メインメニュー
2015-08-26

動物の在宅介護につい...

在宅介護優しい時間&未来の動物愛護について考える


CompanionAnimal PARTY 動物看護師増子元美 2015.8.26

動物看護師に「あなたは何故なりたいのか?」
動物看護師だから出来る社会貢献のスキル(技能)とは何なのか?
動物看護師になったら 「あなたは何をしたいのか?」


‘以看護師 増子元美が 進路 動物看護師を選んだ理由は??

増子元美が 動物看護師になって 何故在宅での介護にこだわるのか??

わんにゃん優しい時間とは?医療と在宅介護  その為には必要な事は??

■自己紹介〜「優しい時間」在宅介護について

簡単ケアが何故必要か?(悩み=夜泣き 床ずれ 食べれない)

■在宅介護ケアを支援する必要性  → 嬉しい 気持ちい 美味しい 癒しの時間

★枇杷の葉こんにゃく 体験
準備物
板こんにゃく+ 琵琶の葉 +浴用サイズタオル +輪ゴム(2個)
鍋とコンロ(10分温める) 菜箸
実習
こんにゃくを使って温めてみましょう

★ベッドサイドの身体清拭体験とシャワーボトル製作
準備物
500CC の空ペットボトル  蓋に穴をあけるキリ
実習
患部を洗浄してみましょう

★元気サポートスープ  食欲ない時はどうしますか??

F以と人間の未来について →「今のままじゃダメ」と「解決方法」を考える 

あなたの考える  「動物と人  こんな日本になったらいいな!!」

その為には??「どんな仕組み どんな仲間 どんな行動・・」が必要か?

グループで考え発表してみましょう。


高齢わんこさんをモデルに

琵琶の葉こんにゃく体験 竹ピンマッサージ体験

学生の皆さんにとっっては 知らない民間療法

しかし

「気持ちいい時間」→「癒しの時間」をイメージできたと思いました。











殺処分や犬猫の虐待や遺棄問題に対してどうしたら解決するか?

そのためには何が必要か?

4班に分かれて意見を出し 目標まで立て発表してもらいました。

未来の動物看護師の皆さんの意見はしっかりしていて

この意見をきちんと社会や地域に発信できたらいいな〜と思いました。

高齢になり介護で捨てられる犬猫が減るために

しつけや問題行動が原因で犬猫が捨てられないために


動物看護師として出来る事で社会に貢献できたらと思います。


法律を変えなくとも飼い主さんの意識を変えれたら

「動物が倖せな社会になる」を目標にが印象的でした。

 


鹿児島キャリアデザイン専門学校 

動物看護学科 永吉先生 担当の先生の皆さん

17名の看護科の学生の皆さん 

有意義な時間を共有できたことに感謝します。

本当にありがとうございました。

Posted at 2015年08月26日 21時21分09秒  /  コメント( 0 )