メインメニュー
2014-09-04

小さなアリスちゃんと...

2005年生まれ  アリスちゃんstrong>




1週間前  右足が異変 動物病院へ

原因は特定できたけれど・・小さな身体で 麻酔をかけることは・・

命をかける前提との診断  そこで

アリスちゃんのこれから介護をどのようにしたらいいか??

相談でした。

写真のとおりアリスちゃんは

堂々としていて

痛みも無いので・・静かにおねんねをしています。

昨年左後膝蓋骨の脱臼で・・負担をかけたのでは??と

ママは判断されていました。

アリスちゃんの今の生活と未来の生活とを考え

最善を尽くしたいとのことでした。

自宅での歩行練習(床に爪が入る素材を考えてもらう)

自宅での栄養管理(核酸とオメガに関節や軟骨を守る食材追加)

自宅での排泄介助(今は自分で行けるのですができなくなったらサポートへ)

後ろ足を支える前足や前肩へのサポート(びわの葉温灸でケア)

在宅介護ケアマネージメントができました。


沢山の飼い主さんの方々が

愛犬愛猫の病気や老化で

毎日出来ていたことができなくなると

ご家族は凹み悲しく希望を失いますが・・どうか

アリスちゃんママのように

「今」をサポートして欲しいです。

同時にこれから起きるであろう事に対して予防の道があることを知って欲しいです。

Posted at 2014年09月04日 20時23分18秒  /  コメント( 0 )