メインメニュー
2010-11-30

若年白内障

家族になって

4年目

今まで病気はしなかったそうである。

しかし

最近 角膜が白い??

ホームドクター受診

  ↓

眼科専門医紹介受診

  ↓

診断 左目 要手術  右目 今以上悪くさせないための処置

  ↓

家族は・・・

見えるためには・・・手術!!

手術で 健康が心配!!

  ↓

動物総合相談(CAP)

その不安や悩みを話しもらう。

  ↓

悩みを問題に変えていく


わずか4歳で短期間で白内障が進行。。
家族も動揺するのは仕方ないと思う。

しかし・・・

明日からの生活をどう送らせたいか??

しっかり

ホームドクターと相談してもらう。


動物看護士としては
麻酔や手術になるので・・・身体を守る栄養をサポート。。

生涯をどう生活させたいか?をイメージしてもらう。

今までの食事は??
今までの環境は??

遺伝子を傷つけるものがあったら
環境や食事から排除 配慮が必要。

自分の役目

ホームドクターと連携して
家族を支えたい。。。

Posted at 2010年11月30日 19時59分08秒  /  コメント( 0 )

環境の変化と行動の変化

昨日までの数日間

私とKOUにとっては

日頃の流れる時間と雰囲気が変わった。

KOUは

甘える前に

遠くから私の姿を見ていたと思う。



視線・・・KOUとアイコンタクト

「ね〜甘えていいの??そっち行っていいの?」と感じた。


「KOUちゃん  おいで〜〜〜」


全身で嬉そうに甘えてきました。





いつもだったら・・「ね〜。ね〜。遊ぼう。かまって」と

待ったなし!!体当たりするKOUですが・・・

いつもと違う私を感じていたのでしょう。



KOU もう少しで 落ち着くからね

寂しい想いさせて ごめんね。




わんこ&にゃんこの相談で

環境や家族の心境で

動物達は心身に変化起きる事も多いです。

そんな「声」をくみ上げ

動物と家族を支えてきたいです。

Posted at 2010年11月30日 08時55分04秒  /  コメント( 0 )

99歳祖母への手紙

子供の時 宇土の祖父母の家に 泊まりに行った。

いつも家は綺麗に整頓され

器用な祖母は

書道

和紙で作った人形(着物姿)

料理

花を生ける

着物が似合う

なんでもやりこなせる素敵な人でした。


幾度の入院や治療などもいつも

「しっかり」乗り越えてきた。

肉体も精神も気丈だった。



「老い」

という事をも静かに

孫の私に教えてくれました。




最期の時

「おばーちゃんは何を望んでいたのか?」

残された家族は そのメッセージを受け止めて
これから・・
時を重ねていく。。

静かに目を閉じた祖母の白い手

握り締めた手の感覚を忘れずに

「命」「老い」「生きる」



おばあちゃん ありがとう。。

又会える日まで 天国から 見ててね。。

Posted at 2010年11月30日 08時43分00秒  /  コメント( 1 )