メインメニュー
2012-04-15

手術が出来なくても・...




本日は 17歳のたま子さんのカウンセリング

昨年11月から 腫瘍が大きくなり 

心臓が悪いので麻酔と手術をしないで緩和療法を選ばれていました。

しかし 2種類の治療薬 しかし 出血が止まらず これからの事が

ご家族の悩みになられていました。

そこで

1)マッサージ ストレッチ ⇒ 歩行 起立 排泄 身体機能を下げない

2)食事とおやつ見直し栄養素強化⇒ 正常な細胞皮膚を作る。免疫UPする。腫瘍の栄養減。

3)朝 昼 夕方の運動 ⇒ 昼夜逆転による夜泣き(要求)解決する。

本日伺って お話聞いて 様子を見て感じた事があります。

ご家族の優しい愛に包まれて

たま子さんへの想い

ご家族の考えを少しでも叶えられるように

サポートしたいとお思いました。

これから 暑くなる前に

心臓や足腰

口腔内と口吻に出来た腫瘍の管理

少し駆け足で始める必要があります。


食べる内容で 皮膚 再生 体作り

傷の部分の患部ケアーはじめます。

5日後と10日後の様子で

より

細かなサポートで たま子さんとご家族の不安を取り除いていきたいです。

Posted at 2012年04月15日 21時23分55秒  /  コメント( 0 )