メインメニュー
2015-09-17

KOU日記  愛犬 突然...

前回はこちら→ KOU日記 看護&介護とトリミングとは??

4月の肝臓疾患発覚(胆嚢 肝臓腫瘍疑い)

ウルソ錠投薬 と 食事管理 

昨日は 嘔吐無し 下痢無し 元気 食欲あり

今朝は 食欲無し 元気無し 震えあり


増子元美のココロの声

「え=====??どうしたんだろう??」
「お腹痛いのか?腰が痛いのか?」
「朝一の仕事をずらして とにかく 動物病院へ行こう!」

■バイオアロマ(緑豆 かのこ草 パクチー)メシマ
■マッサージ

30分後 KOUの態度が変わった。

震え無し 背伸び 吠える 遊ぼうのポーズ 元気目チカラあり

「お留守番から動物病院へのお出かけがわかったのか?」
「登校拒否的な・・お留守番拒否なのか??」
「肝臓疾患 暑さなどでお留守番でスキンシップ足りていないのか?」

9時から11時まで 心配なので 仕事にお供させてみた 
その間 震えもなく スヤスヤと眠っている。

動物病院へは行かないでも良い状態だけれど要観察



KOUと一緒に美容室へ 私がヘアスタイリングの間

震えなく気持ち良さそうに待つことができた。

自律神経に異変が来る  KOUのストレスとは??

在宅介護生活 お留守番生活 スキンシップ不足 環境の変化?

とにかく コトバなきKOUの声を聞きながら大ごとにならないように

KOUにとって 嬉しい 楽しいの時間が

悲しい 寂しい つまんないの時間を上回らないように

メンタル面のケアが必要と感じた日でした。


犬や猫にはストレスはない!と言われる方もおられますが・・

様々な問題行動や体調不良のきっかけが

わんにゃんにとってのアンハッピーな出来事とつながる事例は沢山あります。 

病気は動物病院ですが 原因がメンタル面にあるならば再発を防ぐためにもケア必要。

わんにゃんは、いつもと違う飼い主さんの異変に気づき 

わんにゃんには・・ココロとカラダに変化が起きる

問題行動(自傷行為 マーキング 遠吠え 震え)

体調不良(食欲不振 便秘 下痢 アレルギー)

コトバなきわんにゃんのメッセージを早く気付いて解決できるように

サポートできる動物看護師でありたいです。





 

Posted at 2015年09月17日 13時27分10秒  /  コメント( 0 )