メインメニュー
2016-08-15

熊本地震 熊本県災害...

熊本地震 被災動物

被災地の犬猫と家族の現状
日々変化します。
まだまだ 沢山沢山

安心して暮らせてないのです。
暑さ 台風 飼い主さんとの離れ離れ
様々なストレスが起きてます。

これからの被災動物のニーズに対応出来るチーム

熊本災害時動物救援チーム

どうぞよろしくお願いします。

熊本県動物愛護推進協議会委員 増子元美





#拡散希望 #熊本地震 #支援金

***熊本地震における被災した犬猫のために支援金のご協力をお願いします***

皆様には熊本地震に際し多大なるご支援していただき感謝申し上げます
地震から4ヶ月立ち新たな問題も出てきました
現在仮設住宅など住居が出来ているので避難所は9月には閉鎖の予定となっていますが
仮設住宅は動物を飼うことができますが
みなし仮設(通常の賃貸住宅で行政が家賃を代わりに支払う)や市営住宅県営住宅は動物を飼うことができません
また全壊半壊の家の解体作業が始まり 今まで家の中にいた動物を置く場所がなくなります
飼えない場合放棄されることも予想され
一時的に預かるシェルターの設立が必要となっています

また熊本県動物管理センターは動物が許容量を超えていますので
放棄また遺棄されても十分な管理ができません

以上のことから
皆様に支援金をお願いし
1.動物の一時預かりシェルターの設立運営
2.動物管理センターにおける飼い主のわからない保護動物の健康管理 譲渡
3.震災のために外飼いになっている動物の健康管理 繁殖防止
のために使わせていただきます

皆様のご協力をお願いします

口座
ゆうちょ銀行  17100 32161441
       熊本県災害時動物救援チーム

熊本県災害時動物救援チーム

代表  東海大学教授 熊本県動物愛護推進協議会会長
             森友 康生

副代表 熊本県獣医師会 きくなん動物病院
             平山 美幸

協力  熊本県 熊本県獣医師会 熊本県登録動物愛護団体

Posted at 2016年08月15日 19時12分10秒  /  コメント( 0 )

熊本地震から4か月 ...




わんにゃん緊急災害ネットワーク熊本


https://www.facebook.com/groups/1258296587521643/




第2回会議をH28 8/10 19時より行いましたこと、ここに報告させて頂きます。

会議内容と致しましては、

|録未ら4ヶ月間を迎えるにあたってのこれからの活動内容の確認

(仮設にはいられたり、避難所閉鎖、解体などからのわんにゃんのケアー)
(犬猫のメンタル問題行動ケア 犬猫介護ケア 相談室) 


∋抉膓發粒萢冓法 (被災地犬猫に関わる問題解決へ専門家の謝礼等々)

支援物資のメンバー保持在庫確認  等々

以上について、会議を行いました

今後も私達メンバーは、

引き続き被災者の方々の貴重なお声を聞きながら

熊本現地メンバーとして 共に助ける

熊本県外からの応援メンバーの支え応援


被災地の動物とご家族の生活再建 動物福祉へ、

共に助けられるネットワークとして支援者の皆々様と繋がらせて頂けたらと思っております。

わんにゃん緊急災害ネットワーク熊本 一同


代表 増子元美

Posted at 2016年08月15日 12時55分06秒  /  コメント( 0 )