メインメニュー
2012-02-12

こんな時どうしますか...

どうしても・・急に入院

どうしても・・今散歩できない

それは・・

生涯の別れではなく

期間月の別れである

そんなときどうするのか??

家族が面倒みれる場合

ご近所での支援ある場合

施設に預ける場合

期間が過ぎたら・・今までの生活へ

動物の役割&存在

核家族・・繊細の子供達・・そこに存在する

伴侶叢物=コンパニオンアニマル の役割は大きい



現状は 

1)動物病院やペットホテル
2)ペットシッター
3)ご近所やネットワーク
4)処分

そこに


5)動物福祉施設

あったらな〜。。。と思う仲間が見つかりました。


わんにゃんぴっ相談室から専門家へ専門施設へ

アドバイスできる場所。。

コトバなきわんこ&にゃんこの為に

再生活までのサポートの為に

「こんな施設や制度があったらいいな〜」と話しました。

我が家の娘は

5年生の時不登校になりました。。しかし

愛犬KOUを迎え入れたことで・・

社会での接点をつなげ・・家庭では笑顔を・・

出来る様になれました。。

動物だから出来る能力=アニマルセラピー

私が・・・必要だったように・・

ココロが疲れた方々には・・暖かな存在が必要。。

だからこそ・・

相談室から

福祉窓口へ

家族の悩みを解決してわんこ&にゃんこを救いたいです。

さっ。。

いつまでに実現するか??

次回 ミーテイング 楽しみです。

Posted at 2012年02月12日 22時17分24秒  /  コメント( 0 )