メインメニュー
2014-09-13

恐れないで悲しまない...

2年前まで・・

命ある動物の

「老い」「病い」「別れ」に寄り添う時

自分の無力さに落ち込むことがありました。

しかし

今は違います。。

わんにゃんの

「生」と「死」

愛犬愛猫の

どんな「生」を望むのか?

どんな「死」を望むのか?

そこが決まったら

自分が出来ることは沢山あるから。。

天使にバトンタッチする日は・・神だけが知っている。

だから・・人間が決めなくていいと思う。

「今」を快適に過ごせる最善を選ぶだけと思うのです。

そんな大切な時間を共に動物看護師として人として寄り添いたいのです。

医療の癒しと

家族のサポートの癒し

太陽や木々や草花の癒し

包まれ優しい時間を送って欲しいです。

Posted at 2014年09月13日 23時26分18秒  /  コメント( 0 )