メインメニュー
2015-08-15

14歳ゴールデンR♂  ...

前回はこちらから→  
14歳ゴールデンR♂  優しい在宅介護について



本日の遠隔わんケアサポート

「昨日から少し元気無い感じですが、食欲は旺盛です。熱も脇で38度前後位に落ち着いてます。今朝は37.8度。
止血剤が昨日でまた終わったので尿検査にいってきますが、潜血で継続薬になったらやはり続けるべきでしょうか。」

「元美さんの的確なアドバイスと指導の基、ママも頑張ってお世話してくれてます。真辺先生の処置も含めて廻りの方々に感謝です。
立ち上がることは叶いませんが、マーズもワガママ言いながら感謝しているように感じます。
ありがとうございますm(__)m」





毎日のシニアわんケア管理

/べやすい形状と栄養強化

▲泪奪機璽検.張棆,

6敍と腱ストレッチ (仰向け うつ伏せ 足曲げ)

し鮃チエック(体温 呼吸数 身体の異変)


食べれなくなると栄養偏ると・・体がだるくなり

どんどん 機能が低下したり嘔吐や下痢や膀胱炎などの感染になりやすい

立てなくなると・・横向きの姿勢になれてしまい

どんどん  本来の筋肉 腱 関節の動きが悪くなり皮膚も傷み

そこから  痛みが伴う。。

MARS君の本日の写真

目ジカラは気力の表れ

頸ジカラは筋力の表れ

膀胱炎も止血剤不要に回復




出来る事が出来なくなる=増える

立てない 排泄できない と 介護が始まります。

介護されるわんにゃん

介護する家族

凹んだりイライラしたり悲しくなったりしますが

どうか・・・・

MARS君のように

MARS君家族のように・・

信頼できる動物病院

信頼できるわんにゃん仲間

信頼できる動物看護師に相談して支えてもらいましょう。。


優しい介護は「家族の愛情と知恵と行動」が必要ですから

ご家族の不安や悩みは1日でも解決して

明日は約束されていない「今」

大切な愛犬愛猫との「今」

優しい時間になりますように・・・祈ります。。

悩んだら・・すぐ 相談して欲しいです。。


http://cap-masuko.com/contact.html

Posted at 2015年08月15日 17時33分08秒  /  コメント( 0 )