メインメニュー
2013-12-02

続 2001年生まれ 真...

前回の様子2001年生まれ 真黒(マック)君悩み解決へ



今回は 左後ろ足を痛がるとの事が心配

動物病院では 老化によるもの  

消炎剤の処方後 

動くようになるけれど 痛みないため はしゃいで動きすぎはないか?

そこでカウンセリングでした。

サポーターは 嫌がるということでしたが

お散歩のアスファルト歩行の時は必ず付けていただくようにお伝えしました。



立ち上がる負担 (滑らない工夫 立つ前にストレッチ)

上半身の負担 (後ろ足をかばい体重がかかるので筋肉の乳酸が取れるようにマッサージ)

左足の痛み (お散歩にはサポーターや介助用品で落ちた筋肉を助け関節を保護)

温灸や鍼灸 レーザー 在宅で出来る指圧 びわの葉こんにゃく

痛みが強くなる前に

立てなくなる前に

歩けなくなる前に  介護の方法を考えてもらうようにお伝えしました。

とにかく毛艶も元気も表情もよいです。

日頃の管理が出来ているのだと思います。

右目の結膜が刺激で敏感になっているので・・

感染症にならないように 洗浄と栄養で守ってもらいます。

Posted at 2013年12月02日 20時56分17秒  /  コメント( 0 )