メインメニュー
2017-04-18

遺された愛犬はどうな...



レイ(白) モンバン(茶)


60才の飼い主さん 2017年4月15日

「レイとモンバン」を遺し急死されました

頼りの家族は、介護施設入所され面倒はみれません。

保健所へ連れて行かれる前に

「レイとモンバン」新しい家族にバトンタッチ出来たらと願いです。

情報によると 年齢は 6歳? ♂ 未去勢 性格大人しいそうです。

ノミダニ予防済み



我が家 愛犬KOUの場合



飼い主である私が「死亡や高度障害」になった時の為に

「生命保険」
に加入している。

保険金は 

愛犬の生存・看取り・葬儀費用(食事 医療 生活 埋葬)

愛犬の「終生飼養+適正飼養+笑顔の生活」を託す方や場所費用 

我が家の愛犬は 高齢だし 怖がりだし 肝臓腫瘍があり 食事のムラや管理面倒

手間がかかるからこそ 

_雜逎吋▲廛薀鵑僚侏茲觧楡澆愼所
∨問介護ケア付での預かり家庭
M彜墨遜菽屬瞭以病院入院

どちらかになると思う。

出来る事なら 最期の日まで 飼い主である私が看取るべきだが

明日の命は 飼い主だって約束はされていない。

だからこそ

犬猫と暮らす全ての飼い主さんは

もし暮らせなかった時 

★何処に誰に託すのか??

★飼い主と離れ暮らす犬猫の気持ちは?? 

★託された側の家庭や施設の心配ごとは??  

考えていて欲しいと願います。

   ↓     ↓     ↓

犬猫問題解決NOTES P11 「飼えなくなった時・・・」沢山の飼い主さんへ読んで欲しい

Posted at 2017年04月18日 12時40分18秒  /  コメント( 0 )