メインメニュー
2017-03-06

愛犬16歳 宇宙(そら...

熊本市で誕生した仔犬は

動物愛護センターへ保護

新しい家族の元へ譲渡 

「どんちゃん」と命名されました。

熊本地震 震災を体験し体調を崩し

16歳の時 介護が必要になりました。

熊本市動物愛護センターのワンニャン相談コーナーへ相談されました。

  ↓        ↓

愛犬16歳 どんちゃん日記 ワンニャン相談コーナー 2月25日 


「どんちゃん」ママさんからメールが届きました。


おはようございます。

増子先生にだけは、お伝えしたいと思い、メールしました。

どんちゃん、すごく調子が良くて、これから

介護を楽しみながらやっていこうとしていたのに

3日の夜中、亡くなりました。

そして、昨日、夕方、葬儀・火葬しました。

どんちゃん、亡くなったと思うと辛いので、魂が宇宙(そら)に行ったと思っています。

本当に突然で、今までで1番辛かったし悲しいし、

正直、今も、信じられません。

これからの自分の生活がどうなるのか不安ですが、

どんちゃんが見守ってくれてると思って、とにかく、頑張っていきます。

先生、ありがとうございました‼





おはようございます。

どんちゃんは

私達より先に永遠の命ある世界(天国)で待っててくれてます。

離れ離れは悲しく寂しく辛いけれど

大好きなパパとママと大好きな家で看取り見送りされた

どんちゃんは幸せと思います。

淋しい時 どんちゃんの話ししたい時

すぐメールくださいね。

心からどんちゃんのご冥福をお祈りします。

増子元美


「どんちゃん」は幸せさん

16年前 生まれた仔犬は 動物愛護センターで最高の家族と出会え

16年間 家族の愛情の元で暮らし 最強の介護を受け

最期の時まで 家族の愛情にに包まれ旅立ちました。素晴らしい。。

私の役目は 

大切な命と離れ離れ ご家族の悲しい涙が

永遠の絆を感じて いつも一緒で また会える日までと

優しい涙で語れるようになる日までです。  

私も 「どんちゃん」に再会できるまで しっかり 生きていこうと思います。 

Posted at 2017年03月06日 17時38分15秒  /  コメント( 0 )