メインメニュー
2016-12-01

熊本地震 家屋解体 ...

■益城町の応急仮設団地 世帯数 犬猫飼育数 表 

…顛后。沓垣ぢ咫〇養世帯5 犬3 猫2

∪岼罅。械機      。検仝ぃ粥’6

9安 53       11 犬12 猫2

ぅ謄ノ516       104 犬80 猫47

グ賊福。沓亜      13 犬14 猫5

θ嗅郛48       9

Ь池島田82       7 犬7  猫6

木山 220      26 犬18  猫11

馬水 77      10  犬6  猫9

東道 56       9  犬9  猫6

平田 48

櫛島 41

西原 54

安永東43

惣領 63

暗賁掬庁隠

云緜圈。僑


仮設住宅に暮らす犬猫

自宅にて軒下生活の犬猫 解体が進み

居場所が無くなっているのでは??

今日は 益城町保健福祉センターでボランティア活動中

相談を受け その後 見守りさせて頂いている「レオちゃん」に

久々に 逢いに行きました。毛艶も良く元気いっぱい 

地震の恐怖から神経ピリピリも改善していました。

わんにゃん緊急災害ネットワーク熊本



今日のレオちゃん(飼い主さんは応急仮設住宅)瓦礫は撤去済み



2016.7月レオちゃん(飼い主さんは避難所の頃)





飼い主さんが 毎日お世話に来ているにゃんず(9+1頭)

これから 寒さケア 排泄物ケア 飼い主さんも心配されていると思います。



飼い主さんが毎日お世話に来ているわんこ 「広い敷地に犬小屋」



写真が撮れませんでしたが 

飼い主さんは 仮設住宅 軒下生活の5歳のわんこ 

震災直後から 体調を崩したそうですが今日は元気でした。

軒下生活の犬猫は

夜は一人ぼっち・・・しかし 家族と繋がり 逞しく生きて暮らしています。



仮設住宅へ遊びに外出する にゃんずの飼い主さんにお会いしました。 

★迷子にならないように名前札を付けてもらうように

★迷子になった時の冊子をお渡しできました。




被災地の皆さんの笑顔

被災地わんにゃんの笑顔

家屋解体が終わり 新しいお家や生活への復興へ向かわれていますが・・・

犬猫の生活にもまだまだ 不安が残されていました。

引き続き

動物と人と地域に 「復倖」が一日でも早く訪れるように

出来る事をコツコツ 頑張りたいです。

Posted at 2016年12月01日 17時59分18秒  /  コメント( 0 )