メインメニュー
2012-05-21

何のため??ドックド...

動物病院では 大きく 二つ

愛犬 愛猫の病気や怪我を治療する

愛犬 愛猫の病気を予防する

そうして

人間ドックと言われる健診が人では常識になっています。

しかし

わんこ&にゃんこでは・・まだまだ利用される方が少ないかもです。

健診

転ばぬ先の知恵で

愛犬 愛猫の未来を予測でき守ること出来ると思う。


健診の時期のポイント

ぐったりしていなくても 食べなくなってなくても

こんな時には 主治医で 健診 受けて欲しいです。

細胞の再生能力が落ちる 7〜8歳の頃になったら・・

骨格形成不全や遺伝疾患で生まれたら・・

肥満 嘔吐 脱毛 頻尿 いつもと違う事が起き始めたら・・ 



たとえ元気でも弱い子でも

早期に弱い臓器を発見して 守ることができる事を

伝えたいと思う。

健診では 見た目には隠れてる症状が発見できる。

だから

早期に 栄養や環境や運動で 守れるのです。

大きな病気になる前だからこそ・・

主治医の先生で 健診 して欲しいと思う。。

わんこ&にゃんこは

与えられた食べ物 環境 で暮らします。

少しだけ間違っていたら・・

少しだけ修正したら・・・早く健康へ近づくことを伝えたいと思う。

わんこ&にゃんこは

病気や怪我はしたくないと思う。だから守れるように

動物看護師として 家族をサポートしたい。

Posted at 2012年05月21日 18時43分48秒  /  コメント( 1 )