メインメニュー
2011-12-09

愛犬が病気の時不安な...

まずは 動物病院で診察

治療がスタートします。

炎症があるのか??

感染症なのか??

体力が低下なのか??

脱水なのか??

在宅にて看護するときのポイント


1)いつもの表情とどう違うか?

2)熱はあるのか?低すぎないか?

3)食欲はあるのか?

4)水分は摂れるのか?

5)排泄は出来ているのか?

毎日の中の小さな変化を見つけてもらいます。

そうして

快適に暮らせる為の

看護介護をサポートします。

わんこ&にゃんこが・・・

「気持ちよくすやすやと眠れるように・・」がイメージです。

寒そうなので部屋の温度を上げ過ぎると

心臓病のわんこは苦しくなります。

部屋の温度と湿度

わんこ&にゃんこの表情

わんこ&にゃんこの体温

痛みや苦しみは 獣医さんへ

寒いとか暑いとか

排泄で体が汚れないようにとかは 家庭で  


とにかく

悩んだら動物看護師に聞いて欲しいです。

わんこ&にゃんこは

自分で病院へは行けないし

メッセージは家族へ送っています。

だから

家族の観察 存在がポイントです。

家族が悩んだり疲れたりしないように

動物看護師 増子は 支えたいです。

Posted at 2011年12月09日 20時27分08秒  /  コメント( 0 )