メインメニュー
2010-12-04

家族を支える

愛犬の治療開始


主治医である動物病院との関係は良好

悩みは

愛犬に対する家族の考え方が

少しずれている事。



では・・・



どうするか??


最終目的 

痛み無く苦しくなく出来れば在宅

ここは皆さん同じ考え。


目的に向けての方法

出来るだけ愛犬に快適な毎日を

送らせて上げたい。



気持ちを切り替えてもらい。

今から出来る事を出来る分進めてもらう。


愛犬の身体の変化の度に
又悩まれるとおもう。

凹んだ心を元気にしたい。




そこをサポートしたいです。

Posted at 2010年12月04日 17時05分23秒  /  コメント( 0 )

腎不全から元気になり...

初めてDちゃんと会った時は

尿毒症


毎日点滴と治療をされていて

しかし

日に日に食べなくなり

痩せて体力無くなり

家族は落ち込まれている時でした。

カウンセリングのなかで

Dちゃんとの時間を大切に過ごしてもらえるように

シニアライフについて

マッサージの方法

びわ温灸の本  

をお貸ししました。

手作りスープもお水の代わりに飲ませてもらいました。

快適に過ごせるように・・・「希望」は必要でした。

家族を支えてもらうために・・・「四葉のクローバー」は必要でした。

しかし あれから 数ヶ月

Dちゃんは、食欲も戻り お散歩も楽しく過ごせる

排尿排便も病気する前と同じに・・・

今日は 

17時半〜18時

お散歩のロングコースを

一緒に体験しました。。



歩き方 表情 行動 本当に 別わんこのようでした。。

人も動物も命には限りあるから・・・

生きている時
病んだり怪我した時

家族は 出来る事でわんこ&にゃんこを支えて欲しい。

へこんだ家族は自分がサポートしたい。。

Posted at 2010年12月04日 00時49分51秒  /  コメント( 0 )