メインメニュー
2012-03-14

災害が起きる前に危機...

動物(ペット)に関する防災フォーラム2012 

動物に関する防災フォーラムから考えた事

突然くる 災害時は

行政も動物病院も仲間も被災  しているかもしれません。

そんなとき・・・動物と暮らすあなたはどうしますか??

災害(地震・台風・火事・津波・火山灰・・・)が起きたとき

動物と暮らす私たちは・・自分の命を守る 

一人で避難できません。

避難時 弱者である

を心に留めておきましょう。

〜自分と家族(動物)との72時間 命を守るために〜


1)何処に避難??⇒人の避難所・動物の避難所

2)誰と避難?誰に相談するのか?⇒行政・動物病院・ペット関連・日頃からの仲間

どのようにして避難?⇒がれきや破片や衛生面歩けない時は?

移動手段・・・歩かせる?抱っこする?車?ゲージ?

保護手段・・・一人で?仲間と?行政と?

多頭飼育の時はどうするのか?大丈夫か?

大型犬の時は歩かせられるか?

猫の時の排泄はどうするのか?(トイレ設置・保護ゲージ)

水と食料備蓄

災害が起きる前に・・災害時の避難の事をよく考えていて欲しい。


3)避難時何が必要??⇒適正飼養が重要

・迷子にさせない・(マイクロチップ。鑑札。狂犬病済票。必ず装着)

・怪我や喧嘩させない・(日頃のしつけ重要。諦めないでレッスンしてもらいたい

・妊娠させない・・(不妊手術や去勢手術していない時注意)

・病気にさせない・(日頃から伝染病のワクチンや影響管理)


4)災害時は災害外地域の方々の支援が必要になります。

日頃からの情報共有のネットワークが必要

そうして仲間と知恵を出し合い助け合い出来たらいいと思います。



九州の原発がもし爆発したら

原発から80キロ圏内以内の場所が警戒区域となります。

そこで そんな時

人も動物もどう避難するか?

人も動物へ私たちは、支援をどうするか?

も考えなくてはならないと思います。

2011年3月11日から1年経ちました。 

たくさんの被災の方々や動物へのお見舞いを申し上げます。

そうして・・これからの被災地の復興と被災の皆様の心の安定を

心からお祈り申し上げます。

動物看護師 増子元美 

Posted at 2012年03月14日 22時35分16秒  /  コメント( 0 )