メインメニュー
2015-08-29

愛犬 夜中に異変→  ...

わんにゃんぴっ塾生 

わんわんランドアグリ オーナートリマーさんのご愛犬(あんみつちゃん)

今までのあんみつちゃんの様子は

     ↓    ↓
わんにゃんぴっ塾 3期生日記

あんみつちゃん歩行器体験中/a>


27日 23時 あんみつちゃん 発熱 元気 食欲 飲水 なし 目ヤニひどい

夜間診療の動物病院にて診察 血液検査 

貧血と白血球上昇が発覚 応急処置をしてもらい

28日 食欲 飲水 元気 改善 目ヤニも改善

29日 主治医の先生にて受診

なんと 眼は角膜潰瘍判明 点眼薬開始。

心配していた咳は 心臓からか?心臓の投薬開始。

どうしてもシニアなのと偏食の癖があるので

粘膜再生 皮膚再生 血液再生 少しずつダメージが来ていたことが

予測されます。

そこで  「偏食対策」が始まります。










大好きな物だけで  病気やアレルギーにならないならいいのですが

どうしても 病気になると投薬が増え 肝臓腎臓や皮膚などに異変が出やすい。

そこで

あんみつちゃんの体にストレスを減らし 美味しいなかにも栄養強化できるように

これからは 飼い主さんと共にシニアわんケア スタートします。。

皮膚の「できもの」や「いぼ」や「角化・たこ」になりやすい子は

次は あらゆる粘膜が弱くなりやすく・・・感染してしまう事例が多いのです。

(口腔粘膜 咽頭粘膜 眼の粘膜 鼻粘膜 腸粘膜 膀胱粘膜)

皮膚 被毛がピカピカだと健康度が上がります。。

偏食の子は・・・どの栄養素が足りないか??しっかり補えるように

どのような形にして与えるのか?諦めないで 身体を守ってあげたいです。

Posted at 2015年08月29日 11時36分12秒  /  コメント( 0 )