メインメニュー
2015-07-07

ぷーちゃん ママから...

快適介護ケア  18歳ぷーちゃん 優しい在宅介護生活
→ http://cplus.if-n.biz/5002546/article/0454492.html

在宅での介護ケアを選ばれ

7月4日  7月5日  ぷーちゃんのにゃんケア担当しました。

5日

体温:37.0℃ 心拍数172回/分 呼吸数40回/分

排便 なし  排尿 あり(圧迫にて)

お水 甘酒 レスキューレメディー 飲み込む事出来る 

ホメオパシー(吸引)

大好きなお部屋に移動してマッサージ 竹ピンブラシ ホットタオル

気持ち良さそうに 足を延ばしてくれました。

4日では頸を持ち上げる事が出来ましたが

5日は目を動かすことで意思を伝えてくれました。

19時〜 飼い主さんとぷーちゃんの時間

歩けないけれど お外へお散歩して沢山お話して撫で撫でしてもらいました。


様子がおかしくなり 無口なぷーちゃんが「にゃ〜ん」と鳴いて

23:52 呼吸停止へ

6日はお通夜

7日は荼毘に




ぷーちゃんママから 写真メールが届きました。

18歳2か月のぷーちゃんとママの絆

これから・・ぷーちゃんを抱きしめられない寂しい涙が流れる日々になると思います。

しかし・・必ず・・ぷーちゃんがいつも傍にいてくれると感じれる日が来ます。

その時は優しい涙に代わる時です。

その時まで・・動物看護師 増子元美は ぷーちゃんママに寄り添います。

ぷーちゃんの生き様

ぷーちゃんままの看取りの姿

本当に素晴らしかったです。。



ぷーちゃんへ

ぷーちゃんは ママと一緒に頑張りましたね。。見習わなきゃと思いました。

いつの日かぷーちゃんに再会する日まで

動物看護師として KOUの飼い主として 人として

しっかり生きていこうと思います。

ぷーちゃん しばらく さようなら。。

沢山の気づきをありがとう。。

Posted at 2015年07月07日 19時56分20秒  /  コメント( 0 )