メインメニュー
2015-09-03

飼い主さんが緊急入院...



飼い主さんとわんこと暮らしていた8年間

飼い主さんが緊急入院されました。

飼い主さんは治療へ

「わんこは?だれが?」

県外で暮らされているご家族が悩まれて

主治医の動物病院の先生から増子へ繋いでもらいました。

早速 次回 熊本入りされるまでの わんこのケアプランを作成しました。

わんこの性格が 

飼い主さん一筋かつ繊細なので 

飼い主さんが退院されるまでは わんこも寂しく不安と思うとの事で

まずは 環境を変えず 様子を見ながら

わんこの負担が大きくならないように 毎日のわんこを様子みながら

ご家族と増子とで飼い主さんの不在の間を埋める事になりました。

「父にとっては大切な家族=わんこなので ケアしたいです」

ご家族のお父様とわんこへの愛情が沢山でした。



明日からは

ご家族とは遠隔ですが・・LINEのグループで細かく打ち合わせする事に

なりました。


お父様とわんこと家族と今は離れ離れですが

「気持ちはちゃんとつながっていること」に感動しました。


日本中のわんにゃんが・・

最期まで・・・大好きな人と大好きな場所で・・・

共に笑顔で一緒に暮らせますように・・・

もし離れ離れでも「愛情」 がつながってますように・・・ 

Posted at 2015年09月03日 16時55分38秒  /  コメント( 0 )