メインメニュー
2014-08-13

愛する人の死を恐れず...

わんにゃんの命は  有限。。

わんにゃんの病に対して どう向き合うか??

わんにゃんの老いに対して どう向き合うか?

元気な今でも

介護が必要になった時でも

とにかく

凹んでる時間はもったいないのです。

わんにゃんは・・「今」を大切に生きています。

だから  家族もその「今」に答えて

最高の介護を

パクパク食べれるように

テクテク歩けるように

スヤスヤ眠れるように

頑張らないで寄り添う介護をお願いしたいです。

介護についてわからなくてもいいけれど・・

自分がもし・・してもらえたら嬉しいことから始めて欲しいと思います。

例えば・・

喉が渇くから・・・冷たい水を

暑いから・・涼しい場所へ

体が痛いから・・撫で撫でを

言葉なくとも・・・きっと態度(要望)から分かることが多いのです。

介護はどうか・・頑張らないで欲しいのです。。

出来るだけ・・介護が簡単になるように

専門家と相談して欲しいと思います。

その為に・・動物看護師が存在していることを知って欲しいのです。

わんにゃんのデーケア

わんにゃんのショートステイ

わんにゃんのロングスティ

全て・・動物看護師のケアマネ−ジメントをして

最適な時間を送って欲しいと思います。

愛する家族だからこそ・・家族の望む生活を叶えてあげられたら・・

いいな〜と思います。



優しいい時間=介護

ご家族の介護と増子も訪問介護 

ぺごちちゃんの介護記録

Posted at 2014年08月13日 22時54分35秒  /  コメント( 0 )