メインメニュー
2016-01-16

愛犬が立てなくなった...

病いや老いは避けれない

そんな時  看護介護はどうしますか??


老いは徐々にやってきます。日頃から

愛犬猫の観察をされ在宅介護の準備が必要です。




たとえ 要介護状態になっても どうか

相談できる 支えてくれる 動物看護師が居る事を知って欲しい。

そこで 飼い主さんには 早期に異変をキャッチして欲しいのです。



・首や足や腰は痛くないか?

・目は見えているか?

・耳は聞こえているか?

・匂いは感じるか?

・食事は自分で食べれるか?

・一人で歩けるか?

・痛い所はないか?

・便秘や下痢はないか?

・排尿は回数は?色は?


次は 在宅での介護プランの準備


・介護設備の設置(床材 スロープ マット など)

・介護用品の補充(装具 車椅子 おむつなど)

・介護計画を立てる

(在宅・動物病院・動物看護師による訪問介護・ペットシッターなど)

・主治医の動物病院との信頼関係

(命に関る事もあるので日頃からコミュニケーションが必要)

・食べなくなる前に 立てなくなる前に 意識がなくなる前にサポート必要

・夜泣きのケア

・寝たきりのケア

(床ずれ 関節&筋肉などが硬くなる。マッサージ、ストレッチ、

 バッチフラワー、びわ温灸、カラーセラピーなどでケアする)

・ペットロス 看取りのサポート


家族である犬や猫には 

平安な毎日(美味しい 嬉しい 気持ちいい)になるように・・

介護者家族の皆さんには

今を大切に(焦らない 諦めない 明るく)になるように・・

頑張ってもらえるようにサポートします。



犬猫問題解決NOTES

プロジェクト内容
  ↓ ↓
https://readyfor.jp/projects/wanp1122p


支援者 119人

残り日数 35 日

目標達成 102%

犬猫問題解決NOTES必要な皆様がいらっしゃると思います。

支援ポチッと3000円 

メッセージ付 拡散 お願します。

Posted at 2016年01月16日 10時57分08秒  /  コメント( 0 )