保険・実費・高額医療制度

設備:救急病院・専門病院・介護施設・機能回復施設

相談:ソーシャルワーカー・医療相談・介護相談・理学療法相談・看取り相談

家族支援:ネットワーク・ケアマネージャー・セミナー・民生員

犬猫の場合

費用;民間保険加入・実費

設備:動物病院(24時間対応少ない)機能回復病院(少ない)介護施設(少ない)

相談:医療相談・介護相談・リハビリ相談・在宅ケア相談⇒わんにゃんぴっ相談室

家族支援:ネットワーク(インターネット・犬猫仲間)


人間の場合 2000年4月1日 介護保険法が出来て、認定、給付、サービスが始まる。


2017年の現在

動物医療は進歩して検査や治療や予防方法は進みました。

しかし 在宅での看護介護の負担は 家族に全てのしかかり 

様々な事で 不安になり孤独になり体調まで崩しやすいのです。

護れるはずの家族が疲弊するケースがあります。

そこで 日頃から

愛犬 愛猫の看病や介護について 

※「コトバなき動物は何を望むか?」

※「看護や看取る家族はどうしたいか?」

目標を決めていると 「悩む時間」は減ると思います。

食べる事が大好きなのか?

お散歩が大好きなのか?

ドライブが大好きなのか?

何処で寝るのが好きなのか?

そうなんです。。毎日共に暮らしてきた家族だからこそ

「治療方法の選択」「機能回復選択」「看護介護プラン選択」

しっかり代弁して決断して欲しいのです。

もちろん そこには コトバなき動物の声を聞き

どんどん軌道修正は常にできます。

「たとえ 立てなくなっても・・・喜ぶ大好きな公園へ連れて行きたい。。」

「食べなくなっても・・・喜んで食べれる物 飲みこめる物を選びたい。。」

病や老は確実に来てしまいます。

出来なくなった事を数えると悲しくなり悩みます。

しかし愛犬愛猫の「命」ある限り

「最強のサポーター」として ご家族にはコツコツ歩んでもらいます。

その為には 相談する人が必要なんです。 

動物看護師 増子元美の役目をどんどん 利用して欲しいです。


夢ちゃんママからの手紙




車椅子が出来るまで立つ練習 伏せの練習 仰向けの練習


嬉しいよ 歩けるよ! 動画>

Posted at 2017年07月29日 10時49分14秒  /  コメント( 0 )