メインメニュー
2017-01-03

熊本県動物管理センタ...

2016年4月14日から 収容された 犬猫は 処分せずに保護されていました。

しかし 2017年1月3日 熊本県管理センターには犬猫でいっぱいです。

10か所の保健所から集まる犬猫 すべてが救えているわけではありません。

保護中に亡くなる場合もあるし

11月からは 処分も始まっているからです。


10年前だったら・・・処分を止める事は出来なかったと思う

何故ならば 抑留頭数が多いからである。
  
  ↓     ↓ その数は

10年前の熊本県動物管理センター収容後の犬5246頭 猫3072頭とは? 


動物管理センターで譲渡を待つ 犬猫達は まっすぐ生きています。

感染症や怖がりや威嚇 などなど・・・・問題も多いのです。

しかし・・・ここから 倖せになって欲しいです。

そうして このような状況を止めたい!!!

  

■犬猫を安易に手放す人々

■犬猫を迷子にさせたままの人々

■犬猫の繫殖させ続ける人々

■犬猫の看護介護で困った人々

どうか・・・・今一度 

家族の一致員として  最期まで

社会の一員として 最期まで 笑顔で 共に暮らして欲しいと思います。

困ったり悩んだりしたら 相談して欲しいです。

犬猫問題解決NOTES&わんにゃんぴっ相談室へご相談ください。

熊本県動物愛護HP


10か所の保健所 迷子犬猫 譲渡待つ犬猫 の情報が掲載されている。

保健所で 飼い主さんがお迎えに来なかったり 新しい譲渡先が決まらなかったり

彼らは  熊本県動物管理センター  へ移送されます。

譲渡不適合の基準になる犬猫もいるのです。。

野犬が増えるとは?

野良猫が増えるとは?

人が原因を作っていないか??

その原因によって 犬猫の生活や命が失われるのは「大きな罪」と思います。 

熊本地震にて 当たり前に生活から一変してしまったり

飼い主さんが入院や亡くなられたり緊急な事情もあったり

それでも 愛犬愛猫を簡単に手放す前に 

どうか諦めずに 相談して欲しいです。 

共に暮らした家族の手から 新しい家族の手まで 導いて欲しいのです。

どうか・・・あなたと共に暮らした犬猫が

「あなたと出会えて暮らしてよかったよ!」と言われる飼い主さんへ

なって頂きたいです。

そうです

あなたが もし 犬猫だったら・・・「どんな家族と出会い暮らしたいですか?」

犬猫のコトバなき声を どうか 熊本じゅうに 日本じゅうに 伝わりますように


犬猫問題解決 NOTES2016

SPECIAL THANKS

★つねさん 様 ★ひかるこ 様 ★天草レストハウス結乃里様 ★岩崎光美様

★ 株式会社 ジェネシス21様 ★村上和美・わんわんランドアグリ様

★小林元郎・成城こばやし動物病院 ★下堂薗賢二(伝えるデザインスタジオ)様



Posted at 2017年01月03日 13時32分51秒  /  コメント( 0 )